牛田美樹選手アグレッシブデザインサポートランナーへ

昨年骨折ししばらく走れない生活を送った牛田選手が、今年最後の開催となったSTYで優勝したと聞いた時は驚きました。

その時に書いた記事はこちらです。

牛田美樹(アスリチューンサポートランナー)骨折を乗り越えSTY優勝 その1

<スポンサーリンク>


そして7月開催の富士登山競走では五郎谷選手に続き2位で山頂ゴールに飛び込みました。過去最高順位です。

少し前のことですが、レース後に牛田選手に質問して教えていただいたことを紹介します。

レース前の思い

これまで山頂コースには3回出場し結果は11位、9位、7位。なかなか簡単には上位にいかせてもらえない、でも故郷山梨の大会なので満足のいく結果を残したいレースだったので、なんとか5位以内に入りたく、富士登山競走を前に試走を5回行いました。(諏訪の森公園スタート1回、中の茶屋スタート2回、馬返しスタート2回)それなりの感触がありベストタイム更新を目指すことにしました。

レース展開

中の茶屋までがかなりきつかったが粘って6位で通過し、馬返しからは少し前を行く藤君を目標に走ることで、よいリズムで5合目までいけた。6合目で前との差を確認でき、七合目で3位の加藤選手に追い付き、8合目手前で2位の高瀬選手に追い付いた。アスリチューンを摂取し、2時間50分切りを目指したが、岩場が終わってからは思うようにペースをあげられなかった。それでも最終区間のラップは多分トップなので、走り自体は悪くなかったのだと思いました。

補給

補給はスタート30分前にアスリチューン赤を摂取し、アスリチューン・ポケットエナジー黒を70分(三合目付近)、95分(6合目付近)、130分(8合目付近)で摂取し、ゴール後、下山して5合目に預けたアスリチューン青を摂取しました。

結果

2:53’30 2nd place

自己ベストを1分18秒更新

来年はロードのスピードをもっと磨いて2:50切りに挑戦したい。

前半戦は8戦6勝で、復帰後としては奇跡のような結果が続いています。昨年は8月に怪我をしているので、まずはしっかり疲労を抜いて、気を引き締めて後半戦に向けて始動していきたいと思います!

<スポンサーリンク>


アスリチューンのサポートについては、こう話しました。

「キツいレースで何を摂取するかは本番の体調を左右する微妙かつ大切な要素ですが、自分に合ったものを安心して摂取できることは大きいことなので、本当にありがたいです。」

<スポンサーリンク>


また、牛田選手をアグレッシブデザインのサポートランナーに推薦し、今月から仲間入りしました。

これからスタートするハセツネは日差しが強く暑い大会になりそうですが、効果を感じて欲しいと思います。

ハセツネに向けては「今回の出走メンバーもすごい方たちばかりなので、走ってみないとわからない部分が大きいです。やれることをやりきる、出しきれたところで結果がどう出るかを楽しみたい。」と話しています。

応援してます!

(画像提供:牛田美樹選手)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA