ナイキ ズームフライ3の重量など

今年の7月4日にナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%と同じタイミングで発売されたズームフライ3はこれまで足も入れてなかったのですが、ブラックフライデーのセールで半額程度になったタイミングで購入しました。

初代ズームフライは衝撃的でした。私の足型にあっていたのでフィット感もよく、追加で販売された軽量タイプのズームフライSPを特に愛用していました。2世代目のズームフライフライニットにも期待しましたが、重さが気になり購入後ほとんど履かないシューズになりました。3世代目のズームフライ3に興味がなかったのは、そのズームフライフライニットよりさらに重量が増えたと聞いていたからです。

今更ですが、重量などスペックを紹介します。

<スポンサーリンク>


□価格

17,600円(税込)

□オフセット

8mm(ズームフライフライニットは11mm)

*前足部は4mm、踵部は1mm厚くなったことから3mmオフセットが減少

□重量

私が購入した25cmの重量は232g

□サイズ感

サイズ感に関しては足の長さだけではなく、幅や高さなどによっても変わるので参考程度に読み取ってください。他のシューズとの比較が分かりやすいので、私が履いてるシューズを掲載します。

  • ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%  25.0cmもしくは25.5cm
  • ヴェイパーフライ4%フライニット  25.0cmもしくは25.5cm
  • ヴェイパーフライ4% 25.0cm
  • ズームフライ フライニット 25.5cm
  • ズームフライ 25.5cm
  • ズームフライSP 26.0cm
  • HOKA oneone カーボンX 25.0cmもしくは25.5cm
  • HOKA oneone カーボンロケット 25.5cm
  • HOKA oneone TRACER 25.5cm
  • アディゼロsub2 25.0cm
  • アディゼロ匠senブースト 25.5cm
  • アディゼロジャパンブースト3 25.5cm
  • ターサージール6 25.5cm

ズームフライ3は少しサイズが大きいと感じました。25.5cmだと結構締めないとゆるく感じました。ただキツイと爪など痛めますから迷うところです。購入する際には普段履いているソックスで合わせてください。

□サイズ設定

24.5cmから30.0cmまで0.5mm刻み

<スポンサーリンク>


□外観

ヴェイパーフライネクスト%同様、3世代目のソールは厚くなりました。特に前足部が厚くなりました。

また、ヴェイパーフライネクスト%同様に踵部がかなり出っ張っています。

□フィット感

ソックスのように包み込む形状になっています。

ネクスト%同様のアッパー素材にメッシュ生地を重ねているので厚みがあります。これらのメッシュ生地など無くした初代SPのような軽量モデルが欲しいと感じました。構造的には剥がしても強度はさほど変わらないと感じましたが、様々なメーカーからランニングシューズが発売しているのでそこまでこだわる必要もありません。

踵のホールドはヴェイパーフライ4%フライニットよりネクスト%はかなり改善されたことから、ズームフライ3も改善されているのではないかと期待しましたが、ネクスト%ほどのしっかりしたホールド感を感じることはできませんでした。感覚的な程度かもしれませんが初代ズームフライに比べると多少浅くなったのではないかとも感じました。シューズのホールド感に関しては個人差や好みが分かれるところなので履いた方によって印象は異なると思います。

<スポンサーリンク>


□アウトソール

ヴェイパーフライネクスト%に似たソールになりました。濡れた路面でのグリップはかなり改善されていると思います。

 

実際にロードで走ってみた感想ですが、ズームフライ3はリアクトフォームがミッドソールに使われていますが、ズームXヴェイパーフライネクスト%に使われているズームX素材と比べると、接地時にダイレクト感があります。私はこのくらいの硬さが好きですが、硬いと感じる方もいるでしょう。また走っていて重さを感じました。ヴェイパーフライネクスト%ほどの軽量シューズでなくても、25cmであれば200g程度の重量に抑えて欲しいと感じました。(同時に発売されたペガサスターボ2は評判が良いですが、こちらは25cmであれば200gを切っています。)

また、前作のズームフライフライニットで100kmマラソンも走りましたが、特に違和感なく履けましたが、ズームフライ3はアーチ部の盛り上がりが大きくなったのか、アーチの低い私には合わないシューズになっていました。この部分に関しても個人差が非常に大きいので試してみてください。

初代ズームフライや2代目のズームフライ フライニットを愛用していたランナーの一定層は、価格を除いて入手しやすくなったヴェイパーフライネクスト%に移行することを念頭に、ズームフライ3のターゲットを変えたのではないかと感じました。

こちらは過去試したシューズに付いて書いた記事です。

話題のシューズのスペックや感想〜ヴェイパーフライ ネクスト%やHOKA OneOneカーボンXなど〜



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA