24時間走308kmの意味〜世界トップレベルで戦う条件が変わった〜

前回上記の記事を書きました。こちらもお読みください。 リトアニアのAlexandr Sorokin選手が24時間走で、伝説のウルトラランナーであるイヤニス・クーロス選手の303kmを超える308kmという驚愕の記録を出し…

さらに表示 24時間走308kmの意味〜世界トップレベルで戦う条件が変わった〜

仲田光穂選手を石川佳彦選手が追う展開(前半戦)

ジャパントロフィー24時間走はスタートから12時間が経過し、既に54選手中、既に3人の選手が途中棄権となった。 通常の24時間走はフラットな陸上競技場のトラックや公園などで開催されるが、今回はコース変更などを経て、片道5…

さらに表示 仲田光穂選手を石川佳彦選手が追う展開(前半戦)

8時間耐久レースin戸田・彩湖〜1位は107.8km〜

7月4日に開催された8時間耐久レースin戸田・彩湖は断続的に雨が降る中で開催されました。 ウルプロからも何人かエントリーしているメンバーがいたので、金曜日に雨天により練習会を中止にした代わりにオンラインレッスンでウルトラ…

さらに表示 8時間耐久レースin戸田・彩湖〜1位は107.8km〜

10日間でUTMFと川の道フットレース520kmを完走したウルトラランナー中島竜之助

先週、多くのウルトラランナーが悲しみにくれる出来事があった。それは「竜ちゃん」こと中島竜之助さんが57歳という早すぎる死を迎えてしまったこと。私がその事を知ったのは水曜日の練習会前だったが、しばらく現実とは思えなかった。…

さらに表示 10日間でUTMFと川の道フットレース520kmを完走したウルトラランナー中島竜之助

川の道フットレース251キロ完走(12)〜8,000mlの水分補給と8,000kcalのエネルギー補給〜

エイドステーションなどほぼないジャーニーランで補給の中心になるのはコンビニです。100km程度のレースであればアスリチューン・ポケットエナジーなどスポーツサプリメントが中心で、エイドで飲食することもほぼありませんが、ジャ…

さらに表示 川の道フットレース251キロ完走(12)〜8,000mlの水分補給と8,000kcalのエネルギー補給〜

川の道フットレース251キロ完走(11)〜そしてゴール〜

川の道フットレース251キロ完走⑩〜情けは人の為ならず〜 <スポンサーリンク> CP25〜ゴール(新潟市・「海の家 静浜亭」) 区間距離2.4km (スタートから251.3km) 前回タイム 0時間57分(ス…

さらに表示 川の道フットレース251キロ完走(11)〜そしてゴール〜

川の道フットレース251キロ完走⑩〜情けは人の為ならず〜

<スポンサーリンク> CP23〜CP24(新潟市・大野大橋南詰) 区間距離27.0km (スタートから241.0km) 前回タイム 7時間32分(スタートから46時間10分) 区間タイム 7時間10分(スター…

さらに表示 川の道フットレース251キロ完走⑩〜情けは人の為ならず〜

川の道フットレース251キロ完走⑨〜幻覚に襲われたランナーと一緒に進んだ〜

<スポンサーリンク> 前話では、精神的にもきつかった区間について書きました。 2018年大会も思うようなレース運びができなく厳しい結果になりましたが、今回CP21に到着したのは、前回より2時間20分も遅い時刻…

さらに表示 川の道フットレース251キロ完走⑨〜幻覚に襲われたランナーと一緒に進んだ〜