タイトルに騙されない。

あなたがこのタイトルを見たらどのような外食をイメージしますか?

京大病院研修医57人、飲酒会食し自宅待機 コロナ予防方針に反し

<スポンサーリンク>


そして記事の冒頭にはこのように書かれています。

京都大医学部付属病院(京都市左京区)に4月から配属された研修医95人のうち6割に当たる57人が、新型コロナウイルス感染予防のため飲酒を伴う会食などを禁じた病院の方針に反したとして自宅待機となっていることが7日分かった。

おそらく大半の方は、京都大附属病院の研修医が57人打ち上げに参加したのを知った京大病院が研修医に自宅待機を命じた。

慶應病院の研修医に続き、日本の研修医は何を考えているのか?こんな緊急事態に医師としてのモラルがないのではないか?と思うでしょう。

私もタイトル見てそう思いましたが、京大病院の発表を読むと随分違います。

新規採用研修医の自宅待機に関する報道について

一部抜粋すると

本院では、本年3月に各地の大学を卒業したばかりで4月から本院で勤務をはじめる新研修医に、4 月1日までの2週間の間に一回でも2人以上(家族での食事を含む)で飲酒を伴う外食をしたことがあるか等について自己申告を求め、該当する場合には外食等の事実があった日から 14日間を自宅待機とすることで、感染リスクを徹底的にゼロに近づける措置を行いました。

研修医57人で打ち上げをしたのではなく、家族を含めて1回でも2人以上で飲酒を伴う外食をしたことがあるかどうか自己申告を求めて、該当すると申告があった場合は、その外食をした日から14日間自宅待機にした。という内容です。飲酒を伴うと言っても、一緒に暮らす家族とファミレスで食事はすることあるでしょうし、そこでビールを1杯飲むことだってあるでしょう。

私は京大病院のリスク管理は凄いと感じました。皆さんはいかがでしょうか?

 

京都新聞の記事には、京大病院の研修医が57人で打ち上げをしたとは書いてませんが、それを大半の人が浮かべるようなタイトルと記事を書いたのです。
<スポンサーリンク>


そして、そのことにつきBuzzFeedが中立的な目線で記事を書いています。

外食した研修医57人に自宅待機命じた京大病院が見解、報道に対して牽制

<スポンサーリンク>


京都新聞は何をしたいのだろうか?

医療従事者をディスりたいのか?

若者は現在の危機を分かっていないと印象操作したいのか?

国民の不安や怒りを煽りたいのか?

 

このような報道には怒りを感じます。

まずは、皆さん、真っ新な目線で、3つのリンク記事を読んでみてください。

そして、朝日新聞も本件に対して同様の記事を書いてますが、それらをシェアしてる方がいたら、教えてあげてください。

最前線で感染リスクに晒されながら頑張っている医療機関の方々への感謝の気持ちがあれば、こんなミスリードを誘う記事は書けないと思います。

それとともに、タイトルだけ読んでけしからんとシェアしたあなたも、この新聞社と同じことです。

 

4月6日にこのような記事を書きました。

危機を乗り越えるには、複数の情報源と考える力。

まだ緊急事態宣言下の生活はしばらく続きます。当然ながらストレスが溜まってくると思いますが、特に批判的な記事や投稿を目にした時は、反射的に反応しないでちょっと考えてみてください。

ニュース記事であれば、違う媒体を調べてみてください。全く違う内容だったりします。政府や自治体が発表してる内容があるのであれば、それを読んで自分自身で判断してください。

また、パチンコ屋に行列してる人がまだいるとか、学生が地方に避難してるとか、さまざまな記事を目にしまうが、大手メディアなら古い画像を使うなんてことはないでしょうが、そのようなメディアだってあるでしょう。

あなたが友人から信頼をおかれている方であればあるほど、この人がシェアしたのだから、記事の内容は本当なんだろう。って信じられて拡散していくのです。それがデマだったり印象操作だったら、それに加担したことになるのです。

私自身も気を付けますが、特に誰かを傷つけるかもしれない内容については十分に調べてください。



「タイトルに騙されない。」への2件のフィードバック

  1. 京大病院の外科医からの情報を追加しますと、、

    ・着任のための移動・通勤圏内の移動を超えた移動
    ・飲酒を伴う2人以上の食事会
    に対して、入職時に決められた規定により自宅勤務となっています。
    あくまで、感染対策をしっかりとするための方策であり、もともと禁止していなかったので
    罰則でもありません。(国内移動も禁止されていたわけではありません)
    入職14日以内に海外にいたものは0でした。(すべてキャンセルしている)

    だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA