ウェーブリベリオンプロ履いてみた

今日発売のミズノ ウェーブリベリオンプロを購入し、夜のウルプロ練習会で履いてみました。

<スポンサーリンク>

サイズ感

私はアルファフライ、ヴェイパーフライネクスト%2は25cmですが、ウェーブリベリオンプロはやや小さめなので25.5cmを購入しました。走った感じサイズ感は間違っていません。

フィット感

良いシューズは短時間でも良さは分かりますが、このシューズに関しては足を入れた瞬間に踵周りを含めてフィット感はアルファフライ同様良い感じでした。ヴェイパーフライネクスト%2の踵の甘さが10点満点で3点としたら、9点、10点あげても良い感じです。もちろん両面テープを使う必要ありません。

<スポンサーリンク>

今日の練習

ウルプロ練習会は4’30/km(1周108秒)で1600mのクルーズインターバルを4本、リカバリー80秒で走りました。このペースだと遅くて走りにくいかな?と思いましたが、練習会前に走ってみると100m27秒で違和感なく走れたのでそのまま練習会でも走りましたが、4’30/kmでも違和感なく走れます。特にスピードが出ないように抑えて走ったわけではなく、出力を抑えて走ると自然とそのペースを維持してくれました。

踵がなくインパクトが強いデザインですが、私はフラット接地なのでなんら違和感はありませんでした。

練習会前に100m流しを5本しました。全力ではなく、接地時の反発を上手に使って、身体の動きはややゆったり走りました。ポンっと弾み感覚はアルファフライと遜色なく、だんだんリズムがあってくるとややペースが上がりました。

18″5 – 18″5 – 17″6 – 18″1 – 17″4

最初から加速するように走れば結構スピード出せそうと感じました。今回は8割くらいの感覚です。

このスピードで走っている時もフラット着地で、特にフォアフットではないと走れないシューズではありません。

<スポンサーリンク>

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hidenori Shinzawa(@hidenorishinzawa)がシェアした投稿

 

シューズの重量

このシューズは見た目は重そうですが、25.5cmで191gです。また手に取ると軽いし、フィット感が良いから走っていて重たいと感じる人は少ないでしょう。

WAルール適合

このシューズは、WA(世界陸連)の規定であるソール厚40mm以下に適合したモデルです。

どう見ても50mmくらいありそうですが、測定時は踵の抉れた部分を下に付けて行うので40mm以下になりますが、シューズの中央部を測ってみたら48mmありました。ただ走っていてそんな厚さを感じることはありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA