カテゴリー別アーカイブ: 富士登山競走

富士登山競走-攻略法⑤〜五合目コースで1時間50分切るために

<スポンサーリンク>


富士登山競走 攻略法①〜ブロック別完走率〜では、Aブロック、Bブロック、Cブロックなどの決まり方や、そのブロックごとの完走率などについて紹介しました。

富士登山競走 攻略法② 〜制限時間4時間30分の境界線ランナーの歩み〜では、制限時間4時間30分の山頂コースで制限時間5分前からギリギリ完走した選手について、どのようなペースで走ったのかについて分析しました。

富士登山競走-攻略法③-〜上位100人の走り 3時間28分39秒まで〜では、2015年の上位100人の走りを分析しまし、区間タイムについて調べてみました。
富士登山競走-攻略法④〜馬返し通過タイムとゴールタイム・完走率の比較〜では、スタートしてロード区間が終わる馬返しまでのタイムを調べて、フィニッシュタイムや完走率などを分析してみました。これは馬返しまでどのくらいのタイムで走れば完走できるのか?などの目安にもなります。

<スポンサーリンク>


上記リンクの通り、①から④まで山頂コースについて書きましたが、今回は五合目コースについて書きます。

まず2015年の五合目コースには1198人が参加して1175人が制限時間内完走しました。制限時間が異常に高いのは制限時間が3時間30分とかなり甘いからです。

しかし、山頂コースへのエントリー資格は毎年厳しくなっていますが、現在は五合目まで2時間20分以内です。

このタイムをクリアした人数は、533人と参加者の半分以下です。

さらに山頂コースのAブロックスタートで走るためのタイムは現在は1時間50分以内と言われていますが、2015年の五合目コースでこのタイムをクリアしたのは83人とかなり選ばれたランナーになります。

次に五合目コースの計測地点は、馬返しと五合目ゴールの2箇所ですが、その通過タイムを分析すると面白いことが分かりました。

ゴールタイムに占める馬返しまでのタイム比率

〜1時間50分以内    54.2%

〜2時間10分以内    53.4%

〜2時間20分以内    53.0%

〜3時間30分以内    52.2%

完走者平均    52.7%

加重平均値ではありますが、トップランナーも制限時間ギリギリのランナーもほぼ馬返しまでは半分少しで走り、馬返しからは半分弱で走っています。

1時間50分以内で走るには、平均で54.2%かかっているので、計算すると馬返しまで59分37秒でした。

馬返しで1時間超えて、五合目で1時間50分切ったのは83人中5人で、もっとも遅いランナーは、1時間03分13秒で3人は1時間00分台です。

Aブロックを狙うなら1時間は切りたいところです。

<スポンサーリンク>


スタートから馬返しまでは10.8キロの舗装路ですが、標高差が680mあります。

ハセツネ30kの最初のロード10キロは標高差345mでしたが、優勝した上田瑠偉選手は36’32で走りました。

img_7014.jpg

これより距離が長く、標高差が2倍近くあるのだからかなりキツイコースです。2015年に優勝したランナーでさえ馬返し通過は45’45秒です。

かなり感覚的な話になりますが、このくらいの距離であれば、標高差に40%掛けて、その数値100mあたり、距離が1km伸びると考えたらロードの力により狙えるタイムが見えてくると思います。

こんな計算式になります。

10.8km+(680×0.4÷100)=13.5

フラットなコースなら13.5km走るのと同じくらい時間がかかるという仮定です。

1位の選手の45’45は、10キロ33’58で余裕を持って馬返しを通過できるくらいの力が必要と仮定しました。馬返しでレースが終わるならこの90%くらいで走れるのでしょう。

そのように仮定すると1時間50分で五合目を走るには馬返しを59分30秒程度で通過。この59分30秒のスピードが90%の力とするなら、10キロ39分台の力が必要ということになります。

適当な数値で仮定していますが、仲間のタイムなどを見る限り10キロ39分台の力は必要と感じました。

同様に五合目を2時間20分以内でゴールするには、馬返しまで1時間14分12秒です。このタイムで余裕を持って通過するには、10キロ49分台の力が必要と出ましたが、これも感覚的には大きくは狂っていません。

自分の10キロタイム×1.1倍 ×1.35=馬返しまでのタイム

馬返しまでのタイムを53%で割り戻すと五合目コースのタイムに近い数値が出るような気がします。

例えば私が今10kmを走ると39分くらいだと思いますが、その数値で計算すると

39×1.1×1.35=57’55

57’55÷53%=1時間49分14秒

ギリギリAブロックの資格が取れるかどうかの苦しいレースになりそうです。もちろん馬返しからのトレイル区間の適性や標高への適性も影響してきますが、大きくは狂っていないと思います。

例えば10km29分のランナーなら

29×1.1×1.35=43’03

43’03÷53%=1時間21分15秒

更に10km28分のランナーなら

28×1.1×1.35=41’34

41’34÷53%=1時間18分27秒

トレイル区間の適性がないとして計算してますが、あるなら5分くらいは短縮できるでしょう。

 

*上記数値は私の手計算ですので多少誤りがあるかもしれませんので、参考程度に考えてください。



富士登山競走-攻略法④〜馬返し通過タイムとゴールタイム・完走率の比較〜


2015年男子5位の大瀬和文選手(サロモンアスリート)

<スポンサーリンク>


富士登山競走 攻略法①〜ブロック別完走率〜では、Aブロック、Bブロック、Cブロックなどの決まり方や、そのブロックごとの完走率などについて紹介しました。

富士登山競走 攻略法② 〜制限時間4時間30分の境界線ランナーの歩み〜では、制限時間4時間30分の山頂コースで制限時間5分前からギリギリ完走した選手について、どのようなペースで走ったのかについて分析しました。

富士登山競走-攻略法③-〜上位100人の走り 3時間28分39秒まで〜では、2015年の上位100人の走りを分析しまし、区間タイムについて調べてみました。

今回はスタートしてロード区間が終わる馬返しまでのタイムを調べて、フィニッシュタイムや完走率などを分析してみました。

これは馬返しまでどのくらいのタイムで走れば完走できるのか?などの目安にもなります。

スタート〜馬返し 10.8キロ 標高差 680m

馬返し〜五合目 4.2キロ 標高差 780m

五合目〜八合目 3.8キロ 標高差 1170m

八合目〜Finish 2.2キロ 標高差 370m

 

<スポンサーリンク>


もう少し細分化してボリュームゾーンは2分ごとにしようかと思いましたが、まずはイメージだけでも掴んでもらうために5分単位で分析してみました。

50分未満

通過者    13人    完走者    13人    完走率    100%

馬返し通過平均タイム    48分45秒

完走者平均タイム    2時間58分55秒

最速ランナー    2時間45分56分

最遅ランナー    3時間27分26秒

3時間を切るには馬返し通過で50分切りが目安になりそうです。

 

50分以上55分未満

通過者    63人    完走者    61人    完走率    96.8%

馬返し通過平均タイム    52分59秒

完走者平均タイム    3時間20分28秒

最速ランナー    2時間54分58秒

最遅ランナー    3時間47分49秒

サブ3.5を目指すなら馬返し通過は55分以内で通過したいと感じました。

 

55分以上60分未満

通過者    209人    完走者    204人    完走率    97.6%

馬返し通過平均タイム    57分47秒

完走者平均タイム 3時間41分30秒

最速ランナー    3時間13分29秒

最遅ランナー    4時間20分台もいます。

1時間以内で通過すると3時間40-50分くらいでフィニッシュできそうです。

 

60分以上65分未満

通過者    486人    完走者    449人    完走率    92.4%

馬返し通過平均タイム    1時間02分43秒

完走者平均タイム    4時間03分31秒

最速ランナー    3時間31分57秒

最遅ランナー    4時間20分台もいます。

4時間以内でフィニッシュを目指すには65分以内が目安になりそうです。また65分以内で通過出来ると完走率は9割以上とかなり高い確率になります。

 

65分以上70分未満

通過者    616人    完走者    405人    完走率    65.7%

馬返し通過平均タイム    1時間07分31秒

完走者平均タイム       4時間19分14秒

最速ランナー    3時間48分06秒

最遅ランナー    4時間20分台もいます。

この辺りになると完走率は徐々に落ちてきます。65分から70分の間が、完走出来るかどうかの境目がありそうです。

 

70分以上75分未満

通過者    472人    完走者    104人    完走率    21.2%

馬返し通過平均タイム    1時間12分19秒

完走者平均タイム 4時間23分44秒

最速ランナー    3時間53分04秒

最遅ランナー    4時間20分台もいます。

70分を超えると一気に完走率は下がります。

 

75分以上80分未満

通過者    281人    完走者    8人    完走率    2.8%

馬返し通過平均タイム    1時間17分06秒

完走者平均タイム    4時間27分43秒

完走者は全員制限時間10分以内です。逆に馬返しを75分以上かけて通過して完走するのは凄いことです。ただこの8人も五合目は一番遅くても2時間18分19秒で通過しています。

 

80分以上

通過者    171人    完走者   0人    完走率    0.0%

馬返し通過平均タイム    1時間25分16秒

完走者平均タイム    なし

 

馬返し関門未通過

5人

80分以上かかると完走は難しいようです。

<スポンサーリンク>


今回分析してみて分かったのは、馬返しを70分以内で通過できればかなりの確率で完走できます。完走を目指すのであれば、馬返しまで70分以内で余裕を持って通過すれば、そこから渋滞しても止まらなければ制限時間に間に合いそうです。一般に馬返しまでは飛ばさなければいけないと馬返しでレースが終わるくらいのペースで走るランナーもいるようですが、それ以降立ち止まる時間が増えてくると完走は難しいでしょう。そんなことが今回の分析で見えてきました。

 

*上記数値は私の手計算ですので多少誤りがあるかもしれませんので、参考程度に考えてください。



富士登山競走-攻略法③-〜上位100人の走り 3時間28分39秒まで〜

<スポンサーリンク>



富士登山競走 攻略法〜ブロック別完走率〜では、Aブロック、Bブロック、Cブロックなどの決まり方や、そのブロックごとの完走率などについて紹介しました。

富士登山競走 攻略法② 〜制限時間4時間30分の境界線ランナーの歩み〜では、制限時間4時間30分の山頂コースで制限時間5分前からギリギリ完走した選手について、どのようなペースで走ったのかについて分析しました。

今回は2015年の上位100人の走りを分析します。

ちなみに上位100人に女子選手が3人入っています。

31位    3時間13分39秒

62位    3時間22分29秒

95位    3時間28分08秒

また、2時間台は優勝した松本翔選手以下、13位の選手までです。サブ3選手の分析も合わせて行いますが、まずは100人の区間タイムについて調べてみました。

スタート〜馬返し    10.8キロ    標高差    680m

馬返し〜五合目    4.2キロ    標高差    780m

五合目〜八合目    3.8キロ    標高差    1170m

八合目〜Finish    2.2キロ    標高差    370m

<スポンサーリンク>


まず100人の区間タイムタイムを加重平均してみました。

スタート〜馬返し    54分01秒

馬返し〜五合目    45分17秒

五合目〜八合目    1時間12分38秒

八合目〜Finish    24分14秒

ゴールタイム    3時間16分09秒

上位100人の平均タイムは3時間16分09秒ですから、3時間15分切りを目指す選手ならこの区間タイムを参考にした上で、自分の特性に合わせて調整したら良いと思います。合わせて区間タイムとフィニッシュタイムの比率を調べてみました。

27.5%-23.1%-37.0%-12.4%

昨日分析した制限時間ラスト5分の216人の平均値と大きくは変わらず、スタートから五合目までと、五合目から山頂までは同じようなタイムになるという経験則はこのレベルでも生きています。

ただ制限時間ギリギリのランナーは五合目まで約49%で、そこから山頂までが51%したが、上位100人は五合目までが50.6%で、山頂までは49.4%と少し違いますが、これは単純に五合目からの登山道の混雑の差でしょう。2015年に八合目辺りで応援していましたが、前の選手を抜くにはかなりスピード差がないと難しいと思いました。

また、ざっくり

2強:2弱:3:1

となっています。

<スポンサーリンク>


おまけでサブ3の13人だけで分析しました。

まず13人の区間タイムタイムを加重平均してみました。

スタート〜馬返し    49分17秒

馬返し〜五合目    39分46秒

五合目〜八合目    1時間03分53秒

八合目〜Finish    21分34秒

ゴールタイム 2時間54分30秒

同様に区間タイムとフィニッシュタイムの比率を調べてみました。

28.2%-22.8%-36.6%-12.4%

五合目までは51%で、そこから山頂までは49%ですから大きく変わりませんが、馬返しまでのタイム比率は上位に行けば行くだけ高くなります。これは馬返しからの混雑による影響でしょう。混雑と無縁のトップ選手は結果的に馬返しまでの比率が高くなります。

数字を見ていて少し驚いたことがあります。

それは12位の2時間59分55秒でゴールした選手のゼッケンは2579とCブロックなのです。もしかするとエントリーミスなどの間違いで、違うゼッケン番号が振られたのかもしれませんが、この年のCブロックの完走率は19.6%で、そもそもCブロックは前年以前に五合目まで2時間10分以上かかっているランナーが3時間を切るのは信じがたい。

そこで2014年はどのくらいで走ったのか結果を調べたら2時間57分46秒で、6位でした!!その際のゼッケンも通常ならCブロックの番号でした。

それ以前も3時間ちょいで走っているのだから、何かの枠でブロックはCではないのでしょう。

通常なら富士山ゼッケンですからね。

*上記数値は私の手計算ですので多少誤りがあるかもしれませんので、参考程度に考えてください。



富士登山競走 攻略法② 〜制限時間4時間30分の境界線ランナーの歩み〜

今やアスリチューン・サポートランナーの牛田美樹選手を初めて見たのは、2015年富士登山競走でした。その後アスリチューンを使い始めて、2015年、2016年JSA年間チャンピオンになりました。今年も既に優勝するなど頑張っています。

<スポンサーリンク>


さて、富士登山競走 攻略法〜ブロック別完走率〜では、Aブロック、Bブロック、Cブロックなどの決まり方や、そのブロックごとの完走率などについて紹介しました。

今回は、制限時間4時間30分の山頂コースで制限時間5分前からギリギリ完走した選手について、どのようなペースで走ったのかについて分析しました。

まず、4時間25分02秒から4時間29分59秒までの5分弱になんと216人の選手がゴールしました。

その影で、4時間30分01秒で完走にならなかった選手もいます。完走にならなかった選手の軌跡についても別に分析します。

<スポンサーリンク>


216人の区間タイムについて調べてみました。

スタート〜馬返し    10.8キロ    標高差    680m

馬返し〜五合目    4.2キロ    標高差    780m

五合目〜八合目    3.8キロ    標高差    1170m

八合目〜Finish    2.2キロ    標高差    370m

 

まず216人の区間タイムタイムを加重平均してみました。

スタート〜馬返し    1時間08分40秒

馬返し〜五合目    1時間03分03秒

五合目〜八合目    1時間42分20秒

八合目〜Finish    0時間33分41秒

ゴールタイム    4時間27分43秒

 

これは4時間25分から4時間30分までのランナーの加重平均だから、ゴールタイムの平均が4時間27分30秒前後になるのは当然ですが、区間タイムとゴールタイムの比率を調べてみました。

25.6%-23.5%-38.2%-12.6%

 

富士登山競走ではスタートから五合目までと、五合目から山頂までは同じようなタイムになるという経験則がありますが、216人の平均値では、49%-51%と経験則は正しいことが実証されました。

また、馬返しまでと馬返しから五合目までのタイムもほぼ同じようなタイムになっています。

ざっくりのイメージですが、制限時間ギリギリの層では


2:2:3:1

 

と考えれば大きな乖離はなさそうです。

<スポンサーリンク>


また最も遅かった選手は、すなわち完走の境界線はこんな感じです。

馬返し通過    1時間16分24秒

→この選手は4時間29分06秒で1202位

五合目通過     2時間16分50秒

→この選手は4時間27分06秒で1099位

八合目通過    3時間58分23秒

→この選手は4時間28分06秒で1157位

Finish    4時間29分59秒

→この選手は1244位で完走者最下位

このあたりのランナーは五合目からは渋滞が激しく、前のランナーが抜けない。という声をよく聞きます。

しかし、馬返しまではロードですが、10.8キロで標高差が680mですから、山北駅の2キロ先くらいから万葉公園までをイメージすると、ここを1時間16分24秒は決して遅くはありません。私自身、ちょっと気を抜いて走るとこのくらいかかるような気がします。どのくらいで走れるか今度試しに行ってきます。

今回書いた制限時間4時間30分の境界線については、もう少し掘り下げて見ます。

*数値は私の手計算ですので多少誤りがあるかもしれませんので、参考程度に考えてください。



富士登山競走  攻略法① 〜ブロック別完走率〜

私は五合目コースも走ってませんが、上位入賞者を含めて経験豊富な参加者から話を聞いて、トップレベルから山頂コース完走を目指すレベルまで、全ての参加者の役にたつページを作ります。

<スポンサーリンク>


富士登山競走チャレンジページ

は現在のところ、トップランナーに焦点をあてた記事のみですが、ここに順次加えていきます。

まず、富士登山競走において非常に重要な要素がゼッケンです。ゼッケンによりブロックが決められますが、後方のブロックだと山区間に入ってから前のランナーを抜くのが難しく体力はあるのに、思うように前に進めないまま関門に間に合わない。といったことが起こります。

<スポンサーリンク>


ブロックは大きく4つに分かれます。

招待・エリート

男子    1-100番    女子    3001-3100番

Aブロック    五合目1時間50分以内

男子    101-500番    女子    3101-3200番

Bブロック    五合目2時間10分以内

男子    501-2000番    女子    3201-3300番

Cブロック    それ以外

男子    2001番以降    女子    3301番以降

(*基準タイムは変わる可能性はあります。)

 
2016年は五合目打ち切りだったので、2015年のデータを大会ページに掲載している記録を分析して、参加者が“こんなデータが欲しかった!”という記事を書いて行こうと思います。

<スポンサーリンク>


まず簡単なデータから

ブロック別の完走率です。

招待・エリート

男子    45人中    完走者    28人

女子    16人中    完走者    8人

合計    61人中    完走者    36人    

完走率    59.0%

Aブロック

男子    261人中    完走者    240人

女子    1人中    完走者    0人

合計    262人中    完走者    240人    

完走率    91.6%

Bブロック

男子    1322人中    完走者     841人

女子    39人中    完走者    28人

合計    1361人中    完走者    869人 

 完走率    63.9%

Cブロック

男子    553人中    完走者    89人

女子    79人中    完走者    10人

合計    632人中    完走者    99人  

完走率    15.7%

総合計

男子    2181人中    完走者    1198人

女子    135人中    完走者    46人

合計    2316人中    完走者    1244人    

完走率    53.7%


 
これを見る限り、Cブロックの完走率は極めて低いことが分かります。Aブロックスタートだと91.6%の完走率ですから、今年五合目にチャレンジする方は1時間50分以内を狙っていただき、翌年以降のAブロックを目指してください。

次回から、例えば制限時間ギリギリでゴールするための区間タイムなどや、サブ3やサブ4するにはどのくらいのペースが必要かなどを調べて掲載していきます。

ご期待ください。

*数値は私の手計算ですので多少誤りがあるかもしれませんので、参考程度に考えてください。