50代・60代でも目標達成するために大事なこと〜ウルプロメンバーの実践⑨〜

50代・60代でも目標達成するために大事なこと〜ウルプロメンバーの実践⑧〜

前話ではMMさんと竹尾さんを紹介しましたが、今回は山浦さんと門脇さんを紹介します。

<スポンサーリンク>


山浦さん(62歳)ランニング暦:6年(ウルプロ在籍期間:半年)

□月間平均走行距離

入会前後とも100kmで変わっていません。

□フルマラソンタイム

ウルプロ入会前 3時間53分56秒
ウルプロ入会後 3時間45分18秒

2013年東京マラソンが初マラソンで、2014年宮古島マラソン、NAHAマラソン、2016年京都マラソン、2016年金沢マラソン、2017年石垣島マラソン、2017年金沢マラソン、2018年古河はなももマラソン、2018年神戸マラソンと9大会連続PB更新中

*2018年の金沢マラソンと神戸マラソンはランニングフォームの改良、アスリチューンの使用等が奏功したと思います。

□目標達成のためにしていること

パフォーマンスアップ・走力アップ

ウルプロの練習会に出来るだけ参加し、指導を受けるだけではなく、他メンバーの気を付けていることやフォームを参考にして、自らのフォームを改善。(今までは、歯をくいしばって走るだけで、理論的な練習は殆どしていませんでした。) 加えて、毎週1回トレーナーについて、体幹を鍛え、身体の動かし方をトレーニングしています。

故障予防

月2回のスポーツマッサージ。フルマラソンでは、必ずと言っていいほど脹ら脛が攣っていたので、下肢を使わないフォームへの改良

体調管理

毎日お風呂後にストレッチポールを使った筋肉解しとストレッチ。 スクワット、腹筋も出来る限り毎日実施。

メンタル的なこと

特にありませんが、「PB更新できる」と信じ、心安らかに大会当日を迎え、レース中も最後まで決して諦めないこと。

□ランニング始めて変わったこと

体調維持に配慮するようになり、深酒も極端に減り、またバランスの良い食事を心掛けるようになりました。また、自動車を運転することが少なくなり、日々、努めて早歩きで歩くようにしています。 フットサルを50歳代前半で始め、現在も毎週チームで練習、試合をしていますが、ランニングを始めてから、30歳代のチームメートにも走り負けなくなってきて、体力的にも自信がついてきました。

□これからの目標

フルマラソンは今シーズン3時間40分切り、来シーズン3時間30分切りが目標。ウルトラマラソンは来シーズンに100キロにチャレンジし完走したい。そのため今シーズンは、チャレンジ富士五湖71キロにトライします。また70歳までは走り続けたいと考えています。

□ウルプロについて

的確なコーチングと意識が高いメンバーに接するうちに、走力が上がってしまう実践的なランニングクラブ。

<スポンサーリンク>


門脇さん(51歳)ランニング暦:1年4ヶ月(ウルプロ在籍期間:11ヶ月)

□月間平均走行距離

ウルプロ入会前後とも200〜300キロと入会前後であまり変わりません。

□フルマラソンタイム

ウルプロ入会前 なし
ウルプロ入会後 3時間09分06秒(2018つくばマラソン)

*デビュー戦は2018水戸黄門漫遊マラソンの3時間20分56秒

□目標達成のためにしていること

・パフォーマンスアップ・走力アップ

練習会でのスピード系の練習、練習会のない日の10キロのペース走またはビルドアップ走

・故障予防

練習前後のストレッチ、疲れの蓄積・体の違和感を感じた時はケッズトレーナーでマッサージを受ける

・体調管理

しっかりと睡眠を取る。朝晩にサプリメントを摂取している。朝はCatalyst Cardio Performance(CCP)、夜はCatalyst Conditioning(CC) 

・メンタル的なこと

自分を追い込んで疲れてしまうところがあります。そんな時にはウエアやシューズ、景色など、タイムや距離以外のランニングの楽しいところに目を向けています。金曜日の織田フィールドの練習会も部活気分で苦しむことを楽しんでいます。

□ランニング始めて変わったこと

練習が結果につながったことで、日常生活でも自信につながっている気がします。

□これからの目標

もう伸びしろが少なくなっていると思いますが、どこまで速くなれるのか?を少しづつでも確認できればと思います。

□ウルプロについて

メンバーの皆さんがしっかり目標をもっていて、それをなんとなくメンバーで共有している感じがします。そしてその目標をしっかりと達成していくところに、とにかく刺激を受けます。 今年チームに入ったことで、ホントに新しい世界が経験できました。

<スポンサーリンク>


山浦さんも門脇さんも50代になってからランニングをはじめ、自己ベスト更新を続けていますが、練習したことが結果に繋がることで日常生活の自信にも繋がったと話しています。また二人とも身体に違和感を感じると無理しないで練習を中断しますが、このように自分自身の身体を過信しないことがとても大事なことです。

50代・60代でも目標達成するために大事なこと〜ウルプロメンバーの実践⑩〜に続く

50代・60代でも目標達成するために大事なこと〜ウルプロメンバーの実践⑩〜