東京レガシーハーフマラソンは結構厳しいコース

東京マラソン財団が、東京2020大会のパラリンピックコースを活用した「東京レガシーハーフマラソン」が2022年10月16日に開催されます。

現時点で発表されている規模感などはこちらです。(詳細はニュースリリースをご覧ください。)

<スポンサーリンク>

コース(予定)

国立競技場及び周辺(予定)の発着を想定したハーフマラソンコース

開催時期

2022年10月16日(日) *毎年10月第3日曜日に開催

実施規模

15,000名(うち障害者枠約1割を設ける予定)

参加定員15,000人だと、国立競技場から全員がスタートするのは難しく、新宿シティハーフマラソンのように国立競技場周辺や神宮外苑外周に並んでスタートして、国立競技場のトラックがゴールになるのでしょう。もしくはエリート部門のみ国立競技場スタートになるのかもしれません。

<スポンサーリンク>

結構厳しいコース!

開催予定としてアップされているコースを見ると、これって結構厳しいコースだと感じました。

こちらはニュースリリースのキャプチャーです。

国立競技場周辺を走ったことがある方は分かるでしょうが、スタート直後に結構登って下るので、フィニッシュ間際も結構登って下ります。

また、東京マラソンの序盤、靖国通りをダラダラと下りますが、レガシーハーフはここを終盤戻ってくるのだからダラダラと登ります。その上で、ラスボス的に国立競技場付近で一気に登らされるのだから、ハーフマラソンにありがちな前半突っ込んで後半粘る走りだと、相当ペースダウンしそうな予感がします。

実際どのくらい獲得標高があるのかイメージするために、ガーミンのルート機能を使ってルートをトレースしてみました。

かなりざっくりしたトレースですが、大きくは変わらないでしょう。

ハーフマラソンで130mも上るのです。ちなみにその2倍の距離を走る東京マラソンの獲得標高は私の計測で111mでした。

昭和記念公園の周回(約5km)は約30m上ります。このコースで開催されるハーフマラソンは130m近くになるので、同じくらいの獲得標高になります。ただ昭和記念公園は小刻みにアップダウンが続き、レガシーハーフは多くはフラットなコースで最初と最後にガツンと登る違いがあります。

自己ベスト更新を狙うなら、もっとタイムを出しやすいコースはあるでしょう。

ただ、東京マラソンの感動は別格でしたし、その東京マラソン財団が主催する大会が、パラリンピックのコースを生かした大会を開催するのだから走ってみたいです。

東京マラソンにつながる「TEAM ONE TOKYO」の先行入会がスタートし、2022年4月30日(土)までに入会すると抽選で今回紹介した【東京レガシーハーフマラソン(2022年10月16日(日)開催予定)】の出走権が付与されるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA