階段垂直マラソンの渡辺良治が「嵐にしやがれ」に出演

本日21時放送の日テレ「嵐にしやがれ」にアスリチューンサポートアスリートの渡辺良治が出演します。

撮影「Ben Lumley

<スポンサーリンク>


渡辺選手から連絡いただいた内容はこちらです。

FBでアップした次回の全国放送ですが、「嵐にしやがれ」の隠れ家ARASHIに出演します。若手の2人と松潤さんの三人が階段垂直マラソンで対決するということで講師役で出演しました。

かなり盛り上がりましたので、また皆さんに楽しんでいただける内容になっていると思います。

先日は、世界一のウルトラランナー石川佳彦さんに続き、テレ朝の「激レアさんを連れてきた。」にアスリチューンサポートアスリートが相次いで出演しましたが、ウルトラマラソンや階段垂直マラソンなど世間的にはまだまだマイナーな競技を多くの人に知っていただくチャンスです。

撮影「Ben Lumley

今回感じたのは、ウルトラマラソンは競技時間が長く、テレビ中継にするにはドキュメンタリー的な番組でないと現時点は中々難しいですが、階段垂直マラソンは競技時間が短いことと、テレビ局所有のビルでも出来ることから制作費がかなり抑えられる。そしてシンプルで分かりやすい。今回のように人気タレントを使うにしてもスケジュールをおさえやすく、怪我のリスクも低いことを考えると、テレビ番組と親和性の良いスポーツだと言うことです。

<スポンサーリンク>


こちらは以前、階段垂直マラソンについて書いた記事です。

階段垂直マラソンで世界一を目指す渡辺良治に聞く階段レースの魅力とは?

そう言えば渡辺選手との交流が始まったのはいつだったか?と思いメッセンジャーを見返すと、2015年富士登山競走で私が撮影した画像を送ったのが最初でした。

その時、10位入賞した渡辺選手はこう話していました。

特にきつかったのは八合目からでした。得意の岩場で思ったよりペースが上がらず、脚が終わってしまったことを痛感したことで精神的にもガックリきましたし、脚も今にも痙攣を起こしそうだったので、思い切り走れずもどかしかったのですが、周りの選手、特に牛田選手が故障の痛みを堪えて走っている事を知っていたので、ゴールした後、彼の前で堂々と健闘を称え合いたいから恥ずかしい姿は見せられないとの思いで頑張りました。

この時まとめた記事はこちらです。

富士登山競走にみるトップランナーの強さ

そして2017年2月にスカイランニングワールドシリーズに挑戦するにあたり、愛用しているアスリチューンのサポートをお願いしたい。と連絡があったのでお会いし、熱い気持ちを感じたので、メーカーと相談しサポートを決めました。

<スポンサーリンク>


あれからもう3年経ったのには驚きますが、その短期間でワールドチャンピオンになったのだから凄い努力と試行錯誤があったのでしょう。

そしてレースの時だけではなく、ポイント練習の疲労回復のためにもアスリチューンを使っていますが、まさにアスリチューンと一緒に強くなっているのです。

渡辺選手はこれからますます強くなるので応援してください。

アスリチューンは一部大手ランニングショップで販売していますが、メーカー公式サイトがお買い得です。

賞味期限が長いので災害用の非常食としてのまとめ買いもオススメです。

ただ1個単位で購入したいという場合は、スポーツエイドジャパン主催大会への出店や、川口のルナークスなどご利用ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA