4/25ウルプロ午後練〜膝を出せば骨盤が回旋する〜その2 新入会メンバーの変化

4/25ウルプロ午後練〜膝を出せば骨盤が回旋する〜その1


4/25ウルプロ午後練〜膝を出せば骨盤が回旋する〜その1 から続く
また、前回も記事を読んで膝を出す動きを試みたけど、イメージが湧きにくい、骨盤が動く(回旋する)は意識できないという方は結構いたと思います。ウルプロメンバーにも同じように感じた方はいましたが、そう感じたメンバーは腰が落ちていたり、身体の真下での接地出来ていないケースが大半でしたのでそこを改善するとかなり変わりました。

<スポンサーリンク>


こちらは3月末に入会したSさんの入会時のフォームはこんな感じでした。

シューズを降り出すようなフォームだとブレーキがかかり安く身体が沈み込むので、一歩一歩身体を持ち上げる動作が入ります。そのようなフォームだと地面が近くなる登り坂ではその傾向が顕著になってきます。


<スポンサーリンク>


本人もビックリの動画でした。その直後からSさんにはお腹に力を入れることだけを意識してもらったところ、1ヶ月経ってほとんど意識しなくてもお腹に力が入るようになってきた。と話していました。

その土台が出来た上で、Sさんには初めて膝から動き出すフォームのアドバイスをしました。するとこんなフォームになりました。

チャレンジ富士五湖100km走って中2日の疲れている時のフォームにはとても見えません。

腰を高い位置に保つことが出来るようになったので、膝を前に出すフォームは意識しやすくスムーズな走りに繋がりました。

もともと走力はあるランナーですから、これから楽しみです。

<スポンサーリンク>


練習会に参加するメンバー一人一人、意識して欲しいポイントは違います。そこを意識して練習するのと漠然と練習するのでは練習効果は大きく変わります。あれもこれも悪い点を指摘するだけではなく、このメンバーにはどうアドバイスをすれば変わるだろうか?とか、気付くかな?、結構考えています。上記画像のSさんの場合も完全に積み上げです。積み上げる順番も大事です。そこを考えてアドバイスをすることで私自身のコーチングの経験になっていきます。

明日土曜日から月曜日にかけて、パーソナルレッスンの枠を作ったことをお知らせしましたら、8枠全て申し込みがありました。全員ウルトラプロジェクトメンバー以外です。(一人は合わせて入会)それぞれの課題を明確にして目標達成のお手伝いをしていきたいと思います。

練習会後にはアスリチューン・スピードキュアを飲んで素早いリカバリーを狙います。

もちろん練習会最後には全員が振り返りを自分の言葉にしました。非常に充実した練習会になりました。

ウルプロ練習会はレベルが高くて敷居が高いと言われることはありますが、特にペーサーを付けない午後練や金曜織田練などレベルに関係なく参加できます。水曜日夜の練習会は5グループくらいに分かれて走りますが、サブ4できていない方のグループもあります。心配な方はご相談ください。

ウルトラプロジェクト練習会日程はこちらです。参加ご希望の方はFacebookページのメッセージにてお問い合わせください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA