ペースを上げてHOKA ONEONE EVOカーボンロケットで走ってみた。〜ヴェイパーフライ4%より屈曲点が前〜

昨日のウルプロ練習会は400mを5-6本(12分間)を3セット行いました。(セット間リカバリー3分)

今日は雪が降りましたが、昨夜も冷え込んだので、メンバーにはリカバリーで身体が冷えないように、ペースを少し落としてリカバリーを短くしてもらいました。

私は身体が冷えないように時々走りましたが、それ以外は動画撮影とメンバーへのアドバイスをしました。

シューズは昨日1600m×5 インターバルをしたHOKA ONEONE EVOカーボンロケットを履きました。

<スポンサーリンク>


HOKA ONEONE EVOカーボンロケットはHOKAが合わない人に合う!?

前日は実質的に3’50-55/kmペースで走りましたが、ヴェイパーフライ4%で感じるようなカーボンプレートによる推進力は味わえなかったので、もう少しスピードを上げてみました。

まず、86秒-84秒-81秒とペースを変えて3本走りました。

ペースにすると3’35/kmから3’22/kmに上げたことになりますが、このスピードに上げても前日と同じく身体が前に持っていかれるような推進力を感じることはありませんでした。

ヴェイパーフライ4%は反発や推進力が凄く分かりやすいけど、ちょっと分かりにくい。

大会の疲労が抜けたあとに履いたら違う感覚になるのかもしれませんが、現時点ではヴェイパーフライ4%やズームフライSPの方が私の走りであれば楽に速く走れると感じました。

私は地面を強く蹴るような動きはしないで、上体の動きに合わせて接地で地面を軽く押すように走ってます。また無理にフォアフットに着くのではなくほぼ足裏全体で接地しています。

私は足首が固く身体が立ちやすいので、接地時に重心を前方に移動しやすいドロップが大きい(つま先より踵が高い)シューズが走りやすく、ズームフライを最初に履いた時は感動しました。

<スポンサーリンク>


『このシューズの反発はスゴイ!』と書いている方もいますが、記事を読むとフォアフットに着くと、という枕ことばがあったりします。

ソールは硬く屈曲しにくく、ドロップがないのだから、前方への推進力を生むには、その固いソールを曲げねばなりません。ヴェイパーフライ4%のソールも硬いけどドロップがあるのと、ミッドソールが柔らかいので、フォアフットでなく全体着地であってもソールは曲がりやすく前方への推進力は生まれます。

対してこのシューズでソールが曲がるように走るには、フォアフットで接地することが必要だと感じました。

ただ、このシューズを履くために無理につま先から接地して走ろうとしたらランニングフォームのバランスを崩すリスクや故障するリスクがあります。

サブ4レベルにもオススメと書いている方もいましたが、自然にフォアフット着地になり、レース終盤まで脚の終わらないランナーなら大丈夫と思いますが、そもそもそのようなランナーならもっと高いレベルになるように感じます。

<スポンサーリンク>


シューズの曲がる位置をヴェイパーフライ4%と比べてみました。

ヴェイパーフライ4%はつま先から1/3辺りから曲がっているのに対して、HOKA ONEONE EVOカーボンロケットはつま先から1/4辺りから曲がっています。

母指球辺りに体重を乗せて走れるランナーだと、このHOKA ONEONE EVOカーボンロケットは気持ちよく走れるシューズなのでしょう。

短い時間ですが私が履いた印象です。



50代・60代でも目標達成するために大事なこと〜ウルプロメンバーの実践⑩〜

50代・60代でも目標達成するために大事なこと〜ウルプロメンバーの実践⑨〜

前話では山浦さんと門脇さんを紹介しましたが、今回はJ.Oさんと、I.Hさんを紹介します。

<スポンサーリンク>


J.Oさん(56歳)ランニング暦:10年(ウルプロ在籍期間:3年3ヶ月)

□月間平均走行距離

入会前後とも230kmで変わっていません。

□フルマラソンタイム

ウルプロ入会前 3時間30分22秒(2015年 古河はなももマラソン)
ウルプロ入会後 3時間27分21秒(2019年 別府大分毎日マラソン)

□目標達成のためにしていること

・効率的なランニングフォーム
・目的意識を持った練習
・練習・栄養・休養のバランス
・定期的な体のケア(マッサージ)
・サプリメントの活用

CCP(Catalyst Cardio Performance)
CC(Catalyst Conditioning)
アスタビータ

□ランニング始めて変わったこと

素晴らしい仲間と出会えたことと、自分の体(体調)に興味をもつようになったことです。

□これからの目標

フルマラソンでのタイム向上と、トレイル100マイルチャレンジ そして生涯現役ランナーです。

□ウルプロについて

目的意識と向上心を持ったメンバーの集まるチームで、フォーム改善と走力アップに効率的なアプローチが出来る練習ができる。

<スポンサーリンク>


I.Hさん(50代)ランニング暦:7年(ウルプロ在籍期間:2年)

□月間平均走行距離

ウルプロ入会前後とも200キロ前後と変わりませんが、入会後はやみくもに走るような走り方はしなくなった 。

□フルマラソンタイム

ウルプロ入会前 3時間48分07秒(2016名古屋ウイメンズマラソン)
ウルプロ入会後 3時間21分42秒(2018つくばマラソン)

□目標達成のためにしていること

故障しがちなので、日々のストレッチ&体幹トレーニングは必ず行い、時々ケッズトレーナーで調整してもらっています。最近は子供の大学受験、義理の両親&両親の看病、見守等、走れない日々が続いていますが、気の持ちようでその分練習は集中して走れるようになりました。

年を取る、身体がだんだん弱っていくのを目の当たりにしているので今できる事は今しなくてはと思う気持ちは人一倍強いと思います。具体的なタイムを目標にすると短時間でそこに向けて頑張り過ぎてしまい、また故障してしまうので、これから先もランニングを自分ペースで楽しんでいくためにも今より少し走れるようになりたい位に考えて練習しています。

□ランニング始めて変わったこと

練習時間の確保のため時間のやりくりが上手になった。ランニングをする事で自分に向き合える時間を持つ事ができた。

□これからの目標

ロングトレイルに挑戦してみたい。

□ウルプロについて

ウルプロはロード・ウルトラ・トレイルと様々な方面で活躍するメンバーが大勢在籍しています。走る事に熱心で走るペースも目指すところも違いますが、とてもいい刺激をもらえます。練習会もただ走るのではなく、フオームの意識やなぜこの練習をするかきちんと考えて行うウルプロでしか体験できない練習会です。

 

I.Hさんは、昨年のつくばマラソンでサブ3.5達成どころか、3時間21分42秒と大きく自己ベスト更新をしましたが、それまではサブ3.5を意識しすぎると練習を頑張りすぎて故障してしまったので、『故障しないで、今より速く走るにはどうしたら良いか?』を考えフォーム改善を積み重ねてきたとつくばマラソン後に話しています。

<スポンサーリンク>


今まで50代、60代の19人のウルプロメンバーを紹介してきましたが、結果を出しているということだけではなく、そこに至るアプローチにも多くの共通点があります。

まだ、紹介は続けていきますが、合わせてその共通点など紹介していきたいと思います。

50代・60代でも目標達成するために大事なこと〜ウルプロメンバーの実践11〜に続く(随時発信していきます。)