痛みが出たら一休み〜初めてフルマラソンに挑戦する初心者ランナーに向けたアドバイス①〜

先ほど、こちらの記事を書きましたが、それなりのペースで投稿していくためと、読みやすさの観点から、1本1本短い内容にしますが、それぞれポイントはしっかり伝えていきます。

<スポンサーリンク>

まず故障しないでほしい

書きたいことはたくさんあるのだけど、まずランニングを始めた方にお伝えしたいのは故障しないで欲しいということです。

誰だって好き好んで故障したいわけじゃないと思うけど、初心者もベテランも、トップアスリートにしても走るのを止めるキッカケは多分故障・ケガが一番多い。

もちろん運動していない方が、一念発起して運動を始めたら最初は間違いなく筋肉痛になります。それは仕方がないことだし、それを繰り返して上達していきます。

ただ、初心者のうちはいわゆる筋肉痛のような痛みと、無理しちゃいけない痛みの区別がつきにくく、痛みがあるのに練習を続けて故障しちゃうケースがあります。もちろんベテランでもあることですが、特に走れる身体になっていない初心者のうちはまずは故障しないことを最優先にして継続して走れるようにすることが上達の早道です。

転倒や足首を捻るといった突発的なケガと違って、大半の故障には強い張りや違和感といった『サイン・前兆』があります。そのサインを感じた時の対応が、その後走るたびに痛みに悩まされるかどうかの分かれ道になるかもしれません。

<スポンサーリンク>

痛みの原因を把握する一番の方法

私からのアドバイスとしては、今まで経験したことがない痛みや張りを感じたら、そのまま練習を継続しないで、まずはスポーツマッサージなどに行ってください。

そして、痛みや張りのケアをしてもらうだけではなく、どのような理由・原因がその痛みに繋がっているのかを聞いてみてください。多分その答えを聞いてもよく分からないこともあると思うので、その時は質問の仕方を変えて聞いてみてください。中にはそのような質問を面倒くさがるスタッフもいるかもしれませんが、その場合はお店を変えた方が良いです。

そして、現在の状態はどの程度の悪さなのかを聞いてみてください。一番分かりやすいのは、正常な状態が1で、故障した時を10としたら、今はどれくらい?とか。そのような質問ならスタッフも回答しやすいですし、自分自身も、この張りや痛みだとすぐには故障に繋がらないなど線引きができます。

そうやって、自分の身体の状態を客観視できるようになれば少しづつ負荷の高い練習を安心してできるようになります。

そして、現在の自分に必要なストレッチを一つ教わってみてください。専門家が身体の状態を把握してケアをしているわけですから、そのストレッチの効果は大きいでしょう。

また行きつけのスポーツマッサージや鍼灸院などケア施設を見つけておくと安心です。同じスタッフにみてもらえば、前回との状態の違いなども聞くことができます。その意味ではキチンとカルテを書いているような施設がおススメです。

スポーツマッサージや鍼灸院などの料金相場は30分あたり3,000-4,000円が一般的です。

ランニングをしたことない方からすると高いと感じるかもしれませんが、身体をケアしてもらうだけではなく、身体についての勉強もできると思えば私は高いとは思いません。

私は東京近郊を中心に展開しているケッズ・スポーツマッサージに行ってますが、地方都市でも探せば良い施設はあると思います。

<スポンサーリンク>

痛みが出たら一休み

タイトルに、痛みが出たら一休みと書きましたが、いくつかの意味があります。

一つは、痛みがあるなら練習予定があってもキャンセルしてケアしてほしいという意味で、もう一つは、走っていて経験のない痛みや過去故障した時にあった痛みが出たら、そのまま走らずにまずは止まって欲しいという意味です。ペースを落とすのではなく止まって状態を確認してください。仲間と走っていたり、練習会でグループ走をしていても安全に止まれる場所・タイミングで躊躇なく止まってください。

痛み止めは止めよう

最後に、痛みがあるのに、痛み止めを飲んで走るようなことはやめましょう。初心者でそれをする方は少ないと思うけど、それは痛みを治すのではなく、痛みを感じにくくするだけで、せっかくの身体からのサインを見ないことにしてしまうことです。

それだけではなく、痛み止めを飲んで走ることは重大な副作用につながることもあると、医師も注意喚起しています。

痛みがあったら痛みが出ないように根本から治すような試行錯誤をしていきましょう。

セルフケアなど

まずは出来るだけお金をかけないようにしたいというなら、痛みや張りが強くなったら、お風呂にゆっくり使ったりストレッチをして、痛みがなくなるまで走らないで、走る代わりに歩くのもおススメです。

またセルフケアで定期的に足の各部位を触るだけでも、いつもより硬いとか、押すと痛いなんてことに気づけます。そして自分の手に負えない状態になったら専門家に診てもらいましょう。

こちらに私が使用しているセルフケア用品をまとめています。数百円で買えるものから数万円のものまで幅広いけど、気になるモノは試してみてください。

関連記事を掲載しておきますので、合わせてお読みください。

まずは、故障しないで練習を継続して力をつけていきましょう。

続きはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA