前田穂南 青梅マラソン30kmで日本記録〜マラソン日本記録更新の可能性〜


<スポンサーリンク>


2月16日に東京都青梅市で開催された第54回青梅マラソンで、東京オリンピック女子マラソン日本代表に内定した前田穂南(てんまや)が1時間38分35秒の日本記録で優勝した。

従来の記録は野口みずきが2005年ベルリンマラソンの30km通過タイムで出した1時間38分49秒。

大会記録は2004年開催の第38回大会で、おなじく野口みずきが出した1時間39分9秒だった。

青梅マラソン30kmのコースは概ね前半が上りで、後半が下りであるが、小刻みなアップダウンがあり選手の脚を削っていく。

そのコースの大会記録を出した前田選手の5kmラップはこちらです。

16:18-16:18-16:48-16:22-16:37-16:12

20km通過が1時間5分46秒ですから、21.0975kmは1時間9分台でしょうが、上り基調でこのタイムは凄いの一言です。

前田選手のハーフマラソンベストは2019年12月15日に開催された山陽女子ロードレースで2位(日本人では1位)になった際の1時間9分08秒てす。この時の20km通過は1時間5分33秒ですから高低差を考えたら今回の方が速くハーフマラソンを走りつつ、30kmまでほぼイーブンペースで走りきったのです。


<スポンサーリンク>


注目すべきは、野口みずき選手が2004年青梅マラソンの大会記録を作った翌年の2005年ベルリンマラソンで2時間19分12秒の日本記録を出し、その前の大会記録保持者である高橋 尚子選手が2001年大会で1時間41分57秒を出した直後のベルリンマラソンで2時間19分46秒の当時の世界記録を出したことです。

偶然青梅マラソンと世界屈指の高速コースで開催されるベルリンマラソンの比較になりましたが、気象コンディションやレース展開など違うのを承知で比較してみました。

野口  1:39:09→2:19:12 約1.404倍

高橋  1:41:57→2:19:46 約1.371倍

ちなみに30kmとフルマラソンの距離は約1.407倍ですから、野口選手は青梅マラソン とベルリンマラソンはほぼ同じペースで、高橋選手に至っては距離の長いベルリンマラソンの方が速いペースなのです。

今回の前田選手の1時間38分35秒を野口選手と同じ1.404倍すると2時間18分24秒。高橋選手と同じ1.371倍すると2時間15分9秒。

2時間15分台はともかく、2時間18分24秒は高速コースで気象コンディションに恵まれれば達成可能でしょう。

女子マラソンは2005年から日本記録が止まっていますが、ようやく日本記録更新が期待される選手が現れました。

女子の世界記録は2001年に高橋選手が2時間19分46秒で初めて20分を切ると、その年にケニアのキャサリン・ヌデレバが18分台を出し、翌年2002年には英国のポーラ・ラドクリフが2時間17分18秒を出し、さらに2003年に不滅の記録と言われた2時間15分25秒を出しました。

そこでしばらく時間は止まりましたが、2019年シカゴマラソンで、ケニアのブリジット・コスゲイが、2時間14分04秒の世界記録を出し、その記録がナイキの厚底シューズ規制論議の契機になったとも言われています。


<スポンサーリンク>


前田選手の自己ベストは2年前の2018年1月の大阪国際女子マラソンの2時間23分48秒で、世界記録とは約10分の差がありますが、現在はここまでの差はないでしょう。

こちらは青梅マラソン公式ページに掲載されたフィニッシュ時の動画です。

伸びやかで素晴らしいフォームです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA