みちのく津軽ジャーニーラン188km〜即製の暑さ対策〜

明日朝6時スタートのみちのく津軽ジャーニーランの188kmの部を走ってきます。

先程まで説明会に参加し、その後263kmのスタートを見送りましたが、日中の日差しは強く気温もかなり高いです。

<スポンサーリンク>


今日の都内はもっと暑いのでしょうが、こちらも30℃ありました。

明日も同じくらい暑くなりそうなので、体調に気をつけて走ってきます。

私は暑いのは得意ではないので暑い時間帯は無理しないで、日差しが弱くなってから頑張るなどしないと走りきれないような気がしてます。

毎年、2本くらいは100km超えのトレランも走ってますが、今年は長めのロードを頑張ろうと、昨年エントリーしたONTAKE100や信越五岳100mileの代わりにスポーツエイドジャパン、「みちのく津軽ジャーニーラン」と、「うつくしま、ふくしま。ジャーニーラン」をエントリーしました。

目的は、11月の神宮外苑24時間チャレンジで、今年も自己ベスト更新するためです。

フルマラソンシーズンが終わってから、以下のように2ヶ月あまり(64日間)でウルトラマラソンを4本走りました。

4/22 チャレンジ富士五湖100km

5/3-5/5 川の道フットレース254km

6/2 ゆめのしま6時間走(61.3km)3位

6/24 サロマ湖100kmウルトラマラソン

そして、サロマ湖から3週間後に今回の188kmレースと私の感覚では少し走り過ぎと感じています。

そんなことを含めて、どんなジャーニーランになるか楽しみです。

<スポンサーリンク>


また、暑いレースは、いかに体温を下げながら走ることが出来るかがポイントになります。

サロマ湖のような大会なら2.5kmごとに水かぶり出来ますがそれはありません。

当初は暑い時間帯は2リットルのペットボトルをコンビニで買って身体にかけながら進もうと考えていましたが、暑い時間帯に走るコース上にはコンビニどころか自販機もほとんどないようです。

携帯用の冷えるジェルパックみたいのは2つ買ってきましたが、ちょっと心配になり先程100均でこんなの買ってきました。

最初はスプレーにゴム紐付けようと会計したあと、カラビナ付きのタオルホルダーが良い感じだったので買い足ししました。

霧吹きは少量の水で身体を冷やせるので、暑い時間帯は身体にかけながら走ります。

序盤は空にして進めばそれほど邪魔にならないと思います。

これで216円ですからコスパ高いですよね。

<スポンサーリンク>


途中経過はこちらで確認できます。

私はNo.457です。

【途中経過】

・188kmの部 スタート15日6:00

https://goo.gl/DjiQp1

・263kmの部 スタート14日17:00

https://goo.gl/yhqHGu



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA