サロマ湖ウルトラ天気〜猛暑対応も必要か?〜

6月18日に書いた記事はこちらです。

サロマ湖ウルトラの天気予報

<スポンサーリンク>


3日後に迫ったサロマ湖ウルトラマラソンですが、比較的走りやすい天気になると思っていましたが、猛暑になる可能性が出てきました。

前回同様、tenki.jpの天気予報を見ると当日の天気予報はこんな感じです。

スタート周辺

ゴール周辺

これだけみるとちょっと暑いかな。という感じですが、前日が大変なのです。

<スポンサーリンク>


スタート周辺

ゴール周辺

<スポンサーリンク>


最高気温30℃で、紫外線がきわめて強いとなると体感温度は40℃超えるようなレースになります。

このように天気がかなり変わりやすい地域ですので、さまざまな気象変化に対応できるよう、多少荷物は増えても持っていきましょう。

こちらは、サロマ湖ウルトラセミナーで使用した資料の一部です。完走率はほぼ最高気温に反比例しています。

もし暑いレースになったなら、とにかく日差し対策をして、どうすれば体温を下げることができるかを考え対応してください。水かぶりは非常に有効ですが、水かぶりをすることでシューズ・ソックスが濡れて靴づれしやすくなりますから、その対策も必要になります。

実際、天気はどう変わるか分かりませんし、猛暑になったとしても全てを受け入れるしかありません。できる準備をして、レース当日は楽しみましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA