カテゴリー別アーカイブ: 箱根駅伝

箱根駅伝6区山下りでもNIKEシューズ躍進

今年の箱根駅伝はナイキヴェイパーフライ4%が席巻しましたが、5区、6区の山区間は少ないのだろうと思っていました。

昨年このような記事を書きました。

箱根駅伝でヴェイパーフライは強烈な結果を残したのか?

その記事の中で藤原商会さんが調べたシューズ一覧のリンクを紹介しました。

<スポンサーリンク>


その一覧表によると2018年箱根駅伝の6区のシューズメーカーはこんな感じでした。

アシックス 8人

ミズノ 5人

ナイキ(ヴェイパーフライ4%) 4人

ナイキ(ストリークなど薄いソール) 2人

アディダス 1人

ニューバランス 1人

アシックスとミズノの国産2メーカーを合わせると13人で61.9%を占有していました。

今年はナイキが多いと感じて、スロー再生して調べてみました。

解像度がさほど高くないテレビなので、少し分かりにくいのはありましたが、23人のシューズ内訳はこのような感じでした。

ナイキ(ヴェイパーフライ4%) 7人

ナイキ(ズームフライかヴェイパーフライか不明) 3人

アシックス 4人

ミズノ 4人

ニューバランス 3人

アディダス  2人

ヴェイパーフライかどうか不明なシューズもいわゆる厚底でしたが、ナイキは10人と昨年の6人から一気にジャンプアップです。

またニューバランスも昨年の1人から3人に増加

アディダスは1人から2人に増加

結果、海外メーカーが8人から15人に増えました。

その分国内メーカーは13人から8人に減少しました。

アシックス 8人→4人

ミズノ 5人→4人

今年は出場校が2チーム増えてる中で、国内メーカーが5人減らしてるのはかなり切実なことだと思います。(東海大は4月以降ウエアもミズノからナイキに変わるという報道がありました。)

<スポンサーリンク>


6区の下り区間はキツイカーブもあり、年によっては凍結により滑りやすい路面もあるので、厚底でグリップの良くないヴェイパーフライ4%を履くリスクは結構高いと思いますが、履いた選手はそれ以上のメリットを感じたのでしょう。

まず自動車で下りのカーブを走る時に、車高の高いミニバンより、地面に張り付くようなスポーツカーの方が安全にハイスピードで曲がれます。ランニングシューズでも同じことが言えて重心が高いと不安定になります。ヴェイパーフライ4%はミッドソールが柔らかいので沈み込みも大きくキロ3分よりはるかに速いスピードでカーブを曲がるのはかなり怖いと思います。ちょっとしたズレで足首の捻挫リスクは増大します。

また、今回は穏やかな天気で路面凍結はなかったと思いますが、このようなグリップの弱そうなソールですから下りでカーブのあるコースではかなり神経を使います。

そのようなリスクがあってもヴェイパーフライ4%(ズームフライ)を使った選手は、脚にかかる衝撃を抑えることを重視したのでしょう。スピードに関わらず下りを走ると衝撃は大きくなりますが、物凄いスピードで駆け下りる6区の選手の脚は走り終わったあとはぼろぼろになると言われてます。ヴェイパーフライ4%を履いたことがある方なら分かると思いますが、ヴェイパーフライ4%から他のシューズに履き替えた瞬間に凄く硬く感じてしまうほど衝撃吸収と反発力があります。

現場で見てませんが、選手も指導者もヴェイパーフライ4%を6区で履くリスクを分かった上で、コーナーではスピードを落として足首を捻るリスクを小さくするなどして、足を温存して走ったのではないでしょうか。

傾斜が緩くなりキツくなるラスト3kmあたりでテレビ解説者が、この辺りをこんな余裕ある表情で走っている選手は初めてみました。と東洋大か東海大の選手を見て話していましたが、序盤からハイペースながら終盤まで脚を残すことができたのもこのシューズを履くメリットなのでしょう。

NIKEのオフィシャルLINEにこのような投稿がありました。(こちらはそのキャプチャーです。)

全区間合計すると230人中95人ですから41.3%です。この中には5区を中心にヴェイパーフライ4%ではないシューズも含まれていますが、大半は昨年9月以降に販売されたヴェイパーフライ4%フライニットでした。

この鮮やかなカラーがテレビ画面に何度も写っていました。

<スポンサーリンク>


ただ、6区の区間賞(区間新記録)はアディダスを履いた青山学院大の小野田選手です。

青山学院大は東海大に3分41秒差の総合2位と連覇は終わりましたが、やはり強かったです。復路は区間1位が3人、区間2位が2人です。

3区で1位に立つも、4区、5区とも区間賞から3分以上遅れたため、往路優勝の東洋大に5分30秒差でスタートするという厳しい状況でしたが、復路で東洋大を抜き、2分13秒差をつけているのです。今回は東海大が凄かっただけです。

今年の好記録連発にはヴェイパーフライ4%効果が大きいと言われていますが、アディダスを履いた青山学院大選手が区間賞を3人(うち2人は区間新記録)とっている(4人中1人はナイキ)ことを考えると、それだけではなく気象条件にも恵まれ、何より選手が頑張ったのでしょう。

今年の東海大の総合タイム10時間52分09秒は大会記録です。

コースの一部が変わったことで変更前のタイムは参考記録になりましたが、2015年神野選手らが走った青山学院大の10時間49分27秒や、2012年設楽兄弟や柏原選手が走った東洋大の10時間51分36秒に匹敵するタイムです。今年はエース關選手が故障明けで参加しなかったことを考えるとほんと層が厚く来年も楽しみです。

また、今では11時間を切らないと優勝は中々厳しくなっていますが、初めて11時間を切ったのは1994年の山梨学院大の10時間59分13秒で25年前のことです。当時はステファン・マヤカ選手や尾形選手らを擁して区間賞4人、2位5人、3位1人でした。2位早稲田大は1区から渡辺康幸(区間新)-花田勝彦(区間3位)-小林雅幸(区間4位)-武井隆次(区間1位)らと続くも凄いメンバーで、タイムは11時間03分42秒でした。今回の東海大のタイムは当時としては驚異的なタイムであった山梨学院大のタイムを7分以上更新しているのです。7分というとキロ3分で走る箱根駅伝では2.3kmの差になります。

ランニングシューズは進化していますが、それを履く選手が努力して結果に結びつけたのはいうまでもありません。

また、ある大学は前日カーボローディングおよび当日スタート前にモルテンドリンクを使っていると関係者から聞きましたが、その大学だけではなく、使っている選手は少なくないと思います。

そのモルテンドリンクのプレゼント企画は1月7日までです。

モルテンドリンクを300名に合計900袋プレゼント〜ケッズトレーナー創業25周年記念企画〜

 



箱根駅伝5区でヴェイパーフライがゼロだった理由を考える

 

今日アップしたこちらの記事に続きます。

箱根駅伝でヴェイパーフライは強烈な結果を残したのか?

<スポンサーリンク>


もう一つ私が着目したのは、5区でヴェイパーフライを履いてる選手が一人もいなかったことです。

東洋大5区の田中選手もヴェイパーフライを履いていたと私は思い込んでいましたが、さすが藤原商会さんのシューズを見る目は違うと思いました。

NIKE社のプロモーションを考えれば東洋大の全ての選手に履いて欲しいでしょうが、5区と6区の選手がヴェイパーフライではなくNIKEストリーク6を履いていた理由はこの区間に合わないと大学側が判断したのでしょう。ただ6区では他の4大学が履いているので、6区に関しては単に東洋大学の今西選手が合わなかったのかもしれません。

全区間で40人が履いていたにも関わらず5区は誰も履いていないのはヴェイパーフライが登り区間には向かないシューズだったのでしょうか?

この点に関して私は2つの点からヴェイパーフライは5区に向かないと5区に入る前の区間から感じていました。

そう思っていたので、東洋大の田中選手が後続から差を詰められるのを見てやはりヴェイパーフライは向かないと思いました。(上で書いたようにそもそもヴェイパーフライを履いていませんでした。)

1つ目の理由は、ヴェイパーフライに限定しませんが、緩い傾斜ならまだしも急な上り傾斜の場合、厚いソールは走りにくいと感じています。上りは平地に比べて地面が近くなるので、そもそも詰まりやすくなりますが、ソールが厚いと更に詰まりやすくなります。まだヴェイパーフライは2回しか履いていませんが、接地までにある程度のストロークを持って真上から地面を踏みつけるような走りでないとシューズ特性を活かせないように感じてます。5区のようなきつい登りであればソールが薄めのシューズの方が走りやすいです。

<スポンサーリンク>


2つ目の理由は、そもそも5区を走るランナーにヴェイパーフライは合わないということです。

まだヴェイパーフライを入手前のことですが、このシューズ発売後にメディアで書かれた記事を読むと、このシューズは足首の固いケニア・エチオピアのランナー向きであり、足首の柔らかい人が圧倒的に多い日本人には合わないと書かれていました。

そして、日本を代表するスカイランナー・トレイルランナーなど上りに強いランナーの足首は非常に柔らかいことを昨年調べました。(その話は別に書きます。)5区を走る選手は上りの特性がある選手ですが、その上りの特性の一つに足首の柔らかさがあると私は思っています。簡単に書くと足首の柔軟性が高ければ登り傾斜がキツくても上体を楽に前傾できるので、上体の真下で接地しやすくなるのです。

これらを並べてみると

・ヴェイパーフライ=足首の柔らかい選手には合わない。

・5区の選手=上りの強い選手(が多い。)

・上りの強い選手=足首が柔らかい選手(が多い。)

これら3つから

ヴェイパーフライ=5区の選手には合わない。

結果として、誰も履いてなかったのだから多分正解でしょう。

<スポンサーリンク>


6区に関しては、登りメインの5区と違ってヴェイパーフライの特性を生かしやすいコースだと思いますが、東洋大6区の選手が履かなかったのは、単に走りにシューズが合わなかったのか、Facebookページでコメントをいただきましたが、路面凍結している箇所があり、濡れた路面でのグリップを期待できないヴェイパーフライ(ズームフライも同様です。)では転倒リスクが高まるので回避したのかもしれません。

(*濡れた路面では滑りそうなソールです。)

前回の記事で書きましたが6区の成績は、ヴェイパーフライを履くことができる環境にありながら履かなかった今西選手が5位で、ヴェイパーフライを履いた4選手の順位は以下の通りです。1人に負けて3人に勝ちました。

6区

東海大   2位
東京国際大 8位 シード落ち
順天堂大  10位 シード落ち
駒沢大   14位 シード落ち

出走者 4人 平均区間順位 8.5位

 

前話でも書きましたが、6区2位の東海大 中島選手はヴェイパーフライを履いたから速かったのではなく、力のあるランナーであり、またヴェイパーフライに適したランニングフォームを持っているのでしょう。

そして、繰り返しになりますが、今までエリートランナーはソールがぺらぺらの薄いシューズを履くのが当たり前であり、市民ランナーの中にも、いずれ薄いシューズが履けるような走力になりたいという意識を持っていた人が少なからずいるでしょう。

それがヴェイパーフライの登場により『薄いソール=速いランナー』という固定観念が崩れ。厚いソールのシューズを履くのは初心者ランナーというイメージも変わってくるでしょう。

箱根駅伝の中継を見て感じたことを2回に分けて書きましたが、ヴェイパーフライを試し履きもしないで購入して感じたのは、たまたま足型やサイズ感など大きく狂わないで購入できましたが、やはり足を入れることも出来ない状況で購入するのはおかしいということです。

普段履きのシューズであったりコレクションとして購入するのであれば多少のサイズ違いは問題ないでしょうが、ランニングで使うのですから、ランニングフォームや走力がシューズ特性に合う合わない以前に、足型やサイズが合わないリスクを購入者に負わせる状況は早々に解消して欲しいと思います。そもそも入荷数が少ないのですから、量販店で試し履きは難しいでしょうが、NIKEショップでなら可能だと思います。

本来シューズを購入するときは、普段履いてるソックスを履き、インソールを変えている方なら、インソールを持参して実際に走る状態でフィッティングしないと納得のいくシューズを手に入れることは難しいと思います。

しばらくこの状況は続くと思いますので、可能な限りこのページで履いた感想など情報発信していきます。

こちらはヴェイパーフライの重さなど書いた記事です。

ナイキ ヴェイパーフライ 4%(NIKE ZOOM VAPORFLY 4% )の重量など



箱根駅伝でヴェイパーフライは強烈な結果を残したのか?

<スポンサーリンク>


私がヴェイパーフライを手に入れる前々日そして前日に開催された箱根駅伝で、学生ランナーがヴェイパーフライを履きました。

それは1区から快走した東洋大だけではなく、ほぼ全員アディダスの青山学院大や、全員アシックスの山梨学院大、大半がニューバランスの上武大など以外は、ほとんどの大学にヴェイパーフライを履く選手がいました。

箱根駅伝全区間の選手が履いてたシューズ一覧に関しては藤原商会さんのブログにまとまっています。

往路の東洋大の激走にヴェイパーフライを履くとこんなに速く走れるのか?と思った方は多いでしょうが、思うような走りが出来なかった選手もいるのです。

藤原商会さんの記事があるので、録画を見て一人一人のシューズを調べることはしないで、記事に掲載されたデータを使って、ヴェイパーフライを履いた選手がどのような走りをしたのか区間順位を調べてみました。

<スポンサーリンク>


1区

東洋大   1
國學院大  2 シード落ち
日体大   4
中央大   12 シード落ち
大東文化大 14 シード落ち
東京国際大 20 シード落ち

出走者 6人 平均区間順位 8.8位

2区

東洋大   3
東海大   7
城西大   12
駒沢大   13 シード落ち
法政大   14
國學院大  20 シード落ち

出走者 6人 平均区間順位 11.5位

3区

東洋大   1
東海大   2
中央大   6 シード落ち

出走者 3人 平均区間順位 3位

4区

東洋大   2
國學院大  3 シード落ち
城西大   4
駒沢大   5 シード落ち

出走者 4人 平均区間順位 3.5位

5区

なし

出走者 0人 平均区間順位 -位

6区

東海大   2
東京国際大 8 シード落ち
順天堂大  10 シード落ち
駒沢大   14 シード落ち

出走者 4人 平均区間順位 8.5位

7区

東洋大   3
城西大   4
東京国際大 7 シード落ち
東海大   10
中央大   15 シード落ち

出走者 5人 平均区間順位 7.8位

8区

順天堂大  5 シード落ち
神奈川大  6 シード落ち
東洋大   7
駒沢大   13 シード落ち
早稲田大  14

出走者 5人 平均区間順位 9位

9区

東洋大   3
神奈川大  8 シード落ち
順天堂大  11 シード落ち
城西大   15

出走者 4人 平均区間順位 9.3位

10区

東洋大   1
國學院大  5 シード落ち
東京国際大 6 シード落ち

出走者 3人 平均区間順位 4位

合計

出走者 40人 平均区間順位 7.8位

 

関東学連選抜を加えた21チーム 全10区間を走った選手は210人で、そのうち40人(19%)がヴェイパーフライを履きました。

中継を見る限りでは上位ランナーがヴェイパーフライを履いてるイメージがありましたが、それは東洋大が上位を走っていたからで、平均区間順位は7.8位なのです。今年の関東学連選抜は全区間で最下位に近い順位であり、また参考記録なので正式記録は20位までとして、平均7.8位という順位は驚愕すべき順位でしょうか?

ただ、40人のうち区間5位以内に入った選手が17人(42.5%)いるのは多いと思いますが、逆に下位に沈んだ選手もいます。

またこの順位を評価する際に重要なのは、ヴェイパーフライは実業団選手にも行き渡らないくらい品薄であり、履きたい箱根駅伝ランナー全員に提供される状況ではなかったと言われています。したがって提供される選手はある意味良い走りが期待される選手なのです。

その平均順位が7.8位なのです。

履いた誰もが速くなれるシューズであれば、それは間違いなく禁止される違反シューズになるでしょうが、箱根駅伝の結果を見る限りそのようなシューズには当たらないようです。

福岡国際マラソンで上位3選手が履いていたことも衝撃的でしたが、その陰で思うような走りができなかったランナーもいるのです。

それは他のシューズも同様です。

ただ、強いランナーがヴェイパーフライを選ぶ理由は自分の走りを向上させてくれると感じているからでしょう。

今までエリートランナーはソールがぺらぺらの薄いシューズを履くのが当たり前であり、市民ランナーの中にも、いずれ薄いシューズが履けるような走力になりたいという意識を持っていた人が少なからずいるでしょう。

それがヴェイパーフライの登場により『薄いソール=速いランナー』という固定観念が崩れました。速いランナーは薄いシューズも履くし、厚いシューズも履く。そのような時代を短期間でNIKEが切り開いたのです。

<スポンサーリンク>


こちらの記事に続きます。

箱根駅伝5区でヴェイパーフライがゼロだった理由を考える

ナイキ ヴェイパーフライ 4%(NIKE ZOOM VAPORFLY 4% )の重量など



2018年箱根駅伝出場校平均タイム 〜やはり東海大、青山学院大の層が厚い〜

今年はあまり箱根駅伝について調べてませんが、様々な記事を読むと青山学院大、東海大、神奈川大、順天堂大、東洋大などが強いと書かれてます。

神奈川大と順天堂大はそれぞれ絶対的なエースがいるのが強みだと言われてます。

駅伝は流れで大きく変わると言われてますが、エントリーされた16人の持ちタイムを見て分析してみました。

持ちタイムは最近のタイムではないので、必ずしも現在の実力ではありませんが目安にはなります。また選手の体調など把握しようもないので考慮していません。

箱根駅伝公式WEBサイト掲載のメンバー表からデータを抽出しました。

<スポンサーリンク>


10000m27、28分台(5000m13分台含む)の選手数

10人 東海大(5000m13分台2人含む)

7人 青山学院大(5000m13分台1人含む)

6人 日体大

5人 東洋大

4人 神奈川大、山梨学院大

3人 順天大、中央学院大、大東大、城西大、東京国際、駒沢大(5000m13分台1人含む)

2人 中央大、拓殖大、國學院大

1人 早稲田大、法政大、帝京大、国士舘大、上武大

なし 学連選抜

*山梨学院大、順天大、東京国際は27分台1名含む

少し前であれば10000m28分台(5000m13分台)は各校のエースのタイムでしたが、東海大にはなんと10人もいるのです。そして四連覇を狙う青山学院大が7人、日体大が6人で続きます。

ハーフマラソン63分台までの選手数(20km59分台含む)

60分台-61分台-62分台-63分台( )は20km59分台

13人 東海大 0-0-6-7

11人 青山学院大 0-1-3-7

8人 駒沢大 0-1-2-5

8人 日体大 0-0-0-8

7人 早稲田大 0-0-3-4

6人 山梨学院大 1-0-2-3

6人 東洋大 0-0-2-4

6人 城西大 0-0-0-6

6人 帝京大 0-0-0-2(4)

5人 神奈川大 0-1-0-3(1)

5人 中央学院大 0-0-1-4

4人 國學院大 0-0-0-4

4人 中央大 0-0-0-1(3)

4人 拓殖大 0-0-0-0(4)

3人 大東大 0-0-0-0(3)

2人 順天大 0-1-1-0

2人 法政大 0-0-0-2

2人 上武大 0-0-0-0(2)

1人 国士舘大 0-0-0-1

1人 東京国際 0-0-0-0(1)

1人 学連選抜 0-0-0-0(1)

箱根駅伝は一人が平均ハーフマラソン程の距離を走るので10000mのタイムよりハーフマラソンのタイムの方が各校の力をはかるには適していると思います。

上記は63分台までの選手数です。なぜ63分台で切ったかというと、箱根駅伝はキロ3で走るのが基準と聞いたことがあります。その基準に近いタイムが63分なのです。当初63分以内で計算しようとしたら、0人のチームばかりになってしまうので、63分台にしました。

ここでも東海大は13人と他を圧倒してます。シード権争いをする大学ならエース区間を走れる選手が走れないのです。

そして青山学院大が11人で続きますが、駒沢大も8人揃えています。10000m28分台は2人ですから、スピードより粘り強い選手が多いということでしょう。7人の早稲田大も28分台は1人ですから同じ傾向です。

<スポンサーリンク>


メディアの記事ではあまり注目されていませんが、日本体育大は10000m28分台が6人いて、ハーフマラソン 63分台までの選手が8人とどちらも東海大、青山学院大に迫っています。

改めて日本体育大のメンバーリストを見ると往路は全員ハーフマラソン63分台で、10000m28分台4人と29分08秒が1人です。また控えに63分台かつ、28分台の選手が2人いるので、どちらかを注ぎ込んでくる可能性大です。

また、上記では63分59秒までの人数で比較していますが、中には60分台、61分台の選手もいます。例えば63分台を基準にしたなら、60分台の選手は3分より稼いでいるわけです。

そんな理由から、やはり選手の平均タイムを計算してみました。

ハーフマラソンのタイムで比較をしたいのですが、ハーフマラソンを走ったことがない選手は以下の修正タイムを使用しました。

20kmの選手 1.06倍

(理由)21.0975 ÷20=1.0549倍 →距離が伸びればペースは落ちるので1.06倍にしました。

10000mの選手 2.2倍 5000mの選手 4.58倍

(理由)ダニエルズ係数を準用

上位10人の平均タイム

  1. 東海大   1時間2分42秒
  2. 青山学院大 1時間3分08秒
  3. 山梨学院大 1時間3分21秒
  4. 東洋大   1時間3分23秒
  5. 早稲田大  1時間3分29秒
  6. 日本体育大 1時間3分37秒
  7. 駒澤大   1時間3分37秒
  8. 中央学院大 1時間3分38秒
  9. 神奈川大  1時間3分44秒
  10. 帝京大   1時間3分47秒
  11. 國學院大  1時間3分52秒
  12. 大東文化大 1時間3分58秒
  13. 拓殖大   1時間4分04秒
  14. 城西大   1時間4分06秒
  15. 中央大   1時間4分07秒
  16. 法政大   1時間4分20秒
  17. 国士舘大  1時間4分23秒
  18. 関東学連選抜1時間4分24秒
  19. 上武大   1時間4分28秒
  20. 東京国際大 1時間4分34秒
  21. 順天堂大  1時間4分43秒

また16人の平均タイムで比較すると、以下の順になります。

東海大、青山学院大、駒澤大、帝京大、國學院大、東洋大、神奈川大、早稲田大、山梨学院大 、日本体育大・・・。

<スポンサーリンク>


上位2チームか変わりませんが駒澤大、帝京大、國學院大は選手層が厚いということでしょう。

結構面倒臭い計算もしたので、どこかで誤りがあるかもしれませんが、前評判の高い、神奈川大と順天堂大が個人タイムの比較では思ったより下位に位置していました。

それでも1位から21位まで一人当たりで2分01秒差です。10位と21位は56秒差ですから大混戦です。

このタイムは自己ベストをベースに計算しているので必ずしも現時点の力を反映していませんし、5区、6区など特殊な区間もあります。さらには選手の体調も私が知る由もありません。

また駅伝には流れがありますから、前半良い流れを作った大学は、選手一人一人がタイム以上の走りをすることもあるので、1区、2区に速い選手を配置しているチームが思いもよらない走りをするかもしれません。

ただ、予期せぬトラブルがなければ、東海大と青山学院大を軸に優勝争いが進むと私は思います。

今年はテレビ観戦になりますが楽しみです。