アディゼロsub2追加購入の意味と昨日の練習について

昨日は仙台からパーソナルを受けに来ていただいた方にいろいろアドバイスしました。目標達成に向けた気づきがあったとのことで良かったです。その方もsub2を履いていましたが、かなりしっくりきているとのことです。

<スポンサーリンク>


夜は織田フィールドで自分のパフォーマンスを上げる練習の予定でしたが、ちょっと疲れが溜まっていて全く走る気にならないのです。ジョグでも疲れちゃう状態です。たまにこんな時はあるのですが、脳から無理するなとの指示でしょう。

5000mタイムトライアルでしたが、キロ4(1周96秒)で走ろうとスタートしましたが、スタートをリズムよく走るとなんと1周目84秒。2周目は少し落としましたが88秒。1000m通過は3分37秒とタイムを狙うかのようなペースになってしまい、1000m行かないうちに心拍数はほぼ上限。疲れているから心拍数が上がるのが相当速かったです。しかもsub2の靴ひもの締め方が少し緩かったようで気になりながら走りました。

全く走る気になれなかったのに、いきなりスイッチが入ってしまったのもなんだか不思議です。あまり疲労を深くしたくないので当初予定のキロ4に落とそうと思ったけど、距離を3000mにしてその心拍数のまま走ることにしました。少しペースは落ちるもその後の2000mは3’47-3’51で3000mは11分18秒でした。

このペースでこの距離でもこんなに疲れるのだから、スタート前に走る気にならなかったのも分かります。

金曜日、土曜日、日曜日と走る予定があるので、体調を崩したくない気持ちもありましたが、このまま終わるのもなんか嫌なので、リカバリーをとってもう1本3000m走ることにしました。

今回はスタートから上げすぎずに3’50/km程度で余裕を持って3000mを走りきろうと思いました。

結果は、3’46-3’48-3’47のほぼイーブンペースで11分24秒でした。このペースならこのまま頑張れば5000mまでは行けました。

余裕はなかったけど、練習量が増えて疲労が溜まっている状態でもこのくらいで走れて良かったです。

今回もシューズはsub2を履きました。このシューズの評価すべき点は色々ありますが、フィット感はとても素晴らしいです。耐久性がどの程度あるのか分からないけど、そこも含めて記事にしていきますと思っています。

今日も午前中はパーソナルでしたが、終わってから原宿のアディダスショップに行ったら在庫があったので購入しました。

在庫切れで買えない。と仲間から話を聞きますが、このショップにはまだ在庫はあるようですので、問い合わせてみてください。

<スポンサーリンク>


タイトルの、『追加購入の意味』は、いくつかあります。

・気に入ったシューズでなければ2足目は買わない。

・気に入ったシューズの予備は手元に置きたい。

・今履いてるシューズと新品を比較することで、走行距離による磨耗や変形など客観的にチェックすることができる。

ということで気になる方は今後の記事をチェックしてください。

こちらに書いた記事を順次追記していきます。

話題のシューズのスペックや感想〜sub2やヴェイパーフライ4%など〜

 

<スポンサーリンク>


sub2を初めてみたのはキプサング選手がアディダス主催のイベントで走っている時です。

画像はアディダスイベントの際のキプサング選手の走りです。

adizero SPEED SUMMIT 2018 で3km×2本 今回のイベントで感じたこと 前編

そのキプサング選手も使用しているMaurtenドリンクがいよいよ日本でも1個単位で購入出来るようになります。

MAURTEN DRINK MIX320&MIX160〜4月1日ケッズトレーナーで販売開始〜

キプサング選手はアディダスアスリートで、キプチョゲ選手はナイキアスリート。その他の世界的エリートランナーの大半はアディダスかナイキを履いています。

しかし、それらの選手が使うドリンクはMaurtenです。これって凄いことだと思います。



3/28 ウルプロ都内お花見ラン〜ホント楽しかった!〜

いつもの毎週水曜日夜の定期練習会は走力アップのための負荷の高い練習をしていますが、水曜日は大会後のメンバーや、ウルトラマラソンに向けて走り込みをしているメンバーが多いのと、桜が綺麗なので都内お花見ランをしました。

東京体育館をスタートして青山霊園や六本木ヒルズを通って東京タワーを目指しました。

<スポンサーリンク>


当初は東京ミッドタウンの桜もみる予定でしたが、途中混雑した場所を回避しながら走ったので少し変わりました。

1年くらい前までウルプロ練習会は東京体育館のこの辺りで集合していたので懐かしかったです。

まずは神宮外苑方面に向かい、銀杏並木から青山霊園に向かいました。

六本木ヒルズ辺りで、全員いるか確認してから少し写真撮りました。(人数は多い時はバディを決めておき、ところどろこでバディ確認をします。

遠くに東京タワーが見えます。混雑した場所は歩いて移動しましたが、ウルプロウェアは目立つのではぐれにくいです。

ライトアップされた桜の前で撮影。その後メンバーは桜を撮影していました。

桜模様のようなsub3.5ウェアです。

<スポンサーリンク>


空いてそうな路地に入り、東京タワーが見える方向に進みました。東京タワーはほんと綺麗でした。上が欠けてしまったので別に写しました。

芝公園を一周しましたが、花見客で賑わい余り綺麗でもなかったです。

少し離れると東京タワーがスッポリ画面に入ります。

ロシア大使館近くを通ると、横に良い坂がありメンバーが走りたそうな口ぶりだったので、全員で戻りました。

坂を下りるとさらに階段があったので半分以上のメンバーが降りていく。。

そこからみんなダッシュで駆け上りました。

青山霊園近くのトンネルの登りは結構長くて良い練習になると思いました。雨でもできるし通行人もほとんどいませんでした。

今回もそれぞれ初対面のメンバーがいたと思いますが、メンバー同士いろいろ話をして盛り上がっているのが周りから聞こえてくるとやって良かったと思います。

混雑した道は歩いて、異様に長い信号に止められたりしましたが、14km、1時間50分の気持ち良いシティランでした。

<スポンサーリンク>


チャレンジ富士五湖には30人くらいのメンバーが走りますが、何人かはレースで使うnakedランニングバンドにペットボトルを入れたり試していました。

今回も練習前後にアスリチューンを使いました。

チャレンジ富士五湖など4月のウルトラマラソンを走る方をサポートする企画が開催中です。

アスリチューン チャレンジ富士五湖&UTMF等参加ランナー応援企画

フルマラソンシーズンでは自己ベスト続出したウルプロメンバーですが、ウルトラマラソン、トレランシーズンに入ってさらに多くのメンバーが飛躍しそうです。

ウルプロ練習会日程はこちらです。

参加ご希望の方はFacebookページのメッセージにてご連絡ください。



MAURTEN DRINK MIX320&MIX160〜4月1日ケッズトレーナーで販売開始〜

カーボローディング&ウォーターローディング 〜MAURTEN DRINK MIX320 & SMASH WATER〜

古河はなももマラソン前日および当日朝はMAURTEN DRINK MIX320でカーボローディングしたことは、こちらに書いていますが、そもそもMAURTEN DRINK(モルテン ドリンク)って何?

と言う方が多いと思いますので前回このように書きました。

<スポンサーリンク>


MAURTEN DRINK MIX320を目にしたことがある方、知っている方はまだ少ないと思いますが、昨年話題になったブレイキング2プロジェクトでキプチョゲが使ったドリンクと言えば分かるかもしれません。

ワールドマラソンメジャーズ・世界陸上13連覇とチラシに書かれていますが、東京マラソン2018の1位、2位、3位は使っていたと関係者から聞きましたから14連覇です。

DRINK MIX320は、500ccのドリンクでエネルギーを320kcal摂取できます。

日本でメジャーなスポーツドリンクのポカリスェットは500ccで125kcalでアクエリアスは90kcalですから、どれだけエネルギー含有量が多いかイメージ出来ると思います。

そして、甘味料、防腐剤、着色料、酸味は不使用です。

通常これだけのカロリーを溶かした高濃度のドリンクは気持ち悪くなり飲めませんが、モルテンドリンクミックスは胃の酸性度により即座にハイドロゲルに変換され、水分、塩分、そして炭水化物を包み込み、ハイドロゲルに包み込まれたそれらは、胃から腸へスムーズに流れ、腸内にて放出され運動エネルギーとして体内に素早く吸収されると書かれています。

<スポンサーリンク>


エリートランナーであればスペシャルドリンクとして使用できますが、一般ランナーがスペシャルドリンクを置けるレースは限られています。ドリンクを背負って走るトレランや補給が容易な時間走などは活用できますが、ロードレースであれば私はカーボローディングとして使用します。今まで前日や当日朝に食事を多めに食べるとお腹を壊すことが多々ありましたが、今回は前日の食事の量は普段とあまり変えずに、モルテンドリンクを飲むことでいつもより+αをはかりました。当日朝も同様です。そのため胃腸にストレスがかからず良い状態でレースに挑むことができました。

その結果は3年3ヶ月ぶりのサブ3復帰です。

3年3ヶ月ぶりのサブ3達成!その1〜この瞬間を頑張らねば後はない。だから苦しさを先送りしない。〜

ウィルソン・キプサング、エリウド・キプチョゲら、国際的なエリートアスリートがなぜ『MAURTEN』を使用しているかと言えば武器になるからです。日本のトップアスリートも海外から取り寄せて使用していると言う話は聞いています。

トップアスリートは結果が全てです。そのアスリートが選び、そして結果を出しているのです。

現在ウィルソン・キプサング、エリウド・キプチョゲらが履く、アディゼロsub2や、NIKEヴェイパーフライエリート(4%)などは効果で耐久性が低いと言われている中で、入手困難なほどの人気を集めています。

シューズに関しては、アディダスやNIKEなど様々なブランドを履く国際的なエリートランナーのスペシャルドリンクの中身はほぼ『MAURTEN』と言うのも凄いことだと思います。

その世界のランナーが注目する革命的次世代スポーツドリンク『MAURTEN』が4月1日よりケッズトレーナー治療院(10院)で販売開始します。(当面は店頭での販売のようです。)

また1個単位で購入できると聞いていますが、詳細は上記リンク先のケッズ各院にお問い合わせください。私も追加情報を入手次第こちらにアップします。

マラソンやウルトラマラソンのカーボローディングで使ってみたい。トレランレースで使ってみたい。トライアスロンのバイクパートで使ってみたい。エリートマラソンレースのスペシャルドリンクで使ってみたい。など使う場面は様々ですが、まずは試してみてください。

入荷量はさほど多くないと聞いていますが、上記シューズのような超品薄になることはないでしょう。

<スポンサーリンク>


こちらは商品に関して詳しい説明です。

□MAURTENオフィシャルPV(youtube 音がします)

MAURTEN商品紹介PV(youtube 音がします

DRINK MIX320とDRINK MIX160の違いは、500ccのドリンクで、摂取できるカロリーです。



3年3ヶ月ぶりのサブ3達成!その6〜走行距離に縛られない・身体は消耗品だ!〜

日々書く記事があり中々手を付けられませんが、参考になる方もいると思うので少しづつ書いて行きます。

<スポンサーリンク>


3年3ヶ月ぶりのサブ3達成!その5〜レース終盤失速しないために〜前編

3年3ヶ月ぶりのサブ3達成!その5〜レース終盤失速しないために〜 はこのように終わりました。

なぜ、その練習をするのか?そもそも自分に足りないことは何か?それはどうすればうまるか?など考えて行けば、現在やってる練習量は削ぎ落とせます。その上で必要な練習を足したらよいのです。

今までやっていることを続けた上で、新しいことを足そうとするから、無理が生じてくるのです。練習に使う時間がないなら、まずは不要な練習を削ぎ落とすことが必要です。

次回は最近考えもしなくなった月間走行距離について、SUUNTOムーブスカウントのデータから拾って私がどのくらい走っているのか書きます。

 

実際に拾ってみました。

SUUNTOムーブスカウントのデータですから、練習中のリカバリーなど歩行や、ウルプロ練習会で、メンバーのフォーム撮影をする際に、トラック内のフィールドを往復した距離など、本来月間走行距離として含まないものまで加算されています。また低酸素トレーニングをトレッドミルで走った距離やレースの距離はもちろん含まれています。

それでもこんな感じです。

2017年12月 210km

2018年 1月 210km

2018年 2月 150km

リカバリー時の歩行やフォーム撮影時の移動などを除くと少なくとも1割は減りますが、それらを除かなくても3ヶ月の月間アベレージは190kmです。歩行などを除いたら平均180km程度でしょう。

たまに書き漏れのあるウルプロ練習会はありますが、ほぼ書いて公開しているので、記事を遡っていただけたら練習内容は分かります。またこの180kmの走行距離の大半はウルプロ練習会でメンバーのサポートとして走った距離です。

<スポンサーリンク>


サブ3するには月間走行距離300km以上は必要だ。と言う言葉をたまに聞きますが、実際は200kmに達しない練習量でも可能なのです。

それもランニングを始めたばかりの伸び盛りの時期ではなく、51歳。それも過去3年以上サブ3が出来ていなかったランナーがです。

月間走行距離の管理もしていない、気にもしていない私がなぜここに触れるかというと、サブ3を目指したいけど仕事が多忙で月間300kmどころか200kmも走る時間がとれない。と諦めてしまっているランナーは少なからずいると思うからです。

また、目標達成出来ないと、月間走行距離が足りなかった。など月間走行距離に縛られ過ぎのランナーが多いと感じているからです。

練習出来たか出来なかったのかの目安として月間走行距離は分かりやすいと思いますが、目標達成のために必要なことは月間走行距離を達成するためではなく、目標達成のために必要な力を付けることです。

目標達成のために必要な力を付けるための練習を積み重ねていった結果、月間走行距離が200kmになる方もいれば、400kmになる方もいます。

ただサブ3するために、月間走行距離300kmを目指そうというのは少し違うと思います。

もちろんアプローチは様々ですし、そのアプローチを決めていくことも面白さなので、月間走行距離目標を決めて、そこに向かって頑張ることもアプローチの一つです。

ただ月間走行距離を目標としたアプローチの場合に気を付けて欲しいのが、距離合わせ、距離稼ぎのためのランニングはしないことです。

月末に距離が足りないからと休息日に走ってしまうとか、本来練習予定だったスピード走だと負荷が高く10kmしか走れないから、20km走るためにジョグにしてしまうとか、風邪気味なうえに冷たい雨が降っている時に予定通り走ってしまうとかは月間走行距離を目標とする弊害です。

<スポンサーリンク>


私も、フルマラソンシーズンからウルトラマラソンシーズンに変わる時など、スピードから距離へ意識を少し移行するために距離は増えますが、それでも月間走行距離目標は決めません。理由は距離に縛られると故障しやすくなるからです。悪化しそうな状況ならまずは普通に戻すことが大事なのに、悪化させてしまう方は多いです。

その5までに書きましたが、市民ランナーの伸びしろはたくさんあります。月間走行距離だけではありません。

月間走行距離が目標達成の指針になってしまうと、目標達成できないと距離を増やす。それでも達成出来ないと更に距離を増やす。それで目標達成できるとさらなる高い目標達成に向けて距離を増やす。気付いたらとんでもない走行距離になっていたりします。もちろんそれだけ走行距離を増やせる環境にあったとしても、そのように距離を増やしていくランナーが行き着く先はだいたい故障です。

自動車だって自転車だって走行距離が増えれば磨耗・劣化で故障しやすくなります。人間の身体も一緒です。さらに自動車などは磨耗したパーツを交換すれば良いけど人間の場合はそうはいきません。

私は長くランニングを楽しみたいので、走行距離を増やしてタイムを縮めるのではなく、走行距離を増やさずに(ケチって)タイムを縮めたいと思ってます。

そのために効率的なランニングフォームを模索したり、効率的に高められるトレーニングを試したりしています。

特に私と同世代のランナーには大事なことだと思います。

今後も月間走行距離は意識しないで走っていこうと思いますが、走りすぎないよう管理する意味でムーブスカウントの直近1ヶ月の距離などは参考にして行きます。

もちろんアプローチは様々ですから、『走った距離は裏切らない』と距離を追いかけることが即座に悪いとは言いません。ランナーそれぞれ身体の強さも違います。ただ故障するような練習は悪い練習です。目標達成のためには故障するかしないかのギリギリの練習が必要だ。と言う方もいますが、故障するリスクは可能な限り排除すべきです。故障によっては元に戻すのに時間がかかると言う程度の話ではなく、もう走れなくなるようなこともあるのです。

3年3ヶ月ぶりのサブ3達成!その7 に続く

3年3ヶ月ぶりのサブ3達成!その7〜身体のバランスを整える〜



3/24 ウルプロ奥武蔵シャトルラン〜登った坂を引き返す辛さが強くなる〜

練習会の記事が前後しますが、土曜日は奥武蔵グリーンラインでウルプロシャトルランをしてきました。

<スポンサーリンク>


東毛呂駅に集合して、そこから鎌北湖まで走ってもらいたいメンバーは指名し少し早く来てもらいました。合わせて早めにきたメンバーともども荷物を私の車に入れて5.5kmくらい走ってもらいました。

残りのメンバーは車で鎌北湖に向かいました。だいたい同じくらいの時間に着きました。

スタート前にアスリチューン・エナゲインを飲んで集合写真撮影しました。

ウルプロシャトルランとは、レベルが異なるメンバーで練習する際に取り入れた練習方法で、全てのメンバーが同じ時間キツさを味わえます。

各自のペースで20分走り、20分経過した時の先頭メンバーは、来た道を戻り、向かってくるメンバーを引き連れて最後尾ランナーのところまで戻ります。そして休憩して次の20分がスタートします。折り返しの顔振峠付近になったら時間を15分とか調整して走ります。

メンバーのレベル差が小さいとたいして戻らないのですが、レベル差があるとかなり戻らねばなりません。

例えばキロ4で走るランナーは20分で5km進みます。その時キロ6のランナーは3.3kmしか進んでいません。そうなると先頭ランナーは1km戻り、スタート地点から4km地点で合流します。この時点で6km走っているのです。

フラットなコースならまだしも、アップダウンの厳しい奥武蔵では、苦労して登った坂道を戻らねばならないのです。また登ることを考えながら。。

最後尾のランナーは自分が頑張らないと、周りに迷惑がかかると考え無理をしてしまわないように、基本私が近くを走って無理しないように走ってもらいます。また全員練習で来てるのだから気にすることはない。と伝えてます。

何回かシャトルランを繰り返して顔振峠に到着しました。

そこで偶然トレラン練習をしていたウルプロメンバーと合流したので一緒に記念撮影しました。

<スポンサーリンク>


復路は下り基調になり、スピード出し過ぎないように10分で戻るなど間隔を狭めました。

最後の長い登りでは850mくらいハンデを付けて競走してもらいました。

ダントツ一位で男性メンバーがゴールした後に現れたのはこの二人。

最後尾からスタートしたSさんが最後スパートして2位でゴール!

抜かれた女性メンバーも満足の笑顔です。

みんな凄く頑張りました!

私はメンバーに『今から3分後に順次スタートして』と伝えて、当初1km予定だったので距離を測りながら登りましたが、1km行かないうちに登りは終わってしまい850mで待機していました。そこまで走りながらこの坂はホント辛いと思いました。。

惨敗して悔しがるNさんは神宮外苑24時間チャレンジで207km走り3位に入ったウルトラランナーです。

<スポンサーリンク>


その後、かなり傾斜のキツイ場所で坂道ダッシュタイムトライアルをしました。距離は40mくらいです。

タイムは9秒から13秒くらいでした。

登り坂はどうしても小さな動きになったり、尻が落ちたりしますが、たまにこんな風にダイナミックに動くと走りが変わります。またこのくらい短いと一気に登れてしまうのです。

Nさんは男性メンバーに負けて悔しいからお代わりしていました。

ゴールしたらゴムチューブを使ったスクワット30回で刺激を入れましたが脚が軽くなったと話すメンバーもいました。チューブの強度は4種類あります。

奥武蔵のような起伏あるコースはただ走るだけでも力は付きますが、いろいろ工夫して苦しいだけの練習にはしないで動画撮影してどのように走っているかを気付いてもらったりしました。また可能な限りアドバイスしてます。

路肩が崩落した箇所は修復中です。

今回は日差しが強くアグレッシブデザインの日焼け止めが活躍しました。

出来ることはなんでもする。〜雨や汗で落ちなかったアグレッシブデザイン日焼け止め〜

また、練習前後にはアスリチューンを全員が使いました。

4月にウルトラマラソンなど走る方はアスリチューンをお得に買えるチャンスです。こちらをお読みください。

アスリチューン チャレンジ富士五湖&UTMF等参加ランナー応援企画

ウルトラプロジェクト練習会日程はこちらです。参加ご希望の方はFacebookページのメッセージでお問い合わせください。



UNIQLO AIRism(ユニクロ エアリズム)〜ウルトラマラソンでも使ってます〜

かなり昔、マラソン時の下着についてブログに書きましたが今でも結構読まれてます。

『マラソン 下着』 で検索すると上位に出ます。

その後もいくつかのメーカーを試しましたが、結局のところUNIQLOに行き着きます。

UNIQLOのソックスでランニングをしようとは思いませんが、ボクサーパンツに関しては価格が安いだけではなく、性能的にもかなり高次元だと感じています。

最近AIRism ボクサーブリーフがセールで750円だったので8枚買いました。

<スポンサーリンク>


こちらはローライズ

こちらはレギュラーライズ

普段はローライズの方を購入していますが、お腹を冷やしたくない時は、お腹を覆ってくれる方が良いかと思い買ってみました。

8枚買っても6000円です。

<スポンサーリンク>


ランニングを始めた頃は、大手下着メーカーのランニング用パンツなどいくつか試しましたが、股擦れしてしまいフルマラソンを超える距離では使い物になりませんでした。特に生地が厚く気温が高い時だと蒸れるのと、そもそも縫い目が大きく肌を擦りつけて痛くなりました。ランニング用として下着メーカーが販売しているのにランナーのことを考えて作ったのか疑問でした。

私がランニングに適していると思うパンツは、締め付けがきつすぎない。生地が柔らかい。蒸れない。縫い目で擦れない。汗でベタベタしない。というモノです。

特に生地が硬かったり、縫い目が大きいと擦れるリスクが増大します。

AIRismに限らず以前からUNIQLOが好きなのは、裾の締め付けはなく縫い目の凹凸がほとんどないところです。

もちろん発汗量が異常に多い時期は速乾性など追いつかずに股ずれすることあります。そのため以前包帯の生地を使ったパンツなど比較的生地が厚めのモノを試しましたが、常にサラッとしているので擦れにくいと感じました。ただ少し価格は高めです。また生地が厚さは好みがあると思います。

最近は日常生活、ランニング問わず、このシリーズしか履いていませんが、股ずれなどのストレスはほぼ感じていません。

大事なことはパンツだけで股ずれ予防をしようとしないで、擦れそうな気象条件なら、擦れ防止クリームを塗ったり、蒸し暑く大量の汗をかく時は、ハーフタイツなど履かずに通気性を確保することが大事です。また汗でクリームなどが落ちてしまうので、擦れる前に塗り直しも必要です。

<スポンサーリンク>


裏ワザですが、私が何回か股ずれして痛くなった時に対処した方法を書いておきます。

汗をかいてパンツが濡れて肌に貼りつく状態になると擦れやすくなるので、ヤバイ。と感じたら私はネックウォーマーやハンカチなど乾いた布をパンツと肌の間に挟みます。これだけで驚くほどストレスはなくなりますので試してみてください。

もちろん履き替えたら良いのですがレース中に履き替えるのは難しいですから。。

私が書くまでもなく多くのランナーが既に使用していると思いますが、この高機能製品がこの価格で購入できるということは凄いことだと感じています。



3/27 織田フィールドで刺激入れラン〜フルもウルトラも強くなるために〜

マラソンシーズンは月間走行距離200km未満の私ですが、例年この時期は練習量を増やしています。と言っても300km程度です。

<スポンサーリンク>


マラソンシーズンは実質、3/11の古河はなももマラソンで終了して、それからは4月から始まるウルトラマラソンシーズンに備えスピードは少し落として楽に長く走る練習になります。

3/18 板橋cityマラソン 42km

3/21 ウルプロ都内ロング走 33km

3/23 ウルプロ織田練 5km

3/24 ウルプロ奥武蔵練 22km

3/25 チャレンジ富士五湖試走 40km

8日間で142km走りましたが、1回でフルマラソン以上は走ってないので、次の練習に支障ない程度の負荷になっています。

本命レースは6月のサロマ湖ウルトラですが、4月のチャレンジ富士五湖で良いレースが出来るとサロマに繋がります。

ただウルトラマラソンシーズンに入っても週1回はスピードを上げて走ります。

目的は心肺機能向上ではなく、効率良く走れるフォーム作りです。

スピードを落として長く走る練習が中心になると、効率悪いフォームになりやすいのです。

腰が落ちたり、後傾したり・・・。

極端な話、スピードが遅いと多少フォームが崩れていても走れてしまいます。

ただ、自分にとって速いペースで走ると、崩れたフォームではペースを保てません。

ダッシュするようなイメージではなく、気持ちよくスピードに乗った走りをすると無駄な動きは削ぎ落とされていくし、腰の位置など本来の場所に戻ります。

今日はそんな走りをすることは決めていましたが、具体的なメニューは決めていませんでした。今日少しカフェでコーヒーを飲み過ぎたのか、胃腸が荒れてる感じで気持ちが悪くジョグで終わらせようと考えましたが、本数は少なくても走ることにしました。

<スポンサーリンク>


シューズはアディゼロsub2を履きました。

話題のシューズのスペックや感想〜sub2やヴェイパーフライ4%など〜

設定ペースや距離など考えないでリズムよく走ると400m通過84秒。。そのまま走り2’49でしたが、胃がムカムカするし、心拍数がかなり上がる。

もうやめたくなりましたが、同じペースでもう1本。

内臓は疲れているけど身体の状態は良いみたいで、ペースは上がります。もしくはシューズの効果でしょうか?

800m×2本

2’49-2’48(4’00まわし)

ただ、今日の目的は心肺を追い込むことではなく、身体の動きを良くすることなので、距離を400mにしました。ペースは上げるつもりなかったのに上がってしまい結局は1本終わる度に膝に手を当てる状態になってしまいました。

400m×4本

1’22-1’20-1’16-1’17(2’40まわし)

走る前から胃がムカムカする状態だったのに、比較的速いペースで400mトラックを8周できたので目的は達成できました。

ウルトラマラソン走りたいけど、フルのタイムも伸ばしたい方は、長くゆっくり走る練習ばかりしていてはダメです。少なくとも2週間に1回はスピード練習を挟んでください。

フルマラソンを超えるような距離を走りダメージが大きい時は、負荷を調整して、100mや200mを気持ちよいペースで流しをするだけでも良いです。

<スポンサーリンク>


今日は織田フィールドからも桜が見えて綺麗でした。明日のウルプロ定期練習会は珍しくスピード練習ではなく、お花見ランをします。大会後のメンバーや週末走りこんでるメンバーが多いのと、普段の練習ではメンバー同士中々話をしている時間がないので、走りながら情報交換出来たら良いと思います。

ウルトラプロジェクト練習会日程はこちらです。練習会への参加希望の方はFacebookページのメッセージにてお問い合わせください。



50代でも自己ベストを出すために⑨〜50歳で初めてSUB3したウルプロメンバー 同年代ランナーに薦めること〜

50代でも自己ベストを出すために⑧〜50歳で初めてSUB3したウルプロメンバー 目標に向けて準備したこと〜

50代でも自己ベストを出すために⑧〜50歳で初めてSUB3したウルプロメンバー 目標に向けて準備したこと〜  から続く

<スポンサーリンク>


前話ではこのように終わりました。

・・・行きつけの治療院でこれまでとの違いを見つけてもらったり、専門性の高い新しい治療院へ行って走ることに関してのもう一段深い観察をしてもらったりです。

気持ち面では前にも書いた通りの気持ちが落ちてしまうギリギリのところで踏みとどませるポジティブな思考です。

 

今回は渡辺さんから同年代のランナーに向けてした方が良いことをいくつか教えてもらいました。

40代、50代ランナーがやった方が良いと思うこと


何年、走り続けてきた40、50代ランナーかにもよると思いますけど、ここでは私と同じように10年くらい走っているランナーに向けて書いてみたいと思います。
まずは自分の現在の身体と向き合ってみることがスタートだと思います。そこで何を感じ取れるかが重要なような気がします。私は元々備わっている(備わっていた)身体の機能を呼び戻すこと。それがある程度できたら、どうしても落ちてくる筋力や瞬発力などのトレーニングもしました。ここまで整わせた上で長い距離を走るためのスキル習得をしたいと考えました。いくらコーチや書籍からスキルを学んでも、その動きが出来ないのではどうしようもないからです。

そこでまずは、スポーツをするにあたっての基礎となるパフォーマンスピラミッドでいうムーブメントのトレーニングを取り入れました。正しい身体の動き、柔軟性、安定性などいわゆるファンクショナルナルトレーニングを始めました(書籍も多く出ています)。このトレーニングで身体の機能を整えた上で筋トレや瞬発系のトレーニングを始めました。この順番であれば怪我のリスクも少なく、それぞれのトレーニング効果も上がると考えたからです。

今からはこれらのトレーニングを継続しつつ、フォームの改善をしていきたいと思っています。少し遠回りというか、時間掛かりますけど、もう一段普段のトレーニングに深みをもたせることが、この年齢になってくると必要かと思います。がむしゃらに走っても、筋トレしても怪我しなければよいですけど、怪我すると治るのも遅いですから・・・。


<スポンサーリンク>


【選択と集中】よく言われることでが、僕も昨年の夏ごろからはフルマラソンに絞って練習していました。ランニングライフの楽しみ方や取り組み方は人それぞれだと思うのですけど、私の場合は時間的な制約や金銭面的な制約はもちろん、体力や怪我のリスクも考慮して、フルマラソンの練習に絞りました。使える時間・お金・体力を1点に集めたわけです。

その結果として納得のいく結果が得られれば、フルより長い距離にもう一度しっかり臨んでみるも良し、トレイルで楽しむも良しで、半年以上は集中しました。逆の言い方をすると、色々なジャンルを楽しめるだけの環境(余裕)が無かったということです。

<スポンサーリンク>


ウルプロとはどんなところか?

本格的に走り始めて10年くらいは一人で、どこのクラブにも属さずに走っていました。

新澤さんのブログを読ませて頂いていて、クラブを作られることを知り、当初は仕事の関係で参加できませんでしたが、環境が変わり参加させてもらうことが出来るようになりました。当初は自分一人ではなかなか出来なかったトレーニングを練習メニューでこなしていく楽しさが大きかったです。

すでにメンバーになられていた方達も、本当に素敵なメンバーが多く、すぐに打ち解けることができ、切磋琢磨して、練習会以外でも一緒に練習したり、お互いの知見を教えあったり、誰かが不調の時はみんなで励ましあって、誰かが良い結果を出せたときは、みんな自分のことのように喜んでくれます。

一人ひとりが高いモチベーションをもってそれぞれの目標に向けて頑張っている姿にはいつも良い刺激をもらえています。フルをメインに頑張っているメンバーもいれば、ウルトラ、トレイル、トライアスロンやアドベンチャーレースなどに参加してるメンバーいて、楽しくて、元気になれる場所です。

 

ウルプロメンバーの成長や活躍の一部はこちらに掲載しておりますので参考にしてください。

ウルプロ練習会日程はこちらです。練習会参加ご希望の方はfacebookページのメッセージにてお問い合わせください。

50代でも自己ベストを出すために⑩〜 1500Mで生涯ベスト更新〜 に続く

50代でも自己ベストを出すために⑩〜 1500mで生涯ベスト更新〜



50代でも自己ベストを出すために⑧〜50歳で初めてSUB3したウルプロメンバー 目標に向けて準備したこと〜

50代でも自己ベストを出すために⑦〜50歳で初めてsub3したウルプロメンバー バランスを崩さないこと〜

50代でも自己ベストを出すために⑦〜50歳で初めてSUB3したウルプロメンバー バランスを崩さないこと〜から続く

<スポンサーリンク>


少し間隔が合いてしまいましたが、50才に初めてサブ3を達成した渡辺さんがどのようなことをしてサブ3という目標にたどり着いたかを紹介します。

レースまで準備してきたこと

【身体面】年齢的なことを考えると、故障した時の回復の遅さはどうにもならないので、まずは故障しにくい身体を作ることとしてR-BODYに通い、身体の機能を正確に表現できるトレーニング(ファンクショナルトレーニング)を積みました。やはりプロの手や目や知見を借りることによって、正確なトレーニング方法を身に着けたいと考えました。これはとても効果が大きかったのではないかと思います。もう一方では低酸素トレーニングも行いました。これは僕が特殊な環境なのかもしれませんが、これらを行うには、もちろんお金も時間もかかるわけです。

しかし、同じ効果を出そうとすると日頃の練習にかける時間を増やすしかなく、そうなると怪我のリスクも増えると考えました。一方練習を効率化させることで、生み出せる時間を仕事や家族サービスに使うという発想です。
<スポンサーリンク>



【精神面】こちらは、サブスリーした時の気持ちに書いた通りのプレッシャーとの闘いがある一方、あせりをギリギリのところで踏みとどませるために、本来はこの東京マラソンでいったん、気持ちや体を落ち着かせようと決めていたのですけど(しっかり準備ができた結果であれば、良くても悪くてもという感じでした)、次のレースのことを考えてみたり、ここまでの積み上げの貯金に期待したり、最後の最後で足が動けば練習量が減った分、疲労が抜けてはしれるんじゃないかと、無理やりにでもポジティブな思考をするように心がけました。

<スポンサーリンク>


不調や痛みをどう乗り越えたか

不調に関しては、知見のある方々のアドバイスにまずは従ってみることだと思っています。その意味でも新澤さんからのアドバイスや、他コーチの皆さんからのアドバイスはとても的確で助けられました。それと、もちろん自分でも考えて治療院へいったりしました。行きつけの治療院でこれまでとの違いを見つけてもらったり、専門性の高い新しい治療院へ行って走ることに関してのもう一段深い観察をしてもらったりです。

気持ち面では前にも書いた通りの気持ちが落ちてしまうギリギリのところで踏みとどませるポジティブな思考です。

 

50代でも自己ベストを出すために⑨〜50歳で初めてSUB3したウルプロメンバー 同年代ランナーに薦めること〜 に続く

50代でも自己ベストを出すために⑨〜50歳で初めてSUB3したウルプロメンバー 同年代ランナーに薦めること〜



3/23 ウルプロ織田練 〜なぜウルプロメンバーは伸びるのか?〜後編

3/23 ウルプロ織田練 〜なぜウルプロメンバーは伸びるのか?〜前編

3/23 ウルプロ織田練 〜なぜウルプロメンバーは伸びるのか?〜前編 から続く

<スポンサーリンク>


遠方から練習会に参加していただいてるOさん

5km 21‘48“ キロ4’22”ペース

400mラップ →私と同じなので省略

織田フィールドは路面が柔らかくて走りやすい。そのためか、キロ4’22”ペースでも 比較的余力を持って走れました。走りながらペーサーとして前を走る新澤コーチのピッチと自分を比べてみると、

私が10歩走る間にコーチは12歩。私の方が大股。

コーチ曰く、「オーバーストライドになってるから、もう少し歩幅を小さくすると楽に走れますよ。」歩幅を小さくするのを意識しているつもりでしたが、まだまだ改善の余地有りのようです。

(補足)Oさんの場合は歩幅を狭くするイメージよりピッチを少し上げた方がフォームが整うと思います。

勝田マラソン、名古屋ウィメンズマラソンで連続してsub3.5をだしたともさん

水曜に都内ロング走、土曜に奥武蔵で、レースペースよりゆっくり走る練習が続くので、間に少し速いペースでも走っておきたいと思い参加しました。

最初のトラック2周は、腕振りを意識しすぎて背中に力が入ってしまったのと、速いペースでインターバルをしているグループが気になって集中力を欠いてしまい、あまり上手く走れませんでした。動画を見ると目線が上がっていて、いつもよりぎこちない感じでした。せっかくの練習会なので、もっと集中して、基本のフォームを意識して走り始める様に気を付けたいと思います。

5000m走はPB狙いで走るというより、気持ちの良いペースで走ろうと4’30”/kmくらいを考えていました。

EPSONの手動ラップ400m毎→私と同じなので省略

 

新澤さんの後ろで、リズム良く走って、初めぎこちなかったフォームが安定してきました。4’30”より速いペースでしたが、呼吸が苦しくなる事もなかったので、このペースで今度10kmに挑戦して、43分台を出したいです。

春になって夜の織田フィールドも寒くなく、スピードを出しても怖くないので、これからもっとスピード練習に取り組んで、5km/10km/ハーフのタイムを伸ばしていきたいです。

<スポンサーリンク>


フォーム改善が身についてきてスピードも付いてきたTさんは今回PBでした。

800m 3:51

116 – 115

数ヶ月前からしたら決して遅いペースではないのですが動画を確認したら腰が落ちているような…。新澤さんがWさんに言われていたように遅くするには腰を落とすなどしないと遅くならない事を感じました。決して意識して遅くした訳でもないのですがジョクの際の腰の位置は注意が必要だと思いました。

5000m 20:04 PB

93 – 95 – 97 – 97 – 97 – 96 – 94 – 94 – 97 – 100 – 100 – 46

前回織田でのPBを目標に渡辺さんの後ろについていって走りました。結果30秒PBを更新しました。しかし相変わらずの詰めの甘さ…。

 

(補足)日曜日のレースで20’00のPBが出たようです。秋が楽しみです。

<スポンサーリンク>


走り終わってから、ゴムチューブを使って足回り尻周りを鍛えました。市民ランナーの大半はこの部位を鍛えたら強くなります。

ウルプロメンバーの中には驚くように伸びたり、50代、60代のランニング歴が長いメンバーも数年ぶりに自己ベストを出していますが、その理由はシンプルです。

メンバーはどうすれば目標達成できるかのイメージが出来ているのです。そのために何をすべきかもイメージ出来ています。

走行距離を追いかけるメンバーはほとんどいません。入会して走行距離が減り、タイムが伸びてるメンバーは少なくありません。

サブ3するには月間走行距離300kmとかサブ3.5するには250kmとか考えてるメンバーはほとんどいません。

私自身古河はなももマラソン前の12-2月の走行距離を調べたら月平均190kmくらいです。それもメンバーのサポート含めてです。200km走らなくても50代でサブ3できるのです。

目標達成するために自分に足りないことを明確にして、それを足すための練習を組み立てたら実行するだけです。仕事が忙しいなら、忙しいなりに使える時間でどう組み立てるかです。

ウルプロメンバーはそのように練習を考えてるからレベルアップしているのです。

練習会後にはアスリチューン・スピードキュアを飲んで素早いリカバリーを図ります。

ウルプロ練習会日程はこちらです。練習会参加ご希望の方はFacebookページのメッセージにてお問い合わせください。