カテゴリー別アーカイブ: 100均アイテム活用

灼熱のみちのく津軽ジャーニーラン その1〜ローテクとハイテク〜

みちのく津軽ジャーニーラン188km〜即製の暑さ対策〜

スタート前日にこちらの記事をアップしましたが、非常に暑いレースになる予報であったため熱中症が一番の心配でした。

<スポンサーリンク>


過去2014年のサロマ湖や大会史上最悪の完走率になった2017年の野辺山ウルトラなど暑いレースは走っていますが、これらの大会には冷たい被り水があるので計画的に体温上昇を抑えながら走ることができますが、この大会はエイドの間隔が広く、また中盤まではコンビニが非常に少ないから身体を冷やすすべが限られます。さらにトレランと違い強い日差しを遮るものがほとんどなく、直射日光を浴びながら走るレースだからです。

それらは事前に分かっているのだから、その準備や対策、そしてレース中の対応力が求められるレースです。

順位表彰があるので、レースと書きましたが、説明会でもジャーニーランはタイムや順位などではなく、さまざまな風景など見ながら旅としていろいろ楽しんで欲しい。もちろん速く走るのも構わないが、景色などまるで覚えてないようなことは主催者としては望んでいない。という趣旨の話を館山代表が話されていました。

主催者がどのような意図でその大会を作ったかは大事なことです。さまざまな種類の大会がある中で、どの大会に出るかはランナーが決めることができます。もちろん抽選などで出たいけど、出ることが出来ない大会もあります。

参加を決めると言うことは、主催者の意図に同意するということなのだから、その考え方から逸脱しないようにすることだと思います。

今回開催概要に書かれているルール遵守は当然ながら、今回私が考えていたマイルールというか目標はこんな感じです。

・熱中症や怪我に気をつけ健康な状態で完走

・美しいと思った時は止まって写真を撮る

・普段レース中はほとんどランナーと話はしませんが、地元の方を含めて今回はたくさんの方と話す。

結果は、熱中症にはなりませんが、健康な状態とは言えない完走でした。

この辺りについては、分かる範囲で原因や今後の対策を含めて紹介しようと思います。

<スポンサーリンク>


スタート前には順調にいけば25時間くらいでゴール出来ると思ってましたが、36時間近くかかりました。

健康な状態ではない。と書いた理由は中盤激しい股擦れと、靴擦れを庇うために片脚に負担をかけたのか左脛が痛くなり一夜明けても、腫れが酷く足首まわりに水膨れがあちこち出来て歩くのも痛いからです。

過去経験のない症状なので原因などいろいろ考えてみます。

普段大会中には写真は撮りませんが、今回は綺麗と思った風景は撮影しながら進みましたし、たくさんの参加者やボランティアの方々とお話しすることができました。

参加者や地元ボランティアの方々にも、この記事を読んでいただいてる方が驚くほど多くびっくりしました。感謝してます。

まさに“自分の足が頼りの長い旅”をしてきました。

私は大会に出る時は、かならずタイム目安を考えて補給食などの携行品を決めます。どのような区間タイムを考えていたのかは、記事の中で紹介します。

スタートは日曜日朝6時ですが、既に日差しは強く蒸し暑くて汗がじんわり出てきます。

このようなウェアでスタートしました。

今回、アスリチューンアグレッシブデザインのブース出展があり、購入される方や、日焼け止めをたっぷりと塗っている方もいました。

スタート前日に熱中症対策として100均でスプレーを買いましたが、nakedランニングバンドに固定してスタートしましたが、途中からずり落ち始めたので、ザッグの胸ポケットに落ち着きました。

風が吹いてる時にスプレーをすると結構冷えますし、蓋を開けて水かぶりにもしました。

今回のような暑い大会では有効なコスパの優れたアイテムです。

スタートして地元ランニングクラブの方の先導で走りました。ペーサーより前に出たら失格です。

スタート地点から数キロ先の弘前城から岩木山を撮影しました。岩木山をぐるりとする大会です。

この辺りではペーサーのすぐ後ろを走っていましたが、既に暑く帽子など濡らしたいと思い、この直後にあるトイレで帽子やウェアを濡らしました。

当然ながら上位を狙うであろう実力者達は、かなり前に行ってしまいますが、序盤は順位とかタイムとかは気にしないようにし、この辺りからは初対面の方々と話しながらのんびり走りました。

サロマ湖から3週間後ですが、このくらいのスピードなら問題なく、暑さ対策さえしっかり出来れば大丈夫と思っていました。

<スポンサーリンク>


先程の霧吹きがローテクなら、こちらはハイテクです。

SUUNTO9にはナビゲーション機能があるので、コースを入れて走りました。分かりにくい場所などではスマホの地図アプリやコースマップもチェックしましたが、この機能を活用することで土地勘のない私も安心して走れました。

今回はGPSモードは、25時間稼働のパフォーマンスモードではギリギリで、夜間画面の照明を常時ONにしたら確実に持たないでで、エンデュランスモードでスタートし、夜間照明が思った以上にバッテリー消耗し危なくなったらウルトラモードに切り替えることにしていました。

SUUNTO FUSEDTRACK™ を奥武蔵でテスト〜SUUNTO9の実力〜

百沢温泉、獄温泉と徐々に標高を上げていきます。

走れないほどの傾斜はほとんどありませんが、暑いので、たまに歩きながら水かけていきました。

白神くろもり館までは登り基調です。

こんな感じで序盤は前に人がいたので、ロストの心配もなく順調に進みました。

その2へ続く



みちのく津軽ジャーニーラン188km〜即製の暑さ対策〜

明日朝6時スタートのみちのく津軽ジャーニーランの188kmの部を走ってきます。

先程まで説明会に参加し、その後263kmのスタートを見送りましたが、日中の日差しは強く気温もかなり高いです。

<スポンサーリンク>


今日の都内はもっと暑いのでしょうが、こちらも30℃ありました。

明日も同じくらい暑くなりそうなので、体調に気をつけて走ってきます。

私は暑いのは得意ではないので暑い時間帯は無理しないで、日差しが弱くなってから頑張るなどしないと走りきれないような気がしてます。

毎年、2本くらいは100km超えのトレランも走ってますが、今年は長めのロードを頑張ろうと、昨年エントリーしたONTAKE100や信越五岳100mileの代わりにスポーツエイドジャパン、「みちのく津軽ジャーニーラン」と、「うつくしま、ふくしま。ジャーニーラン」をエントリーしました。

目的は、11月の神宮外苑24時間チャレンジで、今年も自己ベスト更新するためです。

フルマラソンシーズンが終わってから、以下のように2ヶ月あまり(64日間)でウルトラマラソンを4本走りました。

4/22 チャレンジ富士五湖100km

5/3-5/5 川の道フットレース254km

6/2 ゆめのしま6時間走(61.3km)3位

6/24 サロマ湖100kmウルトラマラソン

そして、サロマ湖から3週間後に今回の188kmレースと私の感覚では少し走り過ぎと感じています。

そんなことを含めて、どんなジャーニーランになるか楽しみです。

<スポンサーリンク>


また、暑いレースは、いかに体温を下げながら走ることが出来るかがポイントになります。

サロマ湖のような大会なら2.5kmごとに水かぶり出来ますがそれはありません。

当初は暑い時間帯は2リットルのペットボトルをコンビニで買って身体にかけながら進もうと考えていましたが、暑い時間帯に走るコース上にはコンビニどころか自販機もほとんどないようです。

携帯用の冷えるジェルパックみたいのは2つ買ってきましたが、ちょっと心配になり先程100均でこんなの買ってきました。

最初はスプレーにゴム紐付けようと会計したあと、カラビナ付きのタオルホルダーが良い感じだったので買い足ししました。

霧吹きは少量の水で身体を冷やせるので、暑い時間帯は身体にかけながら走ります。

序盤は空にして進めばそれほど邪魔にならないと思います。

これで216円ですからコスパ高いですよね。

<スポンサーリンク>


途中経過はこちらで確認できます。

私はNo.457です。

【途中経過】

・188kmの部 スタート15日6:00

https://goo.gl/DjiQp1

・263kmの部 スタート14日17:00

https://goo.gl/yhqHGu



ズームフライの耐久性 その2〜ソールの潰れを調べた〜

ズームフライの耐久性とソールの減り方で分かること

4月6日にズームフライの耐久性はかなり高いと書きました。まずその記事をお読みください。

<スポンサーリンク>


古い方もまだ履けるし、チャレンジ富士五湖はこれで行こうと考えていましたが、ノギスを使って測るとそこそこ痛んでいるのは分かりました。

昨日100均で購入したノギスで測ると、この地点の厚さは新しいのは約31mmありました。

なぜこの地点を測ったかというとラインがあって分かりやすいからです。

次に古いのを測るとかなり潰れているのが分かりました。

約25mmです。

なんとソールは6mm薄くなったのです。もちろん削れた部分はありますが、新品画像の右下にあるソールの小さな凹凸は古くなったシューズ画像にも残っていることからも6mmも削れていません。せいぜい2mmくらいでしょう。残りはミッドソールの潰れです。

ミッドソールの潰れはどのシューズにも発生しますが、厚く柔らかい素材はさらに潰れやすくなります。

新旧シューズを重ね合わせたら目視できます。古いのは分かりやすいようにクリーニングしていません。これは内側です。

母指球あたりも含めて古いのは潰れていますが、爪先に行くほどそもそもミッドソールが薄い構造なので潰れは目立たなくなっていきます。

同様に外側も撮影しました。こちらも目視できるくらいは潰れているのが分かるでしょう。

<スポンサーリンク>


ただ、新旧シューズを履いて立ってみると私が鈍感なのかよく分かりませんが、走れば分かるでしょう。

もちろんミッドソールがこれだけ潰れてくれば反発力や衝撃吸収力も落ちてくるので、チャレンジ富士五湖に向けて今日から新しいのを履きます。靴ひもは他のシューズのに交換しました。

それ以外にミッドソールが潰れたことで影響が出そうなのは、踵付近が約6mm低くなりつま先部分がほとんど変わらないなら、その分ドロップが小さくなります。ズームフライは反発力で走るより独特のソール形状とドロップを生かして推進力を生むシューズだと私は思っているので、ドロップが小さくなれば推進力は発生しにくくなります。

<スポンサーリンク>


こちらは昨日100均で買ったものです。

100均でいろいろと用途を想像するのは楽しいです。実際に使えるかは別にして考えることで脳は活性化するように思います。

ウエスト用ラップは痩身用として販売していると思いますが、私は極寒の雨のレースでお腹を冷やさないために使えないだろうか?なんて考えました。もちろん擦れたり、蒸れたり、かぶれたりする可能性はあるのでいきなりレースでは使えませんが良いかもしれません。

まあこれが108円というのは高いか安いか判断出来ませんが、10mメジャーやアイスバック、100枚入ったポリエチレン手袋などは安いですよね。

ポリエチレン手袋はからしエキスが入ったホットクリームなど塗る際にも活用できます。

今日はこれからウルトラプロジェクト練習会で、15分間走×6本してきます。

話題のシューズのスペックや感想〜sub2やヴェイパーフライ4%など〜



100均アイテム活用①   〜足底筋膜リリース〜

駅から自宅に向かう道に100円ショップがあるので、時間があると立ち寄ります。

購入する物が決まっていて行くこともあれば、そうでないこともあります。

例えばランニングに活用できるかどうかの探す目線で探すと、全く違う用途のものが使えるアイテムだったりします。

そんな観点からアイテムを紹介するコーナーを今日から作ります。

スポンサーリンク




まずはこれ。


めん棒です。

以前、いつもお世話になってる、ケッズスポーツマッサージのFacebookページに動画がアップされていたのをシェアしたので見た方もいるでしょう。

その動画ではふくらはぎやスネのマッサージにと紹介していました。試したら中々良いです。

ただ注意点があります。

私が買っためん棒は仕上げが粗く、ゴシゴシマッサージをすると皮膚を痛めそうな感じの痛さを感じました。

そこで、こんな風にテープを巻きました。


結構ザツに巻きましたので、多少チクチクしますが、気になる方は丁寧に巻いたら良いと思います。

ここまでで終わるなら、ケッズスポーツマッサージのFacebookページをシェアすれば良いので、これでは終わりません。

今日ふと試したことが良かったので紹介します。

それは足底筋膜リリースに使うのです。

私は足底が張りやすく、ケッズスポーツマッサージで毎週、足底やふくらはぎに鍼を打って張りを抜いています。

特に左肩の調子が悪くなってからは接地のバランスが崩れるため、レース中や練習中に右足底に痛みが出ることも度々。

自宅でもマッサージオイルを使って指圧などしたり、ゴルフボールを足底で転がしたりしていますが、足底の筋肉や皮が厚いため、セルフマッサージでは中々厳しいものがあります。

ゴルフボールは小さく硬いので、あまり強くやると痛めそうだし、弱いとほとんど効果を感じないので最近はあまり使ってません。

今日出かける前に、

ふと、これで足底を転がしたらどうか?

と思ってやってみました。



こんな感じで前後に転がすだけです。

結構気持ちが良いし、足底の張りが抜けた感じがします。

ゴルフボールだと点を押すけど、めん棒なら線で押せます。これがちょうど良いのだと感じました。

今日はマッサージオイルなど使わずに乾いた状態で行いましたが、いろいろ試してみます。

スポンサーリンク



トリガーポイントなど、筋膜リリース用アイテムはいろいろ出ていますが、まずは身近で手軽なアイテムを使ってみるのも良いかもしれません。

また、足底の張りは、足底だけ張ってるわけではなく、ふくらはぎやスネの張りが原因のこともありますので、合わせてその辺りのマッサージもしてみてください。

ただ、力の加減は言葉では表現しにくいし、個人差はありますので、最初は軽く転がすくらいから始めて自分にあった力加減を見つけてください。

その時は気持ち良くても、翌日に痛くなるなんてこともありますから。。

目標達成に向けて練習量を増やしている方は、増やした分だけ体のケアをしないと、目標達成どころか今までより走れなくなることも多々あります。

スポンサーリンク



リカバリーについては、こちらも参考にしてください。