「SUUNTO 9」とスパルタンシリーズの比較

レース中のバッテリー切れは昔話「SUUNTO 9」2018年6月26日(火)発売開始〜スパルタンシリーズとの比較〜その1

2週間ほど前に来週発売するSUUNTO9について概要を紹介しました。

<スポンサーリンク>


今回は、現在発売しているスント・スパルタンシリーズとの比較をしてみました。

まずこちらをご覧ください。

私がカタログデータを調べて打ち込んだものなので多少間違いがあるかもしれませんので参考程度にしてください。

SUUNTO9を一言でいうなら、現在バッテリー稼働時間が最大のスパルタンウルトラより長い稼働時間を確保し(OKモードの場合はスパルタンウルトラの方が長いが実際の精度はSUUNTO9の方が良い)、スパルタンスポーツなどに装備された光学式心拍計が備わった最高峰のモデルです。

しかも標準販売価格ベースであれば、スパルタンウルトラや、スパルタンスポーツHR BAROなどと同価格帯での発売になります。

<スポンサーリンク>


特に私が気になる機能はこちらのFusedTrack機能です。

■FusedTrackフューズドトラック™機能

より正確なトラックとバッテリー寿命のUP

長い時間GPSを使用するとバッテリーを多く消費し、バッテリー残量が足らずに距離の記録や正確な軌跡に制限が起きてしまい正確な情報が得られにくくなりますが、SUUNTO独自のFusedTrack™によりGPSと加速度センサー機能を組み合わせることで、ウルトラモード(最大120h)であっても、距離と軌跡の記録精度が向上します。これにより精度を大幅に損なうことなくGPS消費電力を抑えることができ、バッテリー寿命を延ばすことが可能になります。

 

今までのSUUNTOスパルタンのOKモードや、他のメーカーの同様のモードはだいたい60秒に1回GPS信号を入手するだけなので、カーブの多い道だと距離は相当狂ってしまいましたが、この新機能により大きく落とすことがないのであれば、超ウルトラマラソンやウルトラトレイルでも使えます。そもそもGOODモードでさえカタログデータで40時間持つのだから、バッテリーにとって悪条件の元での使用で70%程度しか保たないとしても28時間ですから大半のウルトラマラソンランナーでも十分でしょう。

仮に46時間制限のUTMFなどを走るなら、最初は40時間のエンデュランスモードで使用し、新しく備わったスマートリマインダー機能の通知により、ゴールまで保たないとわかればウルトラモードに変更したら良いのです。

インテリジェントバッテリーモードとスマートリマインダー機能の搭載により実現

優れたバッテリーライフ(25h/40h/120h)でゴールまでバッテリー残量を心配する必要はもうありません。
インテリジェントバッテリーモードが運動中にバッテリー残量が少ない事を検知すると、高精度のまま記録をとり続けられるように自動的に別のバッテリーモードへの切り替えを提案します。
さらに持ち主の運動履歴に基づいてスマートリマインダー機能が次回の運動までに十分な充電をするよう通知し、たとえ運動時間が予定より長くなってバッテリー残量が少なくなったとしてもバッテリーモードを変更するよう知らせてくれます。この検知と通知によりロングバッテリーライフを可能にしました。

<スポンサーリンク>


デモ機のSUUNTO9のソフトウエアがアップデートされたので、機能をチェックすると、エクササイズ・スタート画面にバッテリー稼働時間を示す表示を見つけました。

この時のバッテリーは28-29%の充電量です。

オプションを選択するとこのような画面になりました。

最初の画面の7時間ではないので、下にスクロールするとカスタムモードで使った場合の稼働時間のようです。

バッテリー残量が3割切っている状態でも、ウルトラモードであれば30時間持つって凄いです。

このウルトラモードを選択するとこのような画面に変わりました。

これを見るとウルトラモードはどのような設定になっているか分かります。(下にスクロールできます。)

それをまとめたのがこちらの表です。

おそらく本邦初公開かもしれません。

40時間稼働するエンデュランスモードは手首で心拍数を計測する光学式心拍計がONになっていますが、ウルトラモードの場合はOFFになります。

例えば、エンデュランスモードのGPS精度でもう少し長時間使いたいのであれば、カスタムモードで光学式心拍計をOFFにしたり、明るさを20%から10%に落としたり、バイブレーションhやBluetoothをOFFにすれば良いのです。光学式心拍計をONのままでもそれ以外を調整すれば理論上は40時間以上持つ設定にできるのです。

そのような設定をカスタムモードにしておけば、エンデュランスモードで35時間ほど経過した時に、ゴール予想時間が46時間になり、このままではゴールまで保たないと分かった時点で、カスタムモードにしたら良いのです。それでも保たなそうになればウルトラモードにすれば良いのです。

そのような使い方ができるSUUNTO9はかなり凄いGPS腕時計だと思います。

また、発売日前日までに事前予約をして購入した方には、スントオリジナルのモバイルバッテリーがプレゼントされるようです。詳細は公式ページやサロモンスント直営店にお問い合わせください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA