マラソン レースマネジメント・イメージトレーニング サブ3の境界線 その4 〜ネガティヴスプリット〜〜

img_9004.jpg

さて今日は4回目の事例になりますが、ネガティヴスプリットの2例を取り上げます。

ネガティヴスプリットとは、前半ハーフより後半ハーフを速く走ることです。通常は後半に行くほどキツくなるのでネガティヴラップは難しいです。

スポンサーリンク



私は初めてサブ3をした2011年神戸マラソンはネガティヴラップでしたが、これは中盤までトイレを我慢していたので思うようにスピードが出なかったのが、汗をかいたことで尿意が薄れてきて多少ペースアップをし、最後は夢にまでみたサブスリーをしたいとZONEに入ったようにペースアップできました。

一般にネガティブラップとなる例として、序盤混雑していたり、私のような事例であったりして思うように走れなかった。もしくは実力ある方が実力より遅いタイムで前半ハーフを走って後半は実力通りに普通に走った。というようなケースが多いと感じています。

以前別大マラソンの全参加者のラップを見ても、ネガティブラップは少ないです。

ネガティブラップは狙ってするものではなく、結果的にネガティブラップになったという感じの方が良いと思います。

前半抑えて中盤から徐々に上げていこうという走りをする方もいますが、序盤遅いとそのペースに馴染んでしまい後半も思うように上げにくいでしょう。

もちろん、ハーフを走ったくらいから調子が上がる方もいますから、後半上げる走り方を否定するものではなありませんが、多くのランナーは前半ハーフが後半ハーフより多少速く走った方が良いタイムが出ると思います。

スポンサーリンク



今回も、前回まで同様、サブ3前後でゴールしました2人のラップを追いかけながら、その時どのような気持ちで走っていたか、身体の状態や精神状態はどうだったかを、緊張するくらい真剣にイメージしてみてください。そして自分ならこのタイミングで踏ん張るとか、踏ん張れないとか考えてみてください。

二人ともハーフをロスを含んで1時間31分台で通過するなど同じようなラップを刻んでいます。

後半も綺麗なラップを刻んでいます。特にパターン2のラップは綺麗にすべて21分台でまとめていますが、サブ3に10秒足りませんでした。パターン1の方の後半の追い込みは凄い物を感じますが、パターン2の方は、もっと行けたのではないかと思うようなラップです。

パターン1
sub3-7

パターン2
sub3-8

ウルトラマラソンではレースマネジメントが非常に重要ですが、フルマラソンでも重要です。何も考えずに走るには42.195kmは長いです。一生懸命練習しているのに、目標タイムに中々届かない方、タイムが停滞している方、仕事が多忙で十分な練習時間が取れないが目標を諦めたくない方、一度ご相談ください。

モヤモヤから抜け出すきっかけのお手伝いができるかもしれません。

また、レースマネジメントセミナー および 10月のウルトラプロジェクト練習会 についてはリンク先をご参照ください。

スポンサーリンク



革新の使いやすさを備えたランニングバンド naked を入手しました。

スカイランニング世界選手権日本代表の星野和昭さんを講師に招いて、過去2回開催した、アスリチューンを体験できるトレラン スキルアップ練習会で星野さんが身につけていたのを見たときから気になっていたnakedを入手しました。

その時の画像はこちらです。

hoshi1 hoshi2

ウエスト周りに膨らみが見えますが、これは贅肉ではなく、スマフォやレインウエア、行動食などをコンパクトにnakedに収めているのです。

スポンサーリンク




nakedの包装にはこのような記載がありました。

img_9155.jpg

まず身につける前に平置きで撮影しました。

身につけたときに左右になる面を両側から撮影しました。

img_9157.jpg

img_9156.jpg

nakedを裏返しにしてみました。お腹の部分と背中はこのくらい深いポケットになっています。

気に入ったのは外側になる生地が内側より高くなっていることです。数年前に発売した時に購入したノースフェイスのウエスト部分に収納できるパンツは気に入っているのですが、難としては、外側になるメッシュ部分のめくれ易くジェルなどを落とす心配がありました。

このように外側が高くなっていればその心配は小さくなります。

この画像は高さを認識してもらうために、アスリチューンを縦に入れていますが、実際は横に入れますから安心感があります。

img_9158.jpg

身につけてお腹の部分にアスリチューンを5個入れてみましたが、メッシュの収縮性が強いのでしっかり固定されます。

img_9162.jpg

手を離すとこんな感じで膨らみは小さいです。

img_9163.jpg

次に、UTMFでも必携品として使用できるレインパーカーを腰部分に収納してみます。サイズはこのくらいです。
img_9160.jpg

開口部が伸びるので体の硬い私も苦労せず収容できました。これであれば走りながらでも取り出しができそうです。

img_9159.jpg

手を離すとしっかり身体にフィットします。

img_9161.jpg

両サイドには少し小さめのポケットがありますので、ライトを入れてみました。このライトはlumen600です。

img_9164.jpg

手を離すとこんな感じにフィットします。
img_9165.jpg

片側にはキーホルダーの留め具もついているのも気に入りました。

img_9168.jpg

スティック状のサプリや、ポイズンリムーバーや薬を入れるにはちょうど良い大きさだと思います。

もちろん熊鈴だって入ります。ネットがあるのでさほど音はしませんので、キーホルダーに付けておき、ロード区間はポケットにしまっておき、トレイル区間に入ったら出すのも良いかもしれません。ザックを持たない時の熊鈴の付け場所は結構困ります。

img_9167.jpg

 

img_9166.jpg

スポンサーリンク



続いて、正面にはこのようにゼッケンホルダーが付いています。トレイルレースの場合は胸につけるとバックパックで見えなくなりますし、お気に入りのシャツに安全ピンを通すのが嫌な方には嬉しい機能です。

img_9169.jpg

img_9172.jpg

さらに腰の部分にはトレランポールを留めることができるバンドが付いています。トレランポールでなくてもレインウエアを留めることもできるし、便利な機能です。

img_9170.jpg

付けるのに四苦八苦するのでは使えない機能ですが、これは身体の硬い私でも取り付け可能です。走りながらは少し不安でも歩きながらなら全く問題ありません。

img_9174.jpg

横から見るとこんな感じです。

 

img_9173.jpg

しっかり固定されて安心感があります。

img_9171.jpg

家にあったボトルをお腹部分に入れてみました。これはフィリップベルト用に購入したカーブがあり身体にフィットするボトルですが、ジャストフィットです。背面ポケットでも使えます。

もちろんソフトフラスコでも大丈夫です。

img_9175.jpg

手を離すとこんな感じです。

img_9176.jpg

今まではフィリップベルトをメインに使っていましたが、ポケットからジェルが落ちる不安が多少なりともありました。

サイズ感はこのような感じです。

下段のウルトラアスパイアのウエストポーチは高かったのですが、私には使い勝手が悪くほとんど使用していません。

img_9177.jpg

またウルトラプロジェクト練習会で写真を撮るためにスマフォはいつも持参しますが、iphone6の時はフィリップベルトでも問題なく使えたのですが、iphone7plusを入れようとしたらサイズが合いません。無理やり入れることはできますが、取り出すのが大変です。

img_9178.jpg

nakedであればこのようにストレスなく入れることができますし、落とす心配もありません。

そういえばiphone7plusを初めて練習会で使った時のことですが、パンツの背面ポケットに入れてラダーをしたら飛び出していきなり地面に落としてしまいました。。。

幸いプロテクターを付けていたので傷も付きませんでしたが、焦りました。img_9179.jpg

これから練習やトレイルレース、ウルトラマラソン、フルマラソンと使っていきますので、その都度使い勝手や不具合などレポートしていきます。

ちなみに今回私が付けているのはS〜Mサイズです。

しかし、10キロごとに給水エイドのあるトレランレースであれば必携品など全部収めて走ることができそうです。水だって前後に500cc入れれば1リットルは余裕で携行できます。

runa

nakedを輸入販売しているルナークス・ランニング・カンパニー(RUNARX RUNNING COMPANY)は、ローカルに根付いたランニング専門店として、タイムアップを目指すコンペティター、完走を目指すランナー、体力アップやダイエットを目指すジョガー、学生、お子様などあらゆるジャンルの方々と同じ目線でアドバイス、提案、応援する埼玉県川口市のショップです。

 

スポンサーリンク



週2回 週25キロで目標達成する練習 その4

img_9097

先週の練習は、いかがでしたか?

今日、仕事が多忙で平日は全く練習時間が取れないウルトラプロジェクトメンバーと、練習プログラムや来週に迫った100キロマラソンに向けての対策の個別相談を実施しました。

スポンサーリンク



その中で、平日は毎日終電になってしまうので、とにかく睡眠時間を確保し体調を整えることが最優先課題であり、30分さえ練習時間を作ることは難しいと答えました。

その分、土日の午前中であれば時間は取れるということなので、その中で目標に向けてどのような練習をしていけば良いのか一緒に考えました。

ウルトラマラソン対策や、彼が狙っているつくばマラソンのレースマネジメントの話をする前に、下記順序にしたがって1時間集中してお伝えし、考えてもらい、気付いてもらいました。

・目標を明確にする。

・その目標は本当に達成したい目標か?達成したら嬉しいか?この環境に中で達成したら自分を褒めることができるか?

・その目標と 現在の力とのギャップを把握する。

・そのギャップを埋めるために必要なことを明確にする。

・ランニングに費やすことができる時間を明確にする。

・その上で、必要な力を付けるために必要な練習メニューを、目標とする大会まで逆算してはめ込んでいく。

・練習メニューの内容や強度などをお伝えした。

・また、1回1回の練習は何のためにする練習かを、必ず認識してから行う。

・そして練習後に練習の内容についてより具体的に振り返る。

・予定外のことがおきたら柔軟に変更するなど無理はしない。

・毎月の目標を決めて達成度合いをチェックする。

・事故やケガ、体調不良のリスクは可能な範囲で極小化していき継続して練習ができるようにする。

実際1時間でお伝えするには時間が足りませんが、自分自身で練習計画を作れるレベルまでは到達したと思います。作るために自分自身で考えることも勉強になります。

ちなみに、彼の場合は平日の練習は諦め、平日は毎日風呂に入る前に3分くらいで何種類かのトレーニングをしてもらうことにしました。

そして土日でスピード練習と、少し長めの練習を取り入れる事にしました。

この記事を読んでいる方の中にも、平日は無理!!という方がおられると思いますので、例えば平日分を土曜日に行い、週末分を日曜日に行うのでも構いません。

できないことを無理して行うことで睡眠時間を削ることだけはしないでください。

継続できる練習にしてください。

今日は個別相談を行いましたが、グループセミナーも9月に2回開催し、10月2週目位に2回ほど開催する予定です。

セミナーの内容についてはフルマラソン レースマネジメントセミナー準備完了 で書きましたが、レース中のペースや補給などだけではなく、上記で書いた目標設定から練習計画まで幅広くお伝えするセミナーです。

Facebookページのメッセージでご連絡ください。

スポンサーリンク



さて、今週の練習案は以下の通りです。

今週の時間配分は平日40分、土日80分にします。もちろん練習時間の取れる方は追加してください。

【平日メニュー】 40分

少し涼しくなったので、現在自分はどの程度の走力を持っているのかを客観視するために5キロタイムトライアルを行います。

アップおよぶクーリングダウンをあわせて15〜20分(距離2〜3キロ)

この時期であれば下記タイムを目安にしてください。

サブ4:  男性 24:30以内 女性 25:00以内

サブ3.5: 男性 22:00以内 女性 22:30以内

3時間10分: 男性 20:00以内 女性 20:30以内

サブ3: 男性 19:00以内 女性 19:30以内

距離はジョグやリカバリー含めて7〜8キロになります。

【土日メニュー】 80分

平日メニューの5キロのタイムをベースに以下の練習を行います。

5キロ×2〜3本

アップ5〜10分、本練習60〜70分、クーリングダウン5〜10分

設定は 5キロのタイム+30秒

サブ4

例えば平日が25:30であったなら、26’00で2本行う。

2本目スタートは1本目をスタートしてから30分後

アップ含めて13キロ程度

サブ3.5

例えば平日が22:30であったなら、23’00で2本行う。

2本目スタートは1本目をスタートしてから28分後

アップ含めて14キロ程度

3時間10分

例えば平日が20:30であったなら、21’30で3本行う。

2本目以降のスタートは前のスタートから24分後

アップ含めて16キロ程度

サブ3

例えば平日が19:30であったなら、20’30で3本行う。

2本目以降のスタートは前のスタートから24分後

アップ含めて16キロ程度

練習時間    80分    走行距離13〜16キロ

(代替メニュー)

疲労が溜まっていると感じたなら、さらに30秒ペースを落として本数もすべての目標タイムで2本にしてください。

練習後には、ラップなどの結果だけではなく、考えていたことや身体の状態を、練習前、練習中、練習後それぞれ簡単で良いので自分の言葉で書いてみてください。出来なかったなら何が原因なのか突き詰めて、次回の課題を考えてみてください。またラストのペースアップ出来たならその内容も記録しておいてください。

練習時間合計    2時間

走行距離合計    20〜24キロ

練習後にはアスリチューン・スピードキュアなど回復系サプリメントで疲労回復をはかってください。

週2回 週25キロで目標達成する練習 その1

週2回 週25キロで目標達成する練習 その2

週2回 週25キロで目標達成する練習 その3

昨年掲載した週2回 週25キロで目標達成する練習

スポンサーリンク



レース中にシューズを履き替える時に便利なアイテム

 

img_9118
この画像はサロマ湖ウルトラのポスターではなく、サロマ湖ウルトラの計測チップです。

これだけ見てタイトルの意味が分かった方は、後は読む必要もないかもしれません。

スポンサーリンク



レース中にシューズを履き替えることは、フルマラソン以下ではまずないでしょうが、ウルトラマラソンやトレイルレースではあり得ることです。

つくば天空ロード&トレイルのように、最初30キロ以上トレイルで、そこにドロップバッグが置けて、トレイル区間に入るレースなどは大半のランナーが履き替えます。

img_9120

この大会は画像を見る限りシューズにはチップは付いていないから胸についているのでしょう。

このようにロードとトレイルが混在したレースでなくても履き替える方はいるし、私も履き替えを考えるシチュエーションはあります。

私は基本シューズは履き替えませんが、以下のような場面が想定される時には用意しておきます。

・スタート時は激しい雨だけど、途中から晴れる予報の時⇒ドロップバッグでシューズを履き替えれば乾いた軽いシューズで走れる。この場合は同じシューズを置く。

・24時間走などで足が浮腫んで普段のサイズのシューズだとキツく感じるだろうと感じるとき。この場合は0.5cm上か、ワイドモデルなどを置くと思われる。

・何種類かのシューズのフィッティングをレースで試したいとき。

・ランナーによっては、後半衝撃吸収の良いシューズに履き替える方もいますが、それなら最初から衝撃吸収の良いシューズで走った方が良い気がします。今回の主題は違うので深いりしません。

レース中にシューズを履き替えのは、結構リスクがあるのでつくば天空のようなレース以外は基本しませんが、今回は履き替えをしているという方に向けて書きます。

また、履き替えをしたいのだけど、シューズに計測チップを付ける場合は取り外しのタイムロスが嫌でしないという方もいるでしょう。

レース中の取り外しと取り付けは結構面倒くさいです。

スポンサーリンク



私は練習もレースもキャタピランを使うことが多いです。

img_9113

そして多くの方は、このように上下の紐は余るでしょう。

キャタピランで走りは変わるで書きましたが、この紐の通し方は、私が感じるキャタピランの弱点をいろいろカバーしてくれます。キャタピランを使ったけど、甲の締め付けが痛いとか、グリップが悪いとか不具合を感じて使わなくなった方は試してください。

img_9114

まず、つま先側の余った紐を計測タグの穴2つにこのよう通します。

img_9115

同様に、足首側の余った紐をつま先側に向かった通します。

img_9116

そうするとこのような形になります。

残った紐は下のキャタピランに絡ませてください。またタグとシューズに隙間があると音がしたり揺れたり気になるので、ぴったり付くように穴の位置を調整してみてください。

外れないか心配な方もいるでしょうが、キャタピランは計測タグの穴より大きな団子が穴の左右で挟むようにしているので、普通に走れば抜けることはないでしょう。実際4つの穴を8個の団子で挟んでいるのです。

この付け方だと、計測チップを通常より早く付けることができるだけではなく、他にも効果があります。

通常の靴紐の使って、計測タグに紐を通してセッティングする際に気になるのは、このような板型の計測タグだと、その下の部分の紐の微調整ができず、継続タグの部分だけきつくなったり、ゆるくなったりして全体を均等に締めることが難しくなります。

その点、この方法だと一旦シューズをしっかりセッティングした上で余った紐に通すのですから、自分の気に入った締め具合が可能です。

この点はシューズの履き替えをしない方も、活用できます。

くれぐれも本番レースで試す前に、自宅にあるチップを付けて走って試してくださいね。本件に限らず新たにすることは本番前に必ず試しましょう。

スポンサーリンク



【ウルトラプロジェクト練習会】サーキットトレーニング+5キロ

img_9098

今日の神宮外苑は東京六大学野球により混雑が予想されたので、皇居周辺にて開催。

 

スポンサーリンク



まず皇居前広場の周りを2周ジョグ。

img_9096

夜間と比べて観光客が多いので、歩行者が広がっているところは止まったり歩きました。

img_9097

当初予定はまず5キロ走でしたが、今日は見送ってサーキットトレーニング後に皇居を走ることにしました。

サーキットトレーニングも来週大会のメンバーがいるので強度を抑えて行いました。

プランク(腹筋)30〜60秒

400m(のつもりが歩行者が多い箇所になるので370m)

ランジ  20〜25回

200m流し    2本目から早歩き

ランジウォーク

腿上げジョグ

これを3セット行いました。

370mの3本目は歩行者が多かったので、300mで打ち切りました。

最近、自分の練習でも400mはしませんが、私は400m×10本とか大好きです。

伸びやかなフォームでグイグイ走れるギリギリの距離だと思います。今回参加メンバー全員が余裕でキロ4分切って走りましたが、スピードを上げることで、無駄な動きが出来なくなるとともに、どう走れば楽にスピードを上げることが出来るか分かってきます。

最近の練習会ではラダートレーニングを取り入れているので、メンバーの動きが良くなってきました。

また、その前にプランクで腹筋を中心とする体幹に負荷をかけているので、体幹を意識出来たと思います。

そして一気に上がった心拍数を下げつつ、ランジをしました。ランジは姿勢を気をつけないと効果がないばかりか、身体を痛めます。

回数は少なめですが、直前に370m走っているから楽ではないと思います。これで心拍数はいったん落ち着きます。

次に流しを入れるかウォークを入れるか迷いましたが、一本目は流しにしました。2本目からは良い姿勢を保ったままで出来るだけ早く歩いてもらいました。

速く歩こうとすると、腕をしっかり振ります。そしてピッチは速くなります。さらに速くしようとするとピッチは限界であればストライドを伸ばすよう模索します。そうすると骨盤が左右に前後する。ヘソの辺りから脚が生えてるように動いてきます。後ろから見るとみんなお尻をしっかり使って歩いてます。

この辺りのことは、口で説明して走ってもらっても中々イメージできません。ヘソから脚が生えてるようになんて言われてもね  笑

でも早歩きをしてもらえば、詳しく説明しなくても無意識にその動きをしてるし、体感できるのです。

次はランジウォークをゆっくりしてもらい、続いて腿上げジョグ。

そして、プランクに戻ります。

スポンサーリンク



3セットやって身体が重たくなった状態で皇居をゆっくり会話が出来るくらいのスピードで1周しました。

最初キロ6超えてましたし、歩行者が多いところは止まりましたが、一周したら28分前半だからそんな遅くはないです。

img_9099

ストレッチなどして終了です。練習後には、出来るだけ早く、アスリチューン・スピードキュアを飲むことで疲労回復に繋げます。飲み忘れを防ぐために画像を撮る時に飲んでもらってます。

メンバーの力もついてきて、現在4時間40分の女性は、水曜練習会に参加できなかったので、自主練で同じメニューの5キロ×2本をして、23’30前後で走ったとのこと。

そんな話を聞くと嬉しいですね。

フルマラソン・レースマネジメントセミナーは9/26と9/29に開催しましたが、来週は練習会が平日二回ある他、ハセツネやえちごくびき野の用意などもあるため、その翌週と翌々週に合わせて2回ほど開催する予定です。

 

スポンサーリンク



マラソン レースマネジメント・イメージトレーニング サブ3の境界線 その3

img_9004.jpg

昨日2回目のレースマネジメントセミナーを開催しましたが、ウルトラセミナー含めて初めてご参加いただいた方がご満足していただき、本日ウルトラプロジェクトへ入会申込をしていただきました。

今までもウルトラセミナーに参加していただいてからメンバーになられた方もいますが、ウルトラセミナーと進め方を変更したセミナー内容にご満足し、入会を決めていただいたことがとても嬉しいです。

10月にも数回開催しますが、一般料金で参加し、その後ウルトラプロジェクトに入会された方はメンバー料金の差額を入会時費用から相殺させていただきます。

セミナー料金

・一般 4000円

・レギュラー会員 2000円

 

スポンサーリンク



さて今日は3回目の事例になりますが、比較的ありがちなラップタイムなどを選んでみました。

2人ともサブ3前後でゴールしましたが、それぞれのラップを追いかけながら、その時にそのランナーがどのような気持ちで走っていたか、身体の状態や精神状態はどうだったかを、緊張するくらい真剣にイメージしてみてください。そして自分ならこのタイミングで踏ん張るとか、踏ん張れないとか考えてみてください。

二人ともハーフをロスを含んで1時間28分前半で通過するなど同じようなラップを刻んでいます。

パターン1
sub3-5

スポンサーリンク




パターン2
sub3-6

 

スポンサーリンク




レースマネジメントセミナー および 10月のウルトラプロジェクト練習会 についてはリンク先をご参照ください。

マラソン レースマネジメント・イメージトレーニング サブ4の境界線 その3

img_9004.jpg

昨日2回目のレースマネジメントセミナーを開催しましたが、ウルトラセミナー含めて初めてご参加いただいた方がご満足していただき、本日ウルトラプロジェクトへ入会申込をしていただきました。

今までもウルトラセミナーに参加していただいてからメンバーになられた方もいますが、ウルトラセミナーと進め方を変更したセミナー内容にご満足し、入会を決めていただいたことがとても嬉しいです。

10月にも数回開催しますが、一般料金で参加し、その後ウルトラプロジェクトに入会された方はメンバー料金の差額を入会時費用から相殺させていただきます。

セミナー料金

・一般 4000円

・レギュラー会員 2000円

 

スポンサーリンク



さて今日は3回目の事例になりますが、比較的ありがちなラップタイムなどを選んでみました。

2人ともサブ4前後でゴールしましたが、それぞれのラップを追いかけながら、その時にそのランナーがどのような気持ちで走っていたか、身体の状態や精神状態はどうだったかを、緊張するくらい真剣にイメージしてみてください。そして自分ならこのタイミングで踏ん張るとか、踏ん張れないとか考えてみてください。

二人ともハーフをロスを含んで1時間57分台通過し、終盤はペースダウンするなど同じようなラップを刻んでいます。

パターン1
sub4-5

スポンサーリンク




パターン2
sub4-6

 

スポンサーリンク




レースマネジメントセミナー および 10月のウルトラプロジェクト練習会 についてはリンク先をご参照ください。

マラソン レースマネジメント・イメージトレーニング サブ3.5の境界線 その3

img_9004.jpg

昨日2回目のレースマネジメントセミナーを開催しましたが、ウルトラセミナー含めて初めてご参加いただいた方がご満足していただき、本日ウルトラプロジェクトへ入会申込をしていただきました。

今までもウルトラセミナーに参加していただいてからメンバーになられた方もいますが、ウルトラセミナーと進め方を変更したセミナー内容にご満足し、入会を決めていただいたことがとても嬉しいです。

10月にも数回開催しますが、一般料金で参加し、その後ウルトラプロジェクトに入会された方はメンバー料金の差額を入会時費用から相殺させていただきます。

セミナー料金

・一般 4000円

・レギュラー会員 2000円

 

スポンサーリンク



さて今日は3回目の事例になりますが、比較的ありがちなラップタイムなどを選んでみました。

2人ともサブ3.5前後でゴールしましたが、それぞれのラップを追いかけながら、その時にそのランナーがどのような気持ちで走っていたか、身体の状態や精神状態はどうだったかを、緊張するくらい真剣にイメージしてみてください。そして自分ならこのタイミングで踏ん張るとか、踏ん張れないとか考えてみてください。

二人ともハーフ通過がロスを含んで1時間44分前後の同じようなラップを刻んでいます。

パターン1
sub35-5

スポンサーリンク




パターン2
sub35-6

 

スポンサーリンク




レースマネジメントセミナー および 10月のウルトラプロジェクト練習会 についてはリンク先をご参照ください。

左側に並ぶ?右側に並ぶ?それとも真ん中?〜マラソン大会の整列位置について〜

img_9071

2014年大田原マラソンのスタート前の画像です。ヘチャポンさんこと飯田さんに撮影していただいたものです。

スポンサーリンク



参加人数が少ないエリートレースは競技場スタートが大半ですが、参加人数が数千人規模の大会でも競技場スタートのレースはあります。

大田原マラソン以外にも防府マラソンがすぐに浮かびます。

競技場スタートの大会のスタートはかなり怖いです。例えば画像の右側(インコース)のランナーは最初のコーナーもインコースを走っていきますが、左側(アウトコース)に並んだランナーも最初のコーナーでは、多少なりともインコース側に寄るランナーが多いです。

その結果、ランナーが交錯する危険性が増します。仮に最前列に一番速いランナーが並び、その後もタイム順に整列しても、外側から自分の前にランナーがかぶせてきたら、衝突防止のためにスピードを緩めます。そうすると後ろのランナーとの衝突リスクも高まります。

実際はタイム順整列ではないので、そのリスクは非常に大きいです。

この時も、私の数m前方でランナーが転倒し避けるのが大変でした。何人かは巻き込まれていました。

優勝争いをするなど最初からスタートダッシュをしたいランナーは別にして、スタートで大事なことは安全に巡航スピードで走れる箇所まで接触リスクを出来るだけ避けることです。

その点を考えると、比較的前に整列するのであれば、外側に整列して大回りして行けば、多少距離は伸びたとしても安全にスタートできるでしょう。(エリートレースは、ゼッケン番号順整列ですから、並ぶ位置は選択できません。)

前方に整列しない場合もコーナーがキツイ競技場スタートの場合は外側の方がスムーズに走れます。

また、今回は簡単に触れるだけにしますが、数千人規模以上のマラソン大会はスタートブロックが割り当てられていると思います。少なくとも決まってない大会を私は知りません。スタートブロックは資格タイムや申告タイムにより決まりますが、申告タイムの場合は少しでも前から走りたいと100%出せないタイムを申告する方が残念ながら少なからずいます。

もちろん、ベストタイム4時間の方でも練習を積み急成長して3時間切りが狙えるなら2時間59分と申告しても良いでしょう。ただ申告タイムを速くしてAブロックスタートになり、さらにその前方に並ぶなら、少なくともスタート時はそのタイムを狙うのに妥当なペースで走って欲しいものです。

ほぼ最前列からスタートして、いきなりキロ5より遅く走るランナーを見たことありますが、かなり危険です。

スポンサーリンク



今回お伝えしたい位置は、前後の位置ではなく、左右の位置についてです。

競技場スタートではなく、道路からスタートするマラソン大会の時に、あなたが整列するのは、右側?左側?それとも真ん中ですか?

私は2011年開催の第一回大阪マラソンでサブ3を狙って夢破れましたが、それ以降無意識に整列位置を考えていたようです。

今回、フルマラソンレースマネジメントセミナーの資料を作っている中で無意識に行動していたことを、言葉にしていきましたが、スタート位置も気をつけていたことを自覚しました。

大阪マラソンで何が起こったかというと、私はAブロックスタートでしたが、整列時には前方に多くのランナーがいました。私は右側に並んだ記憶があります。

当時大人気の橋下府知事がスターターで、いろいろ話をしてからスタートになりました。

その後、予想外のことが起こりました。橋下府知事とハイタッチしようと、中央に並んだランナーを含めてランナーが右へ右へと寄ってきて前に進めないのです。(記憶が不鮮明で府知事が左側にいたなら左へ左へです。)

その時はサブ3狙っていたので、走れない状況に焦り、たぶん心拍数を上げてしまったように思います。

答えを書く前に分かってしまったと思いますが、私が無意識に整列しているのは、右側、左側と決まった側ではなく、タレントやスポーツ選手などがスターターや挨拶をするなら、その位置と離れた側です。

ハイタッチをしなくても、タレントを見ようとスピードを落としたり・画像を撮ったりするランナーも入るので、離れた方が安全です。

危うい場所には寄らないってことです。

大事なことは、ランナーがどのように走るかを想像することです。そのような観点で想像するとランナーの導線が見えてきます。

 

スポンサーリンク



マラソン レースマネジメント・イメージトレーニング サブ3.5の境界線 その2

img_9004.jpg

昨日のウルトラプロジェクト練習会後に、レースマネジメントセミナーに参加したメンバー自身が作った、さいたま国際までの練習計画を見て、セミナーの内容がしっかり伝わっていることが分かりました。

自分自身で考えることがすごく大事です。自分自身で作った練習計画ですから、自分自身の使える時間なども勘案されています。そしてなんのためにする練習なのかも考えるきっかけにもなります。

スポンサーリンク



その中で、通勤時間内にできるちょっとしたイメージトレーニングを思いつきましたので掲載します。

以下はフラットでタイムが出しやすいコースを走った2人のランナーのラップタイムです。2人ともサブ3.5前後でゴールしました。一人一人のラップを追いかけながら、その時にそのランナーがどのような気持ちで走っていたか、身体の状態や精神状態はどうだったかをイメージしてみてください。そして自分ならこのタイミングで踏ん張るとか、踏ん張れないとか考えてみてください。

パターン1
sub35-3

スポンサーリンク




パターン2
sub35-4

これから毎日、何人か際どい事例をアップしますので、イメージを膨らませてサブ3.5できた方と、できなかった方の気持ちの移り変わりなどを考えてみてください。

スポンサーリンク



レースマネジメントセミナー および 10月のウルトラプロジェクト練習会 についてはリンク先をご参照ください。

昨日までの自分を超えるために。