CHANGAN FORD ULTRA-CHALLENGE 2018④〜藤澤舞2位入賞。この1年のPB連発について 後編〜

CHANGAN FORD ULTRA-CHALLENGE 2018④〜藤澤舞2位入賞。この1年のPB連発について〜

前話から続く

<スポンサーリンク>


最後に、昨年からフルマラソンでPB連発して、その流れを100kmにも繋げている点につき何が一番変わったか聞いたところ、こう答えてくれました。

(ウオーミングアップ後の画像 藤澤選手の隣が50kmに出場した石井コーチ)

現チームに所属し、それまでの距離を踏むだけのトレーニングから、スピード練習などを取り入れたメリハリのあるトレーニングに変えたことでスピードの底上げができました。

その結果として、100kmのペースにも余裕度が増したことが結果に結びつきました。

<スポンサーリンク>


□自己ベスト

100km7時間37分56秒(2018サロマ)

フルマラソン 2時間44分20秒(2018洞爺湖)

以前この記事を書きました。

100km8時間以内で走る女性ランナー 〜8時間以内の日本の女性ウルトラランナー一覧〜 2018年6月28日現在

2018年6月28日時点で100km8時間を切った日本女子選手は24人でした。

そのくらい大変な8時間切りを藤澤選手は9月の世界選手権含めて10回も達成しているのです。もちろん日本人最高回数です。

もともと後半になってもペースダウンしにくい持久系ランナーの藤澤選手がスピード練習を取り入れたことで、フルマラソンも100kmもタイムが伸びたのです。

藤澤選手は100kmマラソンを10年以上走っています。それでもこれだけ変わることができたのは凄いことだと思います。

ウルトラマラソンはペースが遅いから、インターバルなどのスピード練習は必要ないとしない人は少なくありません。

もちろんアプローチはさまざまですが、伸び悩みを感じているなら、現在の練習を見直してみてはいかがでしょう。

<スポンサーリンク>


⬜︎自己ベストタイムの推移

藤澤さんから過去のフルマラソンのベストタイム更新履歴を教えてもらいましたが、かなり衝撃的な内容です。

2009年3月 名古屋国際女子マラソン 2時間50分23秒
2016年2月 東京マラソン 2時間50分22秒(7年間で1秒の更新)

以下、昨シーズンの結果

2018年1月 大阪国際女子マラソン 2時間47分00秒
2018年3月 名古屋ウィメンズマラソン 2時間46分33秒
2018年3月 板橋CITYマラソン 2時間45分11秒(優勝
2018年5月 洞爺湖マラソン 2時間44分20秒(優勝

また、2018年4月開催のかすみがうらマラソンは自己ベスト更新ではありませんが、2時間45分54秒優勝しています。

3月の名古屋ウィメンズマラソンと板橋CITYマラソンは2週連続自己ベスト更新です。

2009年にあと24秒に迫りながらも、2018年まで9年間を要した2時間50分切りを、4ヶ月間に5回も記録したのは驚きです。

2017年のデータも送っていただきましたが、昨年は貧血に苦しめられたが、サロマ湖以降少しづつ改善したと話しています。

記録はフルマラソン以上のみ

1月29日 大阪国際女子マラソン 2時間53分37秒
2月5日    別府大分毎日マラソン 2時間52分33秒(総合3位)
2月26日 東京マラソン2017 2時間51分22秒
3月12日 名古屋ウィメンズマラソン 2時間52分52秒
4月16日 長野マラソン 2時間57分58秒
5月21日 洞爺湖マラソン2017 2時間56分52秒(総合2位)
6月4日    千歳JAL国際マラソン 2時間55分43秒(総合2位)
6月25日 サロマ湖100kmウルトラマラソン 8時間36分38秒(総合6位)
8月27日 北海道マラソン2017 2時間53分25秒
10月8日 ポートランドマラソン2017 2時間58分39秒(総合3位)
11月11日 2017神宮外苑ウルトラマラソン (50km) 3時間29分49秒(総合2位)PB

 

藤澤選手は、この週末に神宮外苑で開催される神宮外苑ウルトラマラソンの50kmに出場しますので応援してください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA