ウルトラランナー大林僚選手がアスリチューンサポートランナーへ

以前、紹介した大林僚選手がアスリチューンサポートランナーに加わりました。

実績など記事に掲載しているのでご参照ください。

ウルトラランナー紹介 大林 僚 〜ライバルが自分を強くする〜

<スポンサーリンク>


今年の宮古島ワイドーマラソン100Kmでは7時間0分23秒で優勝しましたが、2位は2018スパルタスロン優勝や2017年24時間世界選手権優勝の石川選手です。

宮古島ワイドーマラソンが終わったあと、石川選手からレースについてメッセージをいただきましたが、かなり悔しかったようです。石川選手からみた宮古島のレース展開はこちらです。

これからの暑く、日差しの強い時期に備えて〜24時間走世界チャンピオン石川選手の対策〜

その悔しさが石川選手をさらに強くしていき、その3ヶ月後のチャレンジ富士五湖118Kmでは石川選手が優勝し、大林選手は8時間51分14秒の2位でしたが、長時間二人のバトルは続いたようです。

<スポンサーリンク>


今回、大林選手がアスリチューンをレースで使うと決めたポイントはこちらです。また今後のレースについても教えてもらいました。

以前飲んだ時、食感と味の優しさが、初めての感覚でした。

エナジージェルの多くは味が濃く、飲みづらい印象ですが、アスリチューンは大変飲みやすいです。

(今後のレース予定)

・10/21 (日)四万十川ウルトラマラソン100Km

→優勝、6時間50分00秒

・11/10(土)神宮外苑ウルトラマラソン50Km

→3位以内入賞、3時間10分以内(*DNSの可能性あり)

・1/20(日)宮古島ワイドーマラソン100Km

→優勝、6時間55分00秒

 

<スポンサーリンク>


世界最強のウルトラランナーがライバルと認める大林選手が、アスリチューンという武器を手にして、さらなる高みにチャレンジします。

アスリチューンサポートランナーの最近の活躍をまとめた記事を今日アップしたので合わせてお読みください。

アスリチューン・サポートランナーの活躍が続く



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA