6/15 ウルプロ織田練5分間走×6セット〜私もちょっと刺激入れました〜

まだ水曜日の午後練についての記事が書きかけですが、今日は織田練です。

この練習会は当初は不定期開催で、私自身の練習にもしようと思っていましたが、メンバーに可能な限り練習機会を作ろうと織田フィールドが開放されていて私の都合が悪くない時は毎回開催してます。

<スポンサーリンク>


今日は5分間走×8セット リカバリーは2分でスタート地点に戻る練習を予定していましたが、19時30分スタートでマックス65分で終えねばならないので、動き作りをしてたら間に合いません。

今回は動き作りもしたかったので、400m気持ちよく走ってから5分間走を6セットしました。

私は2本だけ少し速めに入って身体に刺激を入れてから、メンバーと一緒に走りました。

1本目 1,300mまで4’58(3’49/km)

2本目 1,300mまで4’47(3’40/km)

ちょっと混雑していて2レーンや3レーンを走ることも度々でしたがリズムよく走れました。ただ2本目は実質3分半くらいのペースですから、スピード練習をほとんどしてない現状ではラスト300mがキツかったです。

3本目、4本目は4’30/km以内で走るメンバーと一緒に走りました。

3周手前で5分間になるので、そのまま3周走りました。

3本目 1,200mまで5’11(4’19/km)

4本目 1,200mまで5’11(4’19/km)

ちょっとペースが速くなりましたが、しっかり付いてきました。

<スポンサーリンク>


5本目はもう少し落として4’45/km程度で女性メンバー2人と走りました。

5本目 1,060mまで5’00(4’43/km)

実はこのペースがサロマ湖で序盤のペースです。これだとだいたい5km23分半ですからフルマラソン通過が3時間18分、50km3時間55分とPB出した2015年と同じようなペースになります。後半の落ち込みを抑えれば8時間26分のPBに届きます。

もちろんスタートして走りやすい気象状況ならこのペースよりちょい速く入ります。

5月最初の川の道254km後には今年はサロマに間に合わないのではないか?と内心思っていましたが、回復途上のゆめのしま6時間走でも最低限の走りは出来たし、気負わず自分に出来る走りをしようと思います。

6本目はメンバーのフォーム撮影をしました。キツイ時にどう走っているかを自分自身把握することは結構大事です。

また、この時間帯になるとコースは空いてくるので、撮影もしやすくなります。

その動画はメンバー専用ページにアップして、自分のフォームだけではなく、他のメンバーのフォームもチェックできます。

また、私もこの動画をチェックしてメンバーへのアドバイスにつなげています。

<スポンサーリンク>


練習後には短時間になりましたが、全員振り返りをしてもらいました。

以前は5分を切るなんてありえないと思っていた自分が全て4分半切れるとは未だに信じられない。なんてメンバーは珍しくありません。

かなり効率よく走れるフォームが定着してきたメンバーもいますし、まだまだ改善点という伸びしろのあるメンバーもいます。

練習後にはアスリチューン・スピードキュアを飲んで素早いリカバリーを目指します。

ウルトラプロジェクト練習会日程はこちらです。参加希望の方はFacebookページのメッセージにてお問い合わせください。

今年もウルプロメンバーは10人以上サロマ湖ウルトラを走ります。私もベストを尽くしますがメンバー一人一人が素晴らしい走りが出来たらと思います。

また、私のページを読んでおられる方々にも素晴らしい走りをして欲しいので、レース直前に出来ることなど紹介していきます。

こちらのアスリチューンの応援企画も活用ください。

5日間限定 サロマ湖ウルトラ参加ランナー応援企画〜アスリチューン増量キャンペーン〜



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA