3年3ヶ月ぶりのサブ3達成!その1〜この瞬間を頑張らねば後はない。だから苦しさを先送りしない。〜

40km通過時点で時計は2時間51分に近付いていた。9分少々あるからペースを上げることができればギリギリ間に合う。いや上げるしかない。

<スポンサーリンク>


最後、競技場に入ってから上げるのではなく、今上げるのだ。

ここまで余裕で走っていたなら上げることは出来るが、ここまでギリギリ粘り40kmを通過した身体でそれより上げるのはたやすいことではない。でもここで上げなくては40km頑張ってきたことが無駄になる。キツイことは先送りしたいが、先送りをした結果はだいたい同じだ。

他人との勝負なら駆け引きもあるが、今回の相手はキツさから逃れたい自分。私のことを知り尽くしている非常に手強い相手だ。「このままペースを維持して競技場に入ってからスパートすれば間に合う。」という囁きを繰り返す。ただレース終盤はスパートするくらいの攻めの気持ちがないとペースを維持することは出来ない。ペースを維持するという守りの気持ちになるとペースは落ち、スパートすると決めた競技場に入る前にスパートしても間に合わない現実にぶち当たる。届かない。と思った瞬間に、ペースはさらに落ちる。過去にそんな経験を何度かしている。

競技場に入ってからスパートできる力があるなら、今この瞬間に上げたらいい。今この瞬間を頑張れない弱い自分が、さらにキツくなった時の自分に「頑張れ!あとは任した。」と襷を渡して良い結果になるはずがない。

今回はその瞬間に上げた。そしてペースを上げた時にフォームがどう変わったかを感じ・チェックし、そのフォームを保つように走った。

動画を見ると後傾はしていないが、キツくなると顔は上がる。これは私の課題。

<スポンサーリンク>


上げたペースを保って競技場に入った時、このペースでもギリギリサブ3に届いたと思ったが、その時、2014年11月の大田原マラソンのことが脳裏をかすめた。

その時も同じギリギリの状況だったのに、なぜか競技場に入った時にサブ3できたと勘違いしてしまいスパートのタイミングが遅れ、ラスト60mくらいで間に合わないとダッシュしたが直前で時計は3時間を超えてしまった。(タイムは3時間00分03秒)

あの時は競技場に入ってからでも、その4秒を削り出すことが出来たと思うからこそ悔しい思い出になった。そんなことから最後の最後まで出りきらねば後悔するとさらにペースを上げた。

ただ最後の最後で危険なトラブルが発生した。

私は日常生活やランニングなど全く問題ないが、健康診断や人間ドックになると思い出す程度の(先天性と思われる)不整脈がある。当時勤務していた会社は30歳から健康診断で心電図検査をするが、そこで初めて分かった。産業医から「特に日常生活で気にすることはない。またおそらく先天性だからあなたの個性だと思ってください。」と言われたのを今でも覚えている。

火曜日に計測した全身持久力検査で我慢できる限界に達する前に中止になったのも、心電図にST上昇(心臓の虚血)が見られたからと教えていただいた。特に気にすることはないと言われたが、2009年の東京マラソン終盤に、救急車が緊急搬送するためにしばらく止められて、再スタートした際に生まれて初めて感じた異様な鼓動をうち怖くなりペースを上げられなくなったことを思い出した。

今回ラスト150mくらいでそれに近い鼓動を感じペースダウンした。これはキツイとか苦しいとかではなくてヤバイやつだと感じた。ここまでギリギリで来てるからこのペースダウンでサブ3はもう間に合わないと思ったが、ペースを落とすと嫌な鼓動は収まったので、もう一度ペースを上げた。今回は慎重に上げていった。

これは最後のカーブを曲がり直線に出る前の動画だが、もうガムシャラにゴールを目指しているのがよく分かる。100mがこんな長く感じたことはない。おそらくこの直後にフィニッシュゲートの時計が見えたと思うが、まだ3時間まで20秒ほどあったような気がする。最後の直線は動かない身体を必死に動かしてゴールに飛び込んだ。もう動かせる部位を動かすしかない。ゴールすると精根尽き果て蹲るとそのまま崩れ落ちてしまった。邪魔になるので身体を回転させてフィールド内で身体が落ち着くのを待った。何人かの係員から声をかけられたが、少し休めば大丈夫な状態だったので、大丈夫と伝えた。

ゴール後、3年3ヶ月ぶりのサブ3が嬉しいというより、レース中に何度もギリギリサブ3できる位置から転げ落ちそうな時があった。「このままでは終盤持たない。失速する。」なんて弱い自分の囁きはあったが、その時々、この瞬間を頑張れなくていつ頑張るんだ。この瞬間を頑張れなければ終盤はない。と42.195km耐え続けることが出来たことが嬉しかった。

そろそろ52歳になるが、まだまだ行ける。

<スポンサーリンク>


ラップタイム

ロスタイム 0’24

0-5km 20’57

4’39-4’06-4’05-4’07-4’08

5-10km 20’46

4’09-4’11-4’08-4’08-4’10

10-15km 21’02

4’13-4’10-4’13-4’12-4’14

15-20km 21’09

4’17-4’13-4’08-4’16-4’15

20-25km 21’28

4’18-4’15-4’18-4’17-4’20

25-30km 21’26

4’15-4’17-4’21-4’13-4’20

30-35km 21’47

4’20-4’24-4’18-4’23-4’22

35-40km 21’44

4’24-4’17-4’16-4’28-4’19

40-42.195km 9’08

4’07-4’11-0’50

FINISH TIME 2:59:51

レース前の状態や調整、補給など気付いたことが、たくさんあるので何回かに分けて紹介します。

3年3ヶ月ぶりのサブ3達成!その2〜前回サブ3から今回までの自分 前編〜  に続く

3年3ヶ月ぶりのサブ3達成!その2〜前回サブ3から今回までの自分 前編〜



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA