カテゴリー別アーカイブ: ランステ

チャレンジsub3.5 ウェア完成  〜練習会・セミナー・懇親会〜

チャレンジsub3.5はウルトラプロジェクトメンバーを対象にして13名でスタートしました。

20代前半から50代まで幅広い年代の女性メンバーが目標に向かって頑張ります。

今日もメンバーに伝えましたが、メンバーそれぞれ現時点の走力は違うし、練習に費やせる時間も様々です。周りのメンバーとの比較は良い意味で働くと良いのですが、それが焦りやストレスになると、走ることが苦痛になるので、過去の自分に出来なかったことが少しづつ出来るようになる楽しさを味わいながら頑張って欲しいです。

<スポンサーリンク>


今日はsub3.5メンバー中心の練習会ですが、他のウルプロメンバーも参加できるし、メインの練習会はウルプロ練習会です。ウルプロの中に壁を作る気は全くありません。

今日の練習会は皇居で5kmビルドアップ×2本にしました。観光客で混雑している箇所は止まるくらいペースダウンしました。

メンバーにはペースを守るより、安全を守ろうと話しています。

まず、皇居周辺の利用料最安値(500円)で、かつ、混雑していない穴場と言われているケッズ重炭酸シャワールームに集合しました。

皇居周辺のランステのシャワー混雑が嫌いな方はこの数値をチェック。〜ロッカー数とシャワー数〜後編


ハセツネ参加者など除いてシャワー施設前に集合して竹橋手前に向かいます。


走る前に準備体操だけではなく、動き作りやトレーニングを行ってからスタートです。

かなり気温が高いのと、観光客などの混雑もあるので、竹橋から半蔵門までは抑えて、半蔵門から桜田門を少し上げて、桜田門からは安全に走れる範囲でフリーにしました。

当初は、それぞれ5’20/km-5’00/km-フリーを考えていましたが、予想したよりは空いていたのでちょっと上がってしまいました。

ただ自分の感覚では5’10-20/kmくらいで走っていたのにペースが上がった理由として初めて履いたシューズの存在があります。

今日はアンダーアーマーのシューズを履きました。少しシューズが緩いかなと感じましたがシューレースを少し締めたらよいフィット感になりました。私が履いたのは標準幅の2Eですが、つま先含めて少し広いので、ターサーやアディゼロ匠など履いてる方は、スリムタイプが良いと感じました。アッパーが柔らかいので多少キツくても違和感は小さいと思いました。

このシューズの接地感は柔らかく、もう少しカチッとした方が私は好きですが、思ったより反発力が強いようで、感覚よりキロ10秒以上速く走っていました。


25cmで225gですから私がフルで履くには少し重いけど、サブ3.5くらいの方には良いと感じました。フィット感はソックスの厚さによっても変わるので、自分がいつも履いてるソックスを履いて試し履きして、サイズなど決めてください。少し大きめです。

ということで、

1周目はこんな感じで走りました。

1.69km    8’31(5’02/km)

1.37km    6’40(4’52/km)

1.88km    8’14(4’23/km)

23分25秒(4’40/km)

土日ともハードに追い込んだメンバーは26分かけて走った他、故障明けのメンバーはジョグ&ウォークで1周にしてもらいましたが、先頭は22分前半で大半のメンバーは23分台でゴールしました。

5’20/kmくらいかな。と言いつつ5分ちょいは失礼しました。

1本目のスタートから28分後に2本目スタートにしました。

2本目は1本目と同じペース感で桜田門まで走りました。かなり気温が高くキツかったと思いますがみんな頑張りました。桜田門からのフリーは、なわこさんが1本目同様ペースを上げて行きました。私はそこまで付いてきたメンバーの最後尾ランナーと少し走ってからペースアップして、メンバーに追いついたら一緒に走って、またペースアップという感じで二番手を走るあかねさんに追いつき、前に見えるなわこさんに追いつくべくあかねさんを引っ張り少しづつペースアップして差を詰めていきました。最後なわこさんが逃げたので追いつけなかったけど、あかねさんは自信になったと思います。

1.71km    8’32(5’00/km)

1.38km    6’39(4’49/km)

1.88km    7’52(4’11/km)

23分02秒(4’36/km)

なわこさんは二本目も22分台で、1本目同様大半のメンバーが23分台で走りました。

途中歩行者がいれば安全のために止まることもあったし、対抗してくる自転車を避けるために徐行することもあった中で、23分台を2本揃えるのは結構大変です。初めてです。というメンバーもいました。

終わってから、ハイニーインターバルを7本して終了です。

<スポンサーリンク>



充実感たっぷりの笑顔です。

アスリチューン・スピードキュアを飲んで素早いリカバリーを目指します。

そこからケッズ重炭酸シャワーに戻ってシャワー浴び着替えてから、サブ3.5をするため座学セミナーをしました。こちらは混雑してないから素早くシャワーを浴びれるから、次の予定があるときは助かります。


そちらについては別に書きますが、いろいろ考えてもらいました。

アスリチューン全種類の他、スマッシュウォーターと、傾向型のSHOTONE。そして以前提供していたたいたキャタピラン詰め合わせです。

<スポンサーリンク>


懇親会でメンバーといろいろ話しました。都合により途中で帰ったメンバーがいますが、チャンピオンシステムの四宮さんが到着しウェアを披露していただきました。

残ったメンバー全員着用して記念撮影しました。

かなり目立つ配色になりました。ネイビーが効いてるからピンク迷彩でも可愛いというよりカッコよく仕上がりました。

チャンピオンシステムのオーダーウェアは自由にデザインが出来るので、ランニングクラブだけではなく、会社のメンバーで駅伝やリレーマラソンに出たりする際に作ったら楽しいと思います。どんなイメージにするのかをメンバーで話し合いながら形にするのが楽しいと思います。

チャレンジsub3.5の練習会でのメンバーの気付きなどを紹介するページを近日公開します。

現在の走力も様々で、体型や体力も違う、20代前半から50代のメンバーですから、アプローチは様々です。

sub3.5を目指している方は、自分に近いな。と感じるメンバーを中心に着目していけば、いろいろ参考になると思います。ご期待ください。

 



皇居周辺のランステのシャワー混雑が嫌いな方はこの数値をチェック。〜ロッカー数とシャワー数〜後編

 

次にこのような分析もしてみました。

これはロッカー数に比べてシャワー数がどれだけあるかの比較です。当たり前ですが、ロッカー100個でシャワー5台より、ロッカー50個でシャワー3台の方がシャワー待ちは減ります。

シャワー数の絶対数より、ロッカー数との相対的な数を見るべきだと思います。

<スポンサーリンク>


それを分析したのが下の表です。

念のため、利用者が走り終わる時間はバラバラですから、仮にロッカーが全て埋まっていても、ランナー支持率1位のラフィネ日比谷は、シャワー1台につき14.1人のランナーが行列するわけではありません。それは他施設も同じです。

結構な差があることが分かります。ラフィネ日比谷に関しては、男女別更衣室のロッカーが一杯になると、更衣室で着替えてから更衣室外にある荷物ロッカーに荷物を入れて走りにいきます。

私も何度か使いましたが、ランニング前に着替える時も、普通ならロッカーにジャケットやシャツなどハンガーにかけながら収容していけますが、一旦バッグなどに入れてから更衣室外に持ち出して、ロッカーにしまう必要があり面倒です。またスーツの時は皺など気になりました。クリーニング代を考えたら、高くて構わないから。空いてる施設の方が良いなんて思ったこともあります。

さらにランニング後が面倒で、シャワーを浴びる時には更衣室に着替えを持っていかねばなりませんが、更衣室内にはロッカーはないで、着替えやタオルなどシャワーを浴びるのに必要なものだけをもち、盗難されては困るものは更衣室外のロッカーに置いて行かねばなりません。シャワー後に化粧する女性にとっては持っていくものが多くて男性以上に面倒だと思います。

更衣室の収容人数は、本来快適に着替えが出来るような人数を想定して、ロッカー数を設置していると思いますが、そのロッカー数以上の利用者が更衣室で着替えて、シャワーを使うのだから、ストレスを感じない他人との距離感を保つことは難しいです。

<スポンサーリンク>


ただ、更衣室外の荷物ロッカーがなければ、入場出来なかったわけですから、その時は助かったと思いましたが、そんなこともあり、日比谷、有楽町エリアで着替える時は、有楽町駅前の、ビームス&ウィンズ ステーション(ゴルフ&ランニング)を使うようになりました。料金も600円でロッカー数もたくさんあり、混雑してないので、利用していましたが、ランステ難民になっていたメンバーにすすめたところ、男子のシャワーは2ブースしかないので、練習後はシャワー待ちが発生してしまいました。

ただ練習会などで同時に使わなければシャワーは混雑していませんでした。半年前くらいの情報なので今はわかりません。有楽町、日比谷エリアを利用してる方はチェックしてみてください。

上記で、ランナー支持率に基づき施設に入場できるかどうかの観点からみた混雑度比較と、入場後のシャワー待ちや更衣室の混雑などの観点からみた混雑度比較の表を作りましたが、これらを合算したのが下表になります。

右端の実質シャワー使用率はどのような数値かというと、ランナー支持率1位のラフィネ日比谷店の全てのロッカーが一杯になるくらい皇居ランを目的に皇居周辺のシャワー施設をランナーが利用した場合に、シャワー1機あたり何人の入場者がいるかという数値です。

実際には、入場者が同時にシャワーを浴びることはないので、ラフィネ日比谷とRun Pitを比べるとシャワー待ちの人数が半分程度になるというように相対的な比較で考えてください。

<スポンサーリンク>


もちろん利用料金や混雑度だけで施設を選ぶわけではなく、会社や自宅などのアクセスだったり、施設が主催しているランニングイベントだったり様々な理由があると思いますが、シャワー施設を選ぶ基準の一つにしてみてください。

仕事が多忙な中で、なんとか仕事を終わらせ急いで練習会や友人とのランニングのためにランステに向かったのに、混雑で入場できなく途方にくれたり、練習後は早く自宅に戻りたいのに、シャワーが混雑していてイライラして、せっかく走って気分がよかったのに台無しになったなどが少しでも解消できればと思います。

また、皇居周辺のランナーが使用できるシャワー施設で混雑が少ないなどオススメがあれば随時紹介していきます。

追記)
皇居ランをしてシャワー施設を利用するランナー総数をベースにして、アンケート結果による施設別利用率を使って計算した方がシンプルなので作ってみました。こちらは1500人利用した場合です。



皇居周辺のランステのシャワー混雑が嫌いな方はこの数値をチェック。〜ロッカー数とシャワー数〜前編

皇居ランナーへの調査結果⑤ 〜シャワー施設利用状況〜

上記記事は、皇居ランナーへの調査結果を皆様のアンケート結果に基づき掲載させていただきました。

皇居を走る上で、どのような練習をしているか、皇居ランの良いところ、悪いところ、そして気をつけている危険箇所、利用しているシャワー施設やシャワー施設への不満などを質問し、その回答を集約しお知らせすることで、安全で快適なランニングライフに繋がれば良いと実施しました。

<スポンサーリンク>


その中で集約したシャワー施設の不満の中で多かったことを抜粋します。

入れないことがある。待ち時間が長い。

・混雑による入場規制は困る。
・早く行くと混むので更に早く行くか遅く行くかにしてます。
・時間帯によって混雑や待ち時間が気になる。

更衣スペースへの不満

・ロッカーが狭く、バッグなど外に置かざるをえないときがある。
・シャワースペースの前に着替置場が欲しい。
・シャワールームと脱衣場の間にカーテンなどの仕切りがあるとよい。
・ロッカー数の割に更衣スペースが狭い

シャワーブースへの不満

・ロッカー数にくらべてシャワー数が少ない
・行ったら入れないとか、シャワー待ちが長いのが不満。
・混雑するとシャワー行列
・施設に常備しているシャンプーやリンスを良いものにしてもらいたいです。

パウダーペースへの不満

・女子の場合はドライヤーの場所とメイクする場所をわけてほしい
・ドライヤーの数が少ない
・アメニティーの質や充実感。

分けて書いていますが、結局混雑していなければでない不満が大半です。

<スポンサーリンク>


ではなぜ混雑したシャワー施設を選ぶのかは、下記アンケート結果の通りだと思います。

シャワー施設を選ぶ際に利用料金をかなり気にするという方が半数近くを占めています。たまに利用するなら500円でも700円でも構わないのでしょうが、頻繁に使うならやはり安く済ませたい。混雑して使いにくかったり、シャワー行列ができてもそれは我慢するという方も多いでしょう。

私も同様です。出来れば混雑は嫌だけど入場出来るならラッキーと思っています。ただ練習会を主催する以上は施設が満員で入れないのは問題外なので、多少高くても確実に入れる施設を探して使っていました。

アンケート結果によると、主に利用するシャワールームで利用者の多い上位10施設は以下のとおりです。

1位 ラフィネランニングスタイル日比谷 18.1%(500円)
2位 ラフィネランニングスタイル神田 16.3%(500円)
3位 JOGLIS 8.1%(750円)
4位 Run  Pit 7.5%(900円)
5位 adidas RUNBASE 5.6%(700円)
6位 MARUNOUCHI Bike&Run 5.0%(900円)
7位 稲荷湯 4.4%(460円)
8位 ランキューブ 4.4%(700円)
9位 バン・ドューシュ 3.1%(460円)
9位 ケッズ重炭酸シャワールーム3.1%(500円)

( )内の金額はビジターの1回あたりの施設使用料金です。

*料金には会員価格などによりもっと安い場合もあるので、施設のウエブページをご参照ください。

皇居周りのランステは混雑しているから嫌だとアンケートで答えている方は結構いましたが、利用者が1位、2位のラフィネの半分に達しているランステや銭湯はありません。2割、3割の施設もあります。掲載していない11位以下はもっと少ないわけです。

ただ、利用者が半分でも、ロッカー数が半分なら混雑度は変わりません。

<スポンサーリンク>


そこで、10位以内に入っている施設の中で稲荷湯とバン・ドューシユの銭湯を除いて、ロッカー使用率(混雑度)を数値化してみました。

(前提条件)
・アンケート回答者の施設利用比率に基づいています。
・アンケート回答者の利用頻度は同じとします。
・アンケート回答者の利用する時間帯は同じとします。
・ロッカー数は施設のウエブサイトなどの数値なので修理中で使えない数は勘案していません。また、ロッカーが一杯でフロントで預かるなども勘案していません。

上記前提条件をもとに計算した表がこちらです。

まず、ランナー支持率1位のラフィネランニングスタイル日比谷の利用者を100%とした場合に、4位のRun Pitの利用者は41%ということになります。

次にラフィネランニングスタイル日比谷のロッカー数が一杯になる人数である254人を100%として、その他施設の利用人数を計算しました。ラフィネランニングスタイル日比谷が満員になった時に他の施設利用者がどれだけいるかを推定しました。

Run Pitは105人と推定されました。

計算式は254人×41%=105人です。

続いて、その人数と実際のロッカー数を比較したのが、⑤のロッカー使用率になります。

支持率1位のラフィネランニングスタイル日比谷は当然ながら100%です。2位のラフィネランニングスタイル神田は109%になりますから、皇居ランナーがたくさん押し寄せる水曜日に日比谷店が満員になるくらい混雑したら神田店は入場待ちになるということです。その時Run Pitのロッカー使用率は84%ですから入れるけど混雑状態だというように数値を捉えていただければと思います。

ちなみに掲載した8施設のうち3施設は半分未満ですから、 ロッカールーム内の混雑もなければ、シャワーブースの待ち時間も短いでしょう。

次にこのような分析もしてみました。

これはロッカー数に比べてシャワー数がどれだけあるかの比較です。当たり前ですが、ロッカー100個でシャワー5台より、ロッカー50個でシャワー3台の方がシャワー待ちは減ります。

続きは・・・

 



9/13   ウルプロ練習会  5kmビルドアップ×2本+坂道インターバル 〜チャレンジsub3.5メンバーもナイスラン〜!

水曜日の定期練習会は、主に神宮外苑で開催しますが、神宮球場でプロ野球が開催される日は混雑を避けるために皇居前広場で練習会を開催しています。

それが7月からは皇居前広場ではなく皇居外周を走るようになりました。

皇居外周は、5年くらい前までは毎週走っていました。練習といえば皇居という時期もありました。それがコースの混雑やランステの混雑などにより徐々に行かなくなりました。

その当時のことはこちらにも書いています。

皇居ランナーへの調査結果① 〜性別・年齢・レベル・練習内容・皇居を走らなくなった理由〜

皇居で気をつけて欲しい箇所などもまとめているので、こちらも合わせてお読みください。

<スポンサーリンク>


足が遠のいていた皇居で練習再開した理由は明快で、昔ほどコース混雑がなくなり走りやすくなったからです。

ただ、私が当時通っていたランステは既に閉鎖され、その後使っていたラフィネ神田と日比谷は利用料金が500円と安く人気があるため入場規制されることがありました。交通アクセスもよく気に入ってるのですが、練習会に間に合わないと困ったことが何度かありました。仕方がなくタクシーに乗って他の空いてるシャワー施設に行ったりしたこともあり余計な出費をしました。その後はビームスゴルフのシャワールームを使っていました。

こちらは600円とラフィネより少し高いですが、ロッカー数が多いので入れないことはなく安心して使っていました。ランステ難民のウルプロメンバーにも紹介し利用者は増えました。ただここの男性シャワーブースは2つなので練習会で使うと、同じ時間にメンバーが戻ってきてシャワー待ちが非常に長くなり困りました。

救世主となったのは7月にオープンしたケッズ重炭酸シャワールームです。ここは、小川町、淡路町、新御茶ノ水、御茶ノ水、神保町からアクセスのよい立地にあるだけではなく価格も500円。

また、オープンしたことを知っているランナーが少ないことから利用者も少なくロッカー室も、練習後のシャワーブースも空いています。

今回も先に行ったメンバー含めて練習会参加者の半数以上が使いました。

他のシャワールームを利用したメンバーの中には混雑による入場規制があり待たされ遅刻した方もいます。

ウォーミングアップやミーティング中にギリギリ間に合い一緒にスタートできましたが、忙しい仕事に折り合いをつけて練習会に間に合うよう来ていただいたのに練習会に参加出来なかったら残念だと思います。

もちろん会社からのアクセスが良いシャワー施設や、練習後に自宅に帰りやすいアクセスの立地にあるシャワー施設を選んでいる方は多いでしょう。

ただ皇居周辺はJR線に加えて、様々な地下鉄があるので、駅から10分程度歩けば思ってもいないアクセス方法があったりします。

例えば、iPhone7のmapでケッズ重炭酸シャワールームを調べてみました。


施設のウェブサイトの最寄駅は小川町駅・新御茶ノ水駅・淡路町駅 B5出口 徒歩1分  とあります。

都営新宿線  小川町駅

千代田線   新御茶ノ水駅

丸ノ内線   淡路町

と3路線、3駅が紹介されていますが、実はJR中央線御茶ノ水駅からも徒歩10分ほどです。また半蔵門線、都営三田線の神保町も徒歩10分ほどです。

JR中央線、丸ノ内線、千代田線、半蔵門線、都営新宿線、都営三田線の6線が使えるなら都内勤務の方なら、乗り換えなし、もしくは乗り換え1回でアクセスできる方は多いでしょう。

だいぶ話が逸れたので練習に戻します。

<スポンサーリンク>


皇居で練習会をする時のメニューはいろいろ考えています。

皇居というと、ジョグやペース走以外に、スピードを上げて練習する場合に距離が5kmありアップダウンがあるのでインターバルはやりにくいので、1周ごとにペースを上げるビルドアップ走をする方が多いと思います。ただ1周ごとにペースアップするということは、最終周回は余裕のない状態でペースアップすることになります。料金所先の狭い箇所をグループでペースアップしていくのはやはり危ないですし、余裕がない状態だと危険回避もしにくいです。

そこでウルプロ練習会では通常は5km変化走×2本をしていますが、今回は少しアレンジして5kmビルドアップ×2本にしました。

このように走りました。

竹橋手前からスタートして、半蔵門交差点までの狭い箇所は余裕を持ったペースで走ります。そして半蔵門から桜田門先の広場までは歩道は広くなりますが、コースは暗く、歩道に凹凸があるので、少しのペースアップに留めます。そして桜田門を過ぎた広場の時計台あたりからスタート地点までフリーにしました。フリーは各自が安全に頑張れるペースです。

設定は以下の通りです。

A    4’30/km-4’10/km-フリー    24分回し

B    4’50/km-4’30/km-フリー    25分回し

C    5’10/km-4’50/km-フリー    26分回し

D    5’30/km-5’10/km-フリー    27分回し

私はBで走りました。チャレンジsub3.5のメンバーはBに2人、Cに1人、大会後の疲労が溜まっているメンバーはDで走りました。

ほぼ設定通りで走り、フリーは4’00/kmを少し超えるくらいでメンバーを引っ張りました。

これはチャレンジsub3.5メンバーHさんの1kmごとラップです。

1本目

4’53”-4’38”-4’32”-4’13”-4’07″(22’25”)

2本目

4’48”-4’35”-4’35”-4’19”-4’10″(22’29”)

1本目のタイムは5kmのPBです。そのペースで走って2本目もほぼ同じタイムで走ったのだから凄く頑張りました。

もう1人のメンバーは1本目は22’27で、2本目は22’26で走りましたから力がついて来ました。

体験参加の男性もしっかり追い込めたようです。

50歳代の男性メンバーは1本目に5kmのPBで走れたようです。スタート1.5kmほどは遅く入りますが、上り坂ですからここで無理しないことで最後まで余裕を持って走れます。

他のグループのメンバーもそれぞれ頑張りました。

それから竹橋の坂250m程度を2本走りました。スピードを上げる意識より、接地に乗り込む感覚を掴んでもらいます。この距離は結構キツイです。

戻るときはもちろん歩きです。

そう言えば今回気になったのは逆走しているランナーを何人も見かけました。周回してるわけではなく、移動のために逆走したのでしょうが、皇居ランのルールは守りましょう。

5kmビルドアップ×2本→250m坂道ダッシュ×2本してから、スクワット30回、そしてハイニー10秒×6セットをしたのでクタクタでしょう。

週末に白河白川郷100kmや蔵王バーチカル、白馬国際トレイルランなど様々なレースが開催され、メンバーも多数参加したので少し少なめです。

アスリチューン・スピードキュアで素早いリカバリーを目指します。

今回体験参加の方も、練習会後に入会を決めていただきましたが、人柄の良いメンバーのお陰で雰囲気の良い練習会になっています。メンバーに感謝です。

<スポンサーリンク>


また、チャレンジsub3.5メンバーに無償提供するウェアデザインを決めました。


(パンツはウルプロ定番のもので提供品ではありません。)

SUB3.5チャレンジ 募集概要 〜20代から50代の女性が目標達成を目指します〜 3名程度募集します

お問い合わせをいただいた方のうち何人かが検討中ですが、無償ウェアを提供できるのは10枚程度であり、残りわずかです。無償ウェアがなくなった後でも全ての練習会に参加できる通常メンバーは随時募集しています。

お問い合わせはFacebookページのメッセージにてご連絡ください。



皇居ランナーへの調査結果⑤ 〜シャワー施設利用状況〜

前回掲載した皇居ランの不満の中で、暗い、危険、混雑しているなどコースへの不満などに続き多かったのがシャワー施設の混雑です。

<スポンサーリンク>


今回のアンケートで利用しているシャワー施設などを教えていただきました。その一覧がこちらです。

1位 ラフィネランニングスタイル日比谷 18.1%(500円)

2位 ラフィネランニングスタイル神田 16.3%(500円)

3位 JOGLIS 8.1%(750円)

4位 Run  Pit 7.5%(900円)

5位 adidas RUNBASE 5.6%(700円)

6位 MARUNOUCHI Bike&Run 5.0%(900円)

7位 稲荷湯 4.4%(460円)

8位 ランキューブ 4.4%(700円)

9位 バン・ドューシュ 3.1%(460円)

9位 ケッズ重炭酸シャワールーム 3.1%(500円)

また10.6%の方は会社や自宅から走っていると回答しました。

その他、ハイテクタウン、ビームスゴルフ、神田アクアハウス江戸遊、ニューセントラルホテル、銀座湯、アシックスストア東京、日比谷ライド、ティップネス丸の内スタイル、梅の湯、そして宿泊しているホテルなどから走り出しているようです。

予想通りの結果でした。

そして、前回のアンケートでシャワー施設が混雑しているのが皇居ランの不満と答えた方が利用している施設を調べたらほぼ同じ順番になっていました。

では、なぜ混雑して不満なのに、その施設を利用するのかはこちらの結果と関係しているでしょう。

<スポンサーリンク>


これはシャワー施設を選ぶ優先度のアンケートですが、1は利用料金は気にしない、5は安いほうが良いです。大半の方は金額を気にしています。

頻繁に利用するなら私も高い施設は使いたくないです。

利用料金を調べたので、上記の施設名の後に記載しましたが、上位10施設で一番安いのは銭湯の460円で、次は1位、2位のラフィネランニングスタイル、そして9月にグランドオープンした、ケッズ重炭酸シャワールームの500円です。その他は700円だったり900円だったり少し高めです。

またシャワー施設を選ぶ優先度のアンケートではこのような項目でも調べてみました。

1は駅からのアクセス優先で、5は皇居へのアクセス優先です。アンケート結果を見るとあまり気にしていないようです。

1が混雑による入場規制など気にならない。で5は混雑していない施設を選ぶです。当然の結果で説明の必要もありません。ただ、5を選んだ方を個別に見ていくと、混雑している施設を利用しているのです。これは、混んでいない方が良いけど安い料金の方が優先度が高いということです。

私の優先度は明確で確実に入場できることが一番にきます。それは練習を主催する立場としては当たり前ですが、友人と待ち合わせをする方にとっても同様でしょう。その上で清潔感のないシャワールームは嫌ですし利用料金も気になります。

そんな観点で、現在はケッズ重炭酸シャワールームを使い、ウルプロメンバーにも薦めています。利用料金は500円で、複数の駅からのアクセスもよく、グランドオープン間も無いので知名度が低く空いています。さらに普通の温水シャワーでなく、重炭酸シャワーですからコストパフォーマンスは最強です。

私はサプリメントなど自分の気に入ったモノしか紹介したくありませんが、シャワー施設も同様です。ケッズ重炭酸シャワールームはオススメです。

最後にシャワールームの不満や改善して欲しいことなどたくさん回答をいただいたのでお知らせします。施設の経営者や管理者にぜひ届いて欲しい内容です。

<スポンサーリンク>


同様な回答が多いのでそれらはまとめます。

入れないことがある。待ち時間が長い。

・混雑による入場規制は困る。
・早く行くと混むので更に早く行くか遅く行くかにしてます。
・時間帯によって混雑や待ち時間が気になる。

更衣スペース

・ロッカーが狭く、バッグなど外に置かざるをえないときがある。
・シャワースペースの前に着替置場が欲しい。
・シャワールームと脱衣場の間にカーテンなどの仕切りがあるとよい。
・ロッカー数の割に更衣スペースが狭い

シャワーブース

・ロッカー数にくらべてシャワー数が少ない
・行ったら入れないとか、シャワー待ちが長いのが不満。
・混雑するとシャワー行列
・施設に常備しているシャンプーやリンスを良いものにしてもらいたいです。

パウダーペース

・女子の場合はドライヤーの場所とメイクする場所をわけてほしい
・ドライヤーの数が少ない
・アメニティーの質や充実感。

清潔感

・利用時間中もこまめに清掃してほしい。
・床がビショビショに濡れていると残念です
・更衣室の美化、混雑時こそ清掃してほしい。

顧客マナー

・丁寧に使えない人が多い。洗面台に水が跳ねっぱなし、髪の毛が落ちっぱなし、後に使う人のことを考えていない人が多い。
・シャワー室、洗面台が抜け毛で汚いです。使った人がきれいにすべきと思います。
・更衣室でロッカーまでシューズを持ってきて床にそのまま置く更衣をするランナーがいること。
・床の清潔さ。髪の毛落ちてると気になります。

営業時間

・休日の終了時間が早い。
・平日の終了時間をもう少し伸ばして欲しい。

スタッフ対応

・混雑時の受付のスピードを上げてもらえると有難い
・店員がイマイチで同時刻に入場した客とロッカーが真横で着替えにくい

利用料金が高い

・サービスは無くていいので料金を安く(500円以下)にし、ロッカーやシャワーを増やして欲しい。無人(スタッフが常駐しない)の24時間ジムがあるのだから24時間ランステもできないものでしょうか。
・値段が高い、銭湯レベル(460円)にしてほしい
・立地が良いと高い
・皇居周辺ランステの価格統一。銭湯価格プラス90円の550円くらいに。

物理的に施設を大きくしたり、ロッカーを大きくすることはできないと思いますし、料金にしてもギリギリで運営しているので価格を下げるのも難しいと思います。ただ出来ることはいくつもあると思います。私自身、さほど混んでいない時に、一緒に入った方のロッカーが横だったり上下だったりすると唖然とします。このスタッフ何も考えていないと。。

次回はもう少しシャワー施設について分析してみます。

例えば、ロッカー数のわりにシャワー数が少なければ、シャワー待ちが長くなるのは当然ですから、その辺りをわかる範囲で調べてみます。またアクセスなども調べてみます。



皇居ランナーへの調査結果④ 〜皇居ランの魅力と不満〜

<スポンサーリンク>


次は皇居ランの魅力の回答をまとめてみました。

魅力はたくさんあると思いますが、一番の魅力は何か?への回答です。

なんと3分の2の方が、信号がなく起伏があるなどコースの素晴らしさに投票しています。

前回に掲載した危険箇所を把握して、安全に走れる練習メニューにすれば素晴らしいコースなのです。

2番目、3番目に多い回答は、交通アクセス、交番が多いから安心の順になっています。

その他の回答としてはこちらです。

1周5キロが良いや、景色と適度なアップダウンがある、観光ランができるなどは、1位と同じコースの魅力ですが、その他目立ったのが次の回答です。

・仲間に会える。

・みんな走ってるのでモチベーションが上がる。

・ランスカ姿など素敵な女性も多くヤル気になる。

・たくさんの人が走っていて刺激をもらえる

・ランナーにとって有名な場所だから

・サポートが無くても給水が可能

一人で走りに行っても仲間に会えたり、頑張っているランナーを見ると刺激になるという意見が多くありました。

私自身も過去を振り返って見ると、約束しなくても皇居にいけば仲間に会えたりしてモチベーションが上がりました。一緒に走らなくても近くで仲間が頑張っていると思うだけで元気になりました。

自宅から数キロのところにほぼ貸切で使えるタータンの競技場を一人で走っていてもモチベーションが上がらないのであまり使っていません。自宅から遠い織田フィールドは混雑していますが、頑張っているランナーが多くテンションが上がり程よい緊張感の中で走れるから利用するのと同じことです。

今は皇居を走っていても知り合いにはほとんど合わなくなりましたが、たまに会って声をかけられるとやはし嬉しいです。

もちろん、走りに集中したいから知り合いがいない場所が良いという方もいるでしょう。

<スポンサーリンク>


逆に皇居ランの不満についての回答です。

1位 暗い箇所や危ない箇所 38.2%

2位 混雑している 32.5%

3位 シャワー施設の混雑 13.4%

 

その他、自宅から遠いとか、上記3位までの理由とほぼ同じのを除くとこのような回答がありました。

・信号の無い5キロの歩道のある道なら地元に沢山ある

・自販機がない

・途中の距離が分からない(GPS時計が無いので)

・仲間と喋りながら広がって走っている人が多いこと。

・マナーが悪いランナーもいる事

・路面が滑りやすい

・夏場は陽射しを遮るところが少ない

3、4年ほど前だと思いますが、大手門あたりの路面を補修して非常に滑りやすくなりましたが、その後改修されて今は雨が降ってもさほど滑りやすい箇所はなくなりました。もちろんシューズによっては滑りますから雨天時や雨天後のシューズは考えた方が良いでしょう。

さて、上位1位の暗い箇所や危ない箇所については、既に書いているので飛ばします。2位の混雑しているについては、5年ほど前と比較するとかなり混雑は解消されたと思います。もちろんどの程度のランナー密度になると不満になるのかは人それぞれですが、私はジョグや変化走を中心に走っているのでストレスはあまりありません。またとんでもないマナーのランナーも減ってきたと感じています。

3位の『シャワー施設が混雑している』もランナーにとっては不満になります。特に友人と待ち合わせをしていたり、決まった時間に開始される練習会に参加するときに、シャワー施設が満員で入れないとなると大問題です。また練習を終えてシャワー施設に戻りシャワーを浴びようと思ってもシャワーが少なく裸のランナーが行列になっているのも嫌です。女性だとドライヤーの数やメイクするスペースも大事な点でしょう。

<スポンサーリンク>


シャワー施設の不満や改善して欲しいことは別にまとめますが、今回の皇居ランの不満に関しては、ランナー自身で対応可能なことが結構あります。

例えば

暗いとか危険→ライトを持ちましょう。危険箇所を把握しておきましょう。

混雑している→以前より緩和してます。また皇居に適した練習メニューにしましょう。

シャワー施設の混雑→空いている施設はあります。調べましょう。

次は、皇居ランナーがどのようなシャワー施設を使用しているかなどの回答や不満などを紹介します。

 



身体のケアに行きたいけど時間がないという方へ  〜朝7時営業開始のスポーツマッサージ〜

速くなりたい。長い距離を走れるようになりたい。目標達成したい。と一生懸命、練習したのにケアを怠ったことからしばらく走れなくなるような故障をしたら残念で仕方がありません。

<スポンサーリンク>


以前、週2時間 週25キロで目標達成する練習 という記事を書きましたが、仕事が忙しくて平日は1時間の練習時間を確保するのが精一杯というランナーはたくさんいます。

私も、損害保険会社勤務時はそのような時期が続きました。

練習時間は作るもの。

という方もいますが、職場によっては本人の努力だけではどうにもならないことは多々あります。

当時の私は平日ほぼ毎日深夜帰宅になるから睡眠時間を確保するのが精一杯で練習はほぼ出来ない。週末も自宅で仕事をしたり休日出勤したりでしたが、平日走れない分、まとめて走ったりしていました。

当時の経験から週2回練習出来れば走力維持はできますが、週1回だとかなり厳しいと思います。

また、困ったのが身体のケアに行く時間が中々作れないのです。

夜9時とか10時とかなら無理すれば行けましたが、そんな時間までやっているスポーツマッサージは少なく、また予約できる時間だと、予約しても行けるか分からないから予約しにくく、早く仕事が終える見通しがたったら電話するという感じでした。でも当日だと予約は難しかった記憶あります。

<スポンサーリンク>


その頃、出勤前に行けるスポーツマッサージがあれば良いなーと思っていましたが、9月からケッズスポーツマッサージ 神田小川町 は朝7時からの診療開始となります。

朝7時から診療していれば、ケアしてからでも勤務先の始業時間に間に合う方もいると思います。

故障リスク軽減には、痛みが出たらすぐに止める にも書いていますが、痛みが出たらそのまま我慢して練習を再開しないで、まず痛みが出なくなるまで休む。そしてなぜ痛みが出たかを考えて再発防止策を講じることで故障リスクは減ります。

私は痛みが出たらスポーツマッサージや整骨院に行くのではなく、平時から定期的に同じ担当者に診てもらってます。なぜ同じ担当者に診てもらっているかと言えば私の身体の良い時と、悪い時を知っているからです。担当者と私の指標がほぼ同じなので、故障寸前なのかどうかも分かりやすいです。

ケッズスポーツマッサージに限らず、自宅や会社近くの通いやすい場所で良いので信頼できる施設を見つけてください。大きな力になります。

ケッズスポーツマッサージは完全予約制になっているので、まずは予約してください。

ウルトラランナーへの道を見たと予約時にお伝えいただければ初診料はかかりません。

9月1日からの診療時間

7:00から21:00(土日祭   20:00)

<スポンサーリンク>


また、合わせて併設の炭酸シャワールーム(ランナーステーション)は6時30分から営業開始になります。

こちらは出勤前の皇居ランや、通勤ランしてからのシャワーなど活用出来ます。

以前書いた記事ですが合わせてお読みください。

ケッズ炭酸シャワールームから皇居までの道のりとコース案内 〜皇居まで〜

ランステとして、シャワーやロッカーが1回500円で使えますが、それ自体は他のランステと大差ありませんが、シャワーが炭酸シャワーなのです。

炭酸タブレットは通常購入すると、1個あたり100円程度の金額になりますが、そのタブレットが受付時にもらえます。

そして炭酸タブレットをシャワーヘッドにセットして使います。

使ったら、その場で肌や髪の状態が変わるのを感じることが出来ます。美容室でやっていただく炭酸ヘッドスパと同じような感じと話したら女性は分かりやすいかもしれませんね。

 

肌も髪も汗びっしょりになるこの時期、体験してみてください。