3/23 ウルプロ織田練 〜なぜウルプロメンバーは伸びるのか?〜後編

3/23 ウルプロ織田練 〜なぜウルプロメンバーは伸びるのか?〜前編

3/23 ウルプロ織田練 〜なぜウルプロメンバーは伸びるのか?〜前編 から続く

<スポンサーリンク>


遠方から練習会に参加していただいてるOさん

5km 21‘48“ キロ4’22”ペース

400mラップ →私と同じなので省略

織田フィールドは路面が柔らかくて走りやすい。そのためか、キロ4’22”ペースでも 比較的余力を持って走れました。走りながらペーサーとして前を走る新澤コーチのピッチと自分を比べてみると、

私が10歩走る間にコーチは12歩。私の方が大股。

コーチ曰く、「オーバーストライドになってるから、もう少し歩幅を小さくすると楽に走れますよ。」歩幅を小さくするのを意識しているつもりでしたが、まだまだ改善の余地有りのようです。

(補足)Oさんの場合は歩幅を狭くするイメージよりピッチを少し上げた方がフォームが整うと思います。

勝田マラソン、名古屋ウィメンズマラソンで連続してsub3.5をだしたともさん

水曜に都内ロング走、土曜に奥武蔵で、レースペースよりゆっくり走る練習が続くので、間に少し速いペースでも走っておきたいと思い参加しました。

最初のトラック2周は、腕振りを意識しすぎて背中に力が入ってしまったのと、速いペースでインターバルをしているグループが気になって集中力を欠いてしまい、あまり上手く走れませんでした。動画を見ると目線が上がっていて、いつもよりぎこちない感じでした。せっかくの練習会なので、もっと集中して、基本のフォームを意識して走り始める様に気を付けたいと思います。

5000m走はPB狙いで走るというより、気持ちの良いペースで走ろうと4’30”/kmくらいを考えていました。

EPSONの手動ラップ400m毎→私と同じなので省略

 

新澤さんの後ろで、リズム良く走って、初めぎこちなかったフォームが安定してきました。4’30”より速いペースでしたが、呼吸が苦しくなる事もなかったので、このペースで今度10kmに挑戦して、43分台を出したいです。

春になって夜の織田フィールドも寒くなく、スピードを出しても怖くないので、これからもっとスピード練習に取り組んで、5km/10km/ハーフのタイムを伸ばしていきたいです。

<スポンサーリンク>


フォーム改善が身についてきてスピードも付いてきたTさんは今回PBでした。

800m 3:51

116 – 115

数ヶ月前からしたら決して遅いペースではないのですが動画を確認したら腰が落ちているような…。新澤さんがWさんに言われていたように遅くするには腰を落とすなどしないと遅くならない事を感じました。決して意識して遅くした訳でもないのですがジョクの際の腰の位置は注意が必要だと思いました。

5000m 20:04 PB

93 – 95 – 97 – 97 – 97 – 96 – 94 – 94 – 97 – 100 – 100 – 46

前回織田でのPBを目標に渡辺さんの後ろについていって走りました。結果30秒PBを更新しました。しかし相変わらずの詰めの甘さ…。

 

(補足)日曜日のレースで20’00のPBが出たようです。秋が楽しみです。

<スポンサーリンク>


走り終わってから、ゴムチューブを使って足回り尻周りを鍛えました。市民ランナーの大半はこの部位を鍛えたら強くなります。

ウルプロメンバーの中には驚くように伸びたり、50代、60代のランニング歴が長いメンバーも数年ぶりに自己ベストを出していますが、その理由はシンプルです。

メンバーはどうすれば目標達成できるかのイメージが出来ているのです。そのために何をすべきかもイメージ出来ています。

走行距離を追いかけるメンバーはほとんどいません。入会して走行距離が減り、タイムが伸びてるメンバーは少なくありません。

サブ3するには月間走行距離300kmとかサブ3.5するには250kmとか考えてるメンバーはほとんどいません。

私自身古河はなももマラソン前の12-2月の走行距離を調べたら月平均190kmくらいです。それもメンバーのサポート含めてです。200km走らなくても50代でサブ3できるのです。

目標達成するために自分に足りないことを明確にして、それを足すための練習を組み立てたら実行するだけです。仕事が忙しいなら、忙しいなりに使える時間でどう組み立てるかです。

ウルプロメンバーはそのように練習を考えてるからレベルアップしているのです。

練習会後にはアスリチューン・スピードキュアを飲んで素早いリカバリーを図ります。

ウルプロ練習会日程はこちらです。練習会参加ご希望の方はFacebookページのメッセージにてお問い合わせください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA