サロモンSPEEDCROSS 5 メディア体験会

今日は発売したばかりのサロモンのトレイルランニングシューズSPEEDCROSSの第5世代SPEEDCROSS 5を体験できるメディア体験会に参加してきました。

<スポンサーリンク>


週末信越五岳トレイルランニングレースですが、考えたら最後トレイルを走ったのは、阿蘇ラウンドトレイルで、その前はたぶん2年前の信越五岳トレイルランニングレース100マイル。昨年長めのウルトラマラソンやジャーニーランに出るためにトレランレースには出なかったこともあり、ほとんど山に入らなくなりました。

大会前にちょっとトレランの感触を思い出したかったので、ちょうど良いタイミングでした。

ただ、昨日は昼間から練習会2回と二人のメンバーとのパーソナルレッスンがあり、自宅に着いたのは深夜だったので、睡眠不足のまま御嶽に向かいましたが行ってよかったです。

自宅から車だと1時間少しですが、電車だと乗り継ぎが多く、2時間30分かかり御嶽駅に着くと私を呼ぶ声が聞こえ、顔を上げると打越さんと吉田香織さんがいました。

集合場所に集まると、DogsorCaravanの岩佐さんや、南井さんと久々にお会いできて、いろいろお話しさせていただきました。

防水タイプもあります。

綺麗な山を歩いたり走ったり。

写真撮影をする打越さんを後ろから撮影しました。

滑りそうな石の上を走っていく吉田香織さん。

気持ち良いトレランでした。

<スポンサーリンク>


マイナスイオンがたっぷり降り注いでいました。

スピードクロス3は持っていてロードでは硬いシューズという印象がありましたが、スピードクロス5はロードでも硬くはなく違和感ありません。

フィット感は素晴らしく、また下りでスピードを出しても爪先がシューズに当たることはありませんでした。

今回はアールエル ワイルドペーパーを履きましたが良いマッチングでした。

<スポンサーリンク>


走り終えて、シューズを返すと時に撮影しました。

これだけ、ゴツゴツした深いラグだと通常は硬い接地感になりますが、気持ち良い履きごごちでした。

サロモン特有のシューレースは心地よいフィッティングを作り出してくれます。今回は結構強く締めたのに包み込むようなアッパーだからか痛みなどありません。吉田香織さんも同じことことを言っていました。

動物の蹄のような力強さを感じました。

ソールの耐久性も高そうに感じました。

もう少し前に試していたら、信越五岳で使っていたと思います。今日は泥濘んだ場所は走ってませんが、そのような場所で一番威力を発揮するシューズですが、今回のようなコースでもストレスなかったからです。

こちらはニュースリリースの一部です。

今回履いた黒もいいけど、やはり赤がいい!

重量は私の履いた25cmはたぶん300g前後だと思いますが重いとは感じません。

また、ドロップは10mmと私が好きなナイキヴェイパーフライ4%やズームフライSP、アディゼロジャパンブースト3と同じです。

価格は税抜き15,000円です。

試し履きイベントなどあれば、ぜひ試して欲しいシューズです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA