ウルプロメンバー疾走〜OSJ安達太良山トレイル50K〜 後編

ウルプロメンバー疾走〜OSJ安達太良山トレイル50K〜

 前編から続く

かなり過酷なレースでしたから、みんな心身ともに疲弊していたと思いますが、そのような状況でも、このように周りを気遣えるランナーは素晴らしいと思います。

<スポンサーリンク>


良い機会なので、三人に、自分が前のランナーに追い付いた時と、後ろのランナーに追い付かれた時に、どうするか?を質問しました。

岩崎さん

◼️前のランナーに追いついた時

シングルで追いついて抜きたい場合は、しばらく後ろを走り一声かけます。

「抜かせてもらってもいいですか?」「抜かせる場所で抜かせてください。」など。抜く際は「ありがとうございます!」と一言お礼をいいます。

◼️後ろから迫られた際

後ろから来られた場合は、「抜きますか?抜きたい時は言ってください。」と必ず声かけます。抜かれ間際に「頑張ってください!」と一言声援送ります。

順位争いの中では自分の得意なパートでプッシュして差を広げます。

今回下りは非常に滑りやすかったので下りはある程度前とのスペースをあけて前のランナーが滑って転んでも巻き込まれないよう気をつけました。相手への配慮と同時に自分も怪我をしないためです。

ロストするまでは前を追いつつ後ろから追いつかれないよう、後ろのランナーに自分の存在を気付かれないよう見通しの良いところはなるべく早く通り過ぎるよう気をつけました。

<スポンサーリンク>


石澤さん

◼️前のランナーに追いついた時

シングルトラックで抜きたい場合は、抜けそうな地点まで付いて行き、右側から抜かさせてください、などと声をかけますが、譲ってくれる方が圧倒的に多いです。

◼️後ろから迫られた際

後ろから私よりも明らかに速いスピードで追いつかれた場合はすぐに譲ります。じわじわ追い上げられてるときは、追いつかれる前に私もスピード上げて状況判断します。この場合、私を抜いてから、ペースを下げられてしまうと、また抜くのにパワーを使いますし、抜かれた後に大したことない上りで歩かれたりすると、私も歩いちゃえ、って弱気になってしまうからです。あまり、走力が変わらないとわかれば、追われているプレッシャーで走った方が意外と走れて、リズムが良くなります。

それと当たり前ですが、抜くとき、抜かれるときには、トレイルから外れないことを意識しております。今回のレースでは、花を咲かせた植物が多く見られ、走行していたら蹴ってしまうんではないかという箇所もありましたが、私の前に30人近く走っているのに、無傷な花を見て、みんな注意しながら走っているんだと改めてマナーの大切さを感じました。

青木さん

◼️前のランナーに追いついた時

安達太良山は熊鈴をみんなつけているので、大概の人が後ろのランナーに気がついて道を譲ってくれました。その時にはお礼を言って脇を通らせていただきます。ただ、今回は1人だけイヤホンをしてるランナーがいたので、その時は声をかけて道を譲ってもらいました。

◼️後ろから迫られた際

私は走っている時に後ろにつかれるのが苦手なので、登りの際は特にすぐ道を譲ってしまいます。”先行ってください!がんばです!”と声をかけるようにしてます。実際心の中では、絶対下りで追いついてやるってメラメラ燃えています笑

安達太良山あたりは普通の登山をされてる方も多くいたので、2.3人で走って1番前の時はウルプロ練の時のように、(ハイカーさんきます)の声かけや、道を譲っていただいた際には(ありがとうございます!)とどんなにきつくても笑顔で返すことを心がけていました。

<スポンサーリンク>


フラットなロードだと中盤以降同じようなペースで走るランナーは同じような走力ですが、アップダウンのあるトレランの場合はトータルで同じようなタイムでゴールする力を持っていても、上りが得意、下りが得意、走れる区間が得意、走れない区間が得意。など得意区間も違うし、苦手区間も様々です。

シングルトラックで後ろから明らかに速いランナーが迫ってきたら道を譲るのが安全面からも大事なことです。そして譲られたランナーは、それが当たり前と思わないで一声かけて抜いていったら、お互い清々しい気持ちになれるでしょう。

私自身、後ろに付かれるのは嫌いなので、足捌きなど音で判断して明らかに速いランナーなら、安全に抜いてもらえる場所で道をあけます。そのようなランナーだと後ろを追いかけると、こちらの走りもよくなることあります。

また自分がサボっていて追い付かれたなら気を取り直してペースを戻すことができれば、復活のきっかけになったりします。

抜かれる際には、ほとんどのランナーが声がけしてくれます。「ありがとう!」など単語であっても一言あるとないとでは気分が違います。

キツイ中でも、周りを思いやれる心に余裕を持ったランナーは、カッコ良いと思います。

岩崎さんはこのようにも話しています。

「今回道中たくさんのランナーと話したり、励まし合いながら走れ、たくさんコミュニケーション取れたので非常に楽しかったです。」

 

山では安全面からもコミュニケーションは非常に大事なことであるし、楽しいレースだったと終われるかどうかも変わってくると思います。

(写真提供:大辻あゆみさん、岩崎敏之さん、石澤毅士さん)

ウルプロメンバーの活躍の一部をまとめた記事はこちらです。

合わせてお読みください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA