ウルプロ®︎PBチャレンジ

水曜日の練習後にこんな記事を書きました。

暑い時にはメニューの工夫を

今は8月が始まったばかりですが、暑い、暑いと言ってると、すぐに9月になり、少し涼しくなったと思ったらマラソンシーズンに近づいていることに気づきます。

昨シーズン思うような走りが出来なかった方は、最後のレース後にどんなことを考えていたか思い出してください。

思うような走りが出来なかった原因を自分なりに分析して、秋までにそれを変えるために、こんなことをしていこう。と考えていた方は少なくないと思います。

その思いや計画は順調でしょうか?

ただ、全く進歩してないとばかりに、この危険な日差しの中でペース走などいきなり計画しないでください。

暑くなりはじめた時期から徐々に身体を慣らしているランナーが、日差し対策、ペース設定、補給、身体の冷却を万全にしても20km走、30km走をしたら激しい疲労感に襲われます。日差しが極めて強い中で走るレースに向けての準備など目的があるなら、する必要があるでしょうが、秋冬のフルマラソンがメインのランナーにとっては、熱中症・脱水など体調がおかしくなる前にやめたとしても夏バテのような状態になり、それが長引くこともあるメリットよりデメリットが大きな練習になってしまいます。

アプローチは様々ですが、この暑く日差しが強い時期は、出来るだけ日差しを浴びない日陰のコースや時間帯を選んだり、体調変化に気づけるようリカバリーを多めに挟んだり、体調不良になった時にすぐやめられる場所を選んだりした上で、目標に向けて必要な練習をする時期だと思ってます。

また、暑い時期は外を走らない。というのも体調を管理する上で一つの判断だと思います。私自身、プールでウォーキングしながら動き作りをしたり、エアコンの効いた低酸素ルームでトレッドミルを使ってトレーニングしてます。

ただし、エアコンの効いた室内でトレッドミルをするだけだと、地面を走る感覚とギャップがうまれてしまうので、短い距離の流しだけでも構わないので短時間外を走ることをオススメします。

<スポンサーリンク>


水曜日の午後練はそのようなポイントを押さえて開催しました。

その辺りも上のリンク先記事に書いていますが、メンバーの振り返りを一部紹介します。

Yさん

昨年10月入会時PBは5時間20分台で、その後、月間走行距離は非常に少ないが、自分自身にとって効率的なフォームを身につけ、名古屋ウィメンズマラソンでサブ4達成。秋にはグロスでサブ4目指しています。

午後練はトラックではなく木陰での動き作りをしました。言葉にする・動く・動画確認の繰り返しで大変有意義な練習になりました。

動いた後すぐに動画確認出るのは本当にすぐに確認できるので大変良かったです

頭が平行移動出来ているといただき、少しはフォームが良くなってきているのかなぁ?思えただけで本当嬉しかったです

また動画確認では……前傾姿勢の良い位置が覚えらられず安定感がないことも確認できました。

【動き作り&内容&振返り】

▼自分が良いと思う走りの際のフォーム

▷一言でーーお腹を張っている時
ーー肩に力が入らず前傾姿勢が良い位置でお腹を張って走ると脚を使わない感覚があった
ーー着地の感覚があまり感じられずに走れる?様な?

▼自分が悪いと思う走りの際のフォーム

▷腰が落ちて走っている時
ーー前傾姿勢ではなく前屈みになり腰が落ちてしまう
ーーこのフォームで走ると脚を使っている事を実感した(特にふくらはぎを使っている)

▼腕を振らない走り

▷前傾姿勢がとれ思っているよりも早く走れる

▼前傾姿勢

▷肩の力が入らずに楽に前傾姿勢をとりやすい
▷前傾姿勢の良い位置が安定していおらず…身体で覚える事!!

<スポンサーリンク>


Aさん

2年前にサブ3.5を目標に入会し、翌年の勝田全国マラソンで達成。その後もPB更新を続け、今年の東京マラソンはグロスタイムで3時間13分まで伸ばし、秋にはさらにタイムアップを目指しています。

4週間ぶりの午後練参加でしたが、自分にとっての効率の良いフォームを確認するのに、大変有意義な時間でした。フォームを修正しても、また少しずつ崩れていくし、崩れたまま走練習だけしていると分からなくなってしまうので、昨日の午後練の様な練習はやはり必要だと感じました。

走って、動画をみて、修正してまた走るを繰り返しましたが、敢えて自分の悪い癖が出た崩れたフォームで走ってみた感覚と動画で沢山気づきがありました。

私の崩れたフォームは、目線が上がって顎が上がります。そうするとお腹の力が抜けて、着地で沈み込むので推進力が上に逃げて、上半身が不安定になるので肩・腰が力んで、脇が甘くなってコンパクトな腕振りが出来なくなって、無駄にエネルギーを使って42.195㎞はとても持ちそうにありません。

私にとっての効率の良いフォームは、お腹を適度な力で引き上げて、胸郭のポジションが決まると、顎は自然な位置に落ち着いて、肩・背中・腰はリラックスして、腕は振ろうとしなくてもリズム良く振られて、脚も自然に回転していく感覚です。脚を真下に落として乗っていくだけで、地面がベルトコンベヤーみたいに後ろに流れていく感じがして、小さな力で楽に速く走れます。このフォームを定着させて、長く保てる様に練習していきます。

 

<スポンサーリンク>


また、水曜日の夜の投稿にこのような一文を加えました。

秋にサブ3、サブ3.5、サブ4や自己ベスト、初フルマラソン完走など目標タイムがあるけど、現時点どのように目標に向けてトレーニングしていけば分からない。そもそもタイムが伸び悩んだり、頑張ると故障してしまうとか思うように走れない方に向けて、パーソナルレッスン+対面カウンセリング+練習会+セミナー+メッセンジャーでの相談を組み合わせたプランを5、6人募集しようと思います。なぜ、そんな少ないかというと、一人一人の状況をしっかり把握したいので多くの方の対応はできないからです。

 

その投稿直後から、募集予定の人数を上回る方からメッセージをいただき、金額やプラン内容を連絡したところ既に4人の方がチャレンジすることになりました。

このようなプランです。

【名称】

ウルプロ®︎PBチャレンジ

【期間】

8月から順次スタート4ヶ月(*開始時期は調整可能です。)

【内容】

・パーソナルレッスン60分 月1回
・パーソナルカウンセリング60分 月1回
・ウルプロ練習会 月2回(都合の良い日程選択)
・メッセージによる練習報告とアドバイス 週1回
・PBチャレンジメンバーの懇親会(自由参加)

【特典】

・ウルプロネックウォーマー
・アスリチューン5種類お試し
・CNC60粒サンプル
・各種アイテム ウルプロメンバー価格
・パーソナル追加60分6,000円
・目標達成セミナー 1回無料(参加できない場合はカウンセリング1回30分延長)
・ウルプロメンバーになる際に入会金無料

さらに1回払いの場合は、CC60とCAE24をプレゼントします。

*メンバー以外の一般価格だと合算して12万円相当になります。(例)パーソナルレッスン、パーソナルカウンセリングはそれぞれ1時間8,000円

【今回のレッスン料金】

1回払い(4ヶ月)76,000円
2回払い(2ヶ月)39,000円

*ウルプロメンバーの場合

1回払い(4ヶ月)58,000円
2回払い(2ヶ月)30,000円

*ウルプロビジターメンバーは、練習会参加時はチケット使用となります。

*当該月にパーソナルおよび練習会が出来なかった場合、チャレンジ企画期間内であれば振替できます。

募集人数を超えた場合は締め切りとなりますが、実施後、余裕があれば追加募集を行います。

内容は目標達成に向けて現時点で足りない部分を明確にして、そこを強化するための練習メニューを一緒に考えます。一緒に考える理由は仕事や家庭などとのバランスが必要だからです。練習後はメッセージを送ってもらいアドバイスするとともに、次回のメニューなど調整していきます。メッセージだと流れてしまうので、私とチャレンジャー二人のグループページを作ります。

現在4人の方から申込いただきましたが、うち2人は、9月スタート、9月下旬スタートです。8月は既に予定が埋まっているなどの方はご相談ください。

今回はあと2名の募集になります。

また、ウルプロ®︎PBチャレンジには興味あるが、遠隔地在住のために参加できても2ヶ月に1回くらいという方向けのプランも検討中です。その方のフォームや考え方など分からない中でアドバイスは出来ないので、過去にパーソナルレッスンを受けたことのある方になりますが、動画や練習の振り返りなど送ってもらいアドバイスをしていきます。もちろん、パーソナルレッスンを受けてからスタートすることは可能です。

ウルプロ®︎PBチャレンジに参加ご希望の方はFacebookページのメッセージにてお問い合わせください。

また、ウルプロ®︎練習会の練習日程はこちらです。ランニング歴の長い50代、60代のメンバーもPB更新してます。こちらは随時募集中ですので、メッセージにてお問い合わせください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA