ランナーの湿布使用は要注意!!

ウルプロメンバーのHさん(医療系研究職)が、湿布使用について注意換気の投稿をしていましたが、その投稿を読んで多くの方がドキリとしましたが、私もその一人です。

私自身知ってるつもりでしたが、Hさんの投稿を読み改めて自分でも調べたところ、分かったつもりになっていただけでした。

<スポンサーリンク>


Hさんの許可をいただき、投稿を転載いたします。

【ランナーの湿布は要注意】

ラン友さんに教えていただいたブログですが、高校同級生やその周りにも似た経験をした人がいて、結構頻度の高いトラブルのようなので、ランナーへの注意喚起のため、自分のタイムラインにも投稿しておきます。

私もこの湿布(モーラステープ)を五十肩で処方されたのですが、確かに裏面にデカデカと、紫外線を浴びると光線過敏症になる危険性が書かれてます。湿布の中にも、光線過敏症になりやすいものとなりにくいものがあるようで、要注意なのは、モーラステープなどのケトプロフェン系と、フェイタスZ(Zが付くやつ)やボルタレンテープなどのジクロフェナク系だそうです。これらに比較すると、ロキソニンテープなどのロキソプロフェン系やサロンパスのようなサリチル酸系は、相対的に危険性は低いと言われています(もちろんゼロではありません)。また、日焼け止めの成分によっては、モーラステープと併用することによって、逆に光線過敏症が重篤になる危険があるそうです。湿布だけでなく飲み薬も同じで、湿布をはがした後でも、体内に吸収された成分が過敏症を発症することがあるらしく、モーラステープの場合、使用後なんと約4週間紫外線対策を指導するとのこと。

日常的に紫外線を多く浴びるランナーは、安直に湿布や消炎鎮痛剤を使うのは止めた方が良いですし、どうしても使用しないといけないときは、(モーラステープ、フェイタスZ、ボルタレンテープなどは避けるなど)含有成分に注意する必要があると思います。

【湿布の副作用で「一生治りません」と診断される】

こちらのサイトも参考になります。

 

そしてHさんから追加情報として以下のメッセージをいただきました。

モーラステープと併用したときに症状を悪化させる日焼け止め成分であるオキシベンゾンやオクトクリレンがアグレッシブデザインに含まれているかどうかをチェックしたかったのですが、Webではわかりませんでした。ただ、下記の情報からは多くの日焼け止めに入っている可能性は大きいと思います。もし確認可能でしたらよろしくお願いします。日焼け止めは必須ですから、湿布を控えるべきだと思いますが、もし知らずにモーラステープを貼ってしまった場合などは、これらの成分を含んでいない日焼け止めを使用したほうが安全だと思います。

オキシベンゾンを含む代表的製品 : ◯◯◯◯

オクトクリレンを含む代表的製品 : □□□□

*製品名称は消しました。

<スポンサーリンク>


アグレッシブデザイン・ファイターに、これらの成分が含まれているか確認したところ含まれておりませんでした。

また、追加情報をいただきました。

モーラステープの件ですが、モーラステープに配合されている消炎成分が、紫外線により光線過敏症を発症します。最近では他人からモーラステープを譲り受けて医師の説明なしに使って悪化するケースが増えているようですが、この光線過敏症が、紫外線吸収剤のオキシベンゾンやオクトクリレンと反応して悪化することがあります。

夏の肌トラブル 意外に多い「光線過敏症」って? 

オキシベンゾンもオクトクリレンもアグレッシブデザイン・ファイターには使用していません。開発段階ではオクトクリレンは入っていたのですが、湿布と反応することがある、ということで抜いた処方で作られています。

もともとオキシベンゾンは肌影響が大きいということもあり、最近では大手メーカー様は使用を控える傾向にあります。オクトクリレンはいまだに使用しているメーカー様が多いのが現状です。

オキシベンゾンもオクトクリレンも、安価でSPFを上げやすい成分なので使用している製品はありますが、SPFの値だけでない部分を大事にしているファイターは、できるだけアスリートのパフォーマンスを重視しています。多少は黒くなることがあってもできるだけ肌トラブルをなくそうとして現在の処方になっています。

 

日焼け止めに関しても、使う用途により選ぶ必要があると感じています。

また、こんな怖い話も教えていただきました。湿布薬は怪我などを治癒するためには大事なものですが、使う際には注意が必要ということです。

モーラステープに含まれているケトプロフェンという成分が反応して炎症を起こします。ケトプロフェン配合の湿布薬には注意書きの部分に「紫外線を浴びないように」という注意書きがありますが、こういった注意書きがあるモノは1か月から3か月程度薬剤が体に残るそうです。ですので、1日2日のレベルで「はがしたから大丈夫」とはいきません。人によっては貼った場所だけでなく全身に炎症が起きることがあります。

 

塗り薬についても同様か質問したところ・・・

塗り薬でも、ケトプロフェンの含まれる塗り薬は同様です。あまり有名ではありませんが…

いずれにせよ、安易に処方箋が必要な湿布薬を使わない。そして注意書きをしっかり読むことが大事です。

ちなみに、光線過敏症になった方のブログがこちらになります。アレルギーの一種ですので、人によっては一生の付き合いになってしまいます。

湿布薬で皮膚が大惨事に!安易な薬の使用の危険性と必読の「くすりの説明」

<スポンサーリンク>


ランナーの中には大会前日に湿布を貼って眠り、朝剥がして走る方は少なからずいます。でもこれは使う湿布によってはかなり危険なことなのです。湿布を剥がしても薬剤は残るわけです。もちろんウェアで隠れる腰や背中ならリスクは低いでしょうが、紫外線などはウェア越しに肌に注ぎますからリスクは残ります。

私も以前はモーラステープを貼っていたのでドキリとしました。筋肉の炎症を抑えるだけなら薬剤の入っていないコールドシートなどもありますから、使う用途をしっかり選ぶべきでしょう。

同様にロキソニンなど痛み止めをレース中だけではなく、レース前に予防的に飲む方も少なからずいますが、これは非常にリスクの高い行為だとドクターランナーも警鐘を鳴らしています。

簡単に入手できる薬は、注意書きを読まずに使ってしまいがちですが、生涯に渡り不自由さを背負うようなことになってからでは遅いです。

明日のサロマ湖は日差しが強いです。寝る前に湿布で身体の張りや痛みを抑えようと考えている方は、念のため使う湿布の説明書きを読んでみてください。



2018年サロマ湖ウルトラマラソン代表選考有力選手 男子

いよいよ明後日サロマ湖ウルトラマラソンが開催されますが、今回のレースは、IAU100km世界選手権2018日本代表選手選考大会でもあります。

その上位争いに絡むであろう選手を紹介します。

誰でも入手できる情報から数字を見つけて作成したものですから、多少誤りなどあるかもしれません。

今回調べたところ、前回大会のTOP10のうち9人はエントリーしていました。

その9人の前年タイムはこちらです。

1.板垣 辰矢 6:14:18
3.風見 尚  6:33:52
4.吉原 稔  6:39:13
5.山内 英昭 6:43:13
6.外池 快太郎 6:46:31
7.早坂 光司 6:49:52
8.能城 秀雄 6:52:08
9.髙田 由基 6:54:09
10.渡部 裕之 6:59:34

<スポンサーリンク>


昨年優勝した板垣選手(アスリチューンサポートランナー)(NO.501)の6時間14分18秒は世界記録に45秒差の世界歴代2位の記録です。板垣選手は2016年に続き2連覇しましたが、この経験は大きく今年も板垣選手を中心にレースは展開されるでしょう。

板垣辰矢(アスリチューンサポートランナー)100km世界記録まであと45秒に迫る

優勝争いは、どのくらいのペースで展開されるかによって変わってくるでしょう。代表選考会のため有力選手が牽制し合う展開になるとタイムは落ちるでしょうが、2時間20分を切っている選手が多数いるので、誰かが出たら速い展開になると思われます。

昨年の板垣選手はフル通過が2時間32分54秒でしたが、マラソンを2時間20分切って走る選手であれば余裕を持って走れるペースでしょう。

仮に昨年の優勝タイムまでは行かなくても、6時間20分前後の争いになると、そこに絡める選手は限られてきます。フルマラソンで2時間20分を切るスピードが必要になってくるからです。

その展開になった場合、板垣選手と競うであろう選手として、前年3位の風見選手(NO.502)がまず挙げられます。風見選手は今シーズンのマラソンタイムは2時間17分10秒です。また2016年の100km世界チャンピオンで6時間18分台のタイムを持つ山内選手(NO.504)も加わるでしょう。山内選手は今シーズン2時間18分22秒の自己ベスト更新しています。

<スポンサーリンク>


さらに昨年の四万十川ウルトラマラソンで優勝した川内鮮輝選手(NO.508)も2時間17分25秒と自己ベストを更新するなどスピードでは引けをとりません。

ウルトラ始めてフルマラソンが伸びた〜川内鮮輝選手 福岡国際マラソンで自己ベスト更新〜

また2時間20分を切っている選手としてゼッケン番号が上位の選手を調べたところNO.523の行場竹彦選手が2時間19分45秒という好記録を持っています。

*フルマラソンのタイムは2017年4月〜2018年3月のアールビーズ社の全日本マラソンランキングのデータを利用しました。

もちろんフルマラソンのタイムが100kmのタイムに直結するわけではありませんが、6時間20分前後を狙うにはこのくらいのスピードが必要になります。

優勝争いが6時間30分前後の争いになると、昨年4位の吉原選手(NO.503)、6位の外池選手(アスリチューンサポートランナー)(NO.505)、7位の早坂選手(NO.506)、8位の能城選手(NO.145)、9位の高田選手(NO.331)ら前年の上位選手に加えて、フルマラソンで2時間25分以内の記録を持っている選手が多数エントリーしているので、そこから誰が抜け出すか分からない展開になりそうです。特に日本代表経験のある選手は、終盤まで競り合った展開になると強いです。

2017年4月から2018年3月のマラソンランキングで調べると2時間25分以内の記録を出した選手をゼッケン上位者のみ調べたところ、昨年のTOP10以外に以下の選手が加わります。

原 浩一郎選手(NO.509) 2時間23分30秒

清本 芳史選手(NO.511) 2時間24分40秒

曽宮 道選手(NO.518) 2時間24分19秒

白井 実 選手(NO.524) 2時間22分50秒

大沼 生選手(NO.534) 2時間22分40秒

久本 駿輔選手(NO.1062) 2時間22分45秒

調べたら他にもいるかもしれません。

<スポンサーリンク>


また、NO.1062の久本選手は6月の東京・柴又60Kを3時間42分53秒の好タイムで優勝しましたが、気温が高く日差しの強いこのコースを100km世界記録の平均ペースより速く走り切ったことからウルトラランナーの間で話題となっています。

また、このレースで久本選手に続き、2位に入った長江隆行選手(NO.537)もこのシーズンのフルマラソンは2時間25分45秒と昨年の上位選手に負けず劣らないスピードを持っています。今回が初めての100kmチャレンジになりますが、どのようなタイムで走るか楽しみです。

わたしが注目している選手がもう1人います。それは今年の宮古島ウルトラで、24時間走世界チャンピオンの石川佳彦選手を抑えて優勝した大林僚選手(NO.521)です。

ウルトラランナー紹介 大林 僚 〜ライバルが自分を強くする〜

100km6時間台のタイムを持っており、優勝経験も豊富なウルトラランナーです。石川佳彦選手も100km6時間台の選手ですが、スピード勝負になれば勝てない。と話しています。

誰が勝ってもおかしくないような速く強い選手が、たった4つの代表のイスを狙っています。

現地に行けない方も、スマホがあれば優勝争いをチェックできるので、応援naviに上記注目選手を登録してください。

こちらも合わせてお読みください。

2018年サロマ湖ウルトラマラソン代表選考有力選手 女子