痛みなく走れて嬉しい〜パーソナルレッスンから1ヶ月後〜

1ヶ月前に、足首の故障でしばらく走れなかったFさんとパーソナルレッスンをしました。その後、アドバイスしたメニューで練習を続けていましたが、久々に昨日の午後練に参加しました。その間、痛みは出なかったようで私も安心しました。

当時動画をアップしましたが、パーソナルレッスンを受けた時はこのような走りでした。

痛めた箇所をかばう気持ちがあることで、余計に負担をかける動作になっていました。

<スポンサーリンク>

そこで筋力を使わず地面の反発をもらえるような動きを感じてもらい、痛めた箇所に負担がかからない・痛みが出ないことを確認しつつ少しづつ動きをつけていったところ1時間弱でこんな動けるようになりました。

そして、痛みが出ないからと安心していきなり走って痛めないよう、しばらくはアドバイスした歩きと、走りを交互にすることで、負荷を調整しつつ練習時間を増やしてもらいました。もちろん通院中の整形外科で脚の状態は確認してもらうよう伝えました。

<スポンサーリンク>

こちらは昨日の午後練の画像ですが、こんなスピードで走っても痛みは全く出なくなったようです。

<スポンサーリンク>

パーソナルレッスンを受ける前の状態や現在の状況などFさんにインタビューしました。

パーソナルレッスン前の状態

ドクターに走ってみていいと言われたのは故障から5ヶ月経った頃で足首の腫れも引いているからスピードは出せなくても距離は故障する前くらいは走れると思っていました。
それが走りはじめたら2km行かないうちに足首に違和感がでて3km走ると痛みがでてくるので、痛みが出た地点からはトボトボ歩いて帰ってくるという感じでした。
しかも走ると必ず腫れてしまうので、1週間に1回走れるかどうかということを繰り返していました。
走りに出る時はどうしたら痛みが出ないで走れるかを考えて「足を体幹からまっすぐ降ろす」接地の仕方を試行錯誤していたつもりだったのですが実際のところ忍び足のようにそっと足を着くような走り方になっていました。

ひとりでいくらやっても痛みが引くことがなく気持ち的には「もう走れないかも」とだいぶ諦め気分になりはじめていたのですが新澤コーチからご連絡いただきパーソナルレッスンを受けることにしました。

パーソナルレッスンを受けて

パーソナルレッスンで、いつも自分が意識しているカラダの真下に接地したつもりの走りをして動画を撮っていただいたのを確認したら、全く違う走りに物凄く驚きました。

レッスン中にコーチと走り方の擦り合わせをして正しくカラダの真下に接地する走り方に修正していったら、いつも以上にスピードを出して走っているのに痛みがでず、とても感動しました。

パーソナルレッスン後

その後、走る前にはまずパーソナルレッスンで教えていただいた2種類の歩き方(骨盤を動かすような歩き方と行進のように足裏全体で地面を押すような歩き方)を行って、その動作からランニングに繋げるような練習をしています。

パーソナルを受ける前と同じくらいの距離を走っていますが痛みは出て来なくなったので週1回から週3回に増やしています。

そして、パーソナルレッスン後に整形外科で診てもらって腫れが出ていないので治療は終了したようです。

痛みなく走れて嬉しい

痛みなく走れることがホントに嬉しくて、ちょっと前までは走ることそのものを諦めかけていましたが、今はまた、故障以前と同じくらい走れるように頑張りたいと前向きな気持ちになっています。

<スポンサーリンク>

私からみた当時のFさんの状態など

当時Fさんは、ドクターのOKが出たのに走り始めたけど短い距離でも痛みが出て腫れてしまうので、筋膜リリースなど新たな治療など試みようとしていました。

その話を聞いて、腫れが出ていない状態から短い距離を走ると腫れが出てしまうは負担のかかるフォームになっているからであり、筋膜リリースなど新たな治療をするのは良いけど、その時は改善しても、走ればまた痛み・腫れが出てしまう。そもそもの原因を改善しなければずっと治らず、走ることが嫌になってしまうと感じ、その状態からFさんを引き上げたいとアドバイスすることにしました。

最初に動きをみると予想通りでした。接地の瞬間に軸がずれた状態で痛めた弱い箇所に体重が乗れば負担は大きく痛みになるのは容易に想像できました。

まずは、動画(客観)を見てもらい、Fさんの感覚(主観)とのズレを認識してもらうことからをスタートしました。

今回記事を書いた理由

痛みがあるのに我慢して走れば多くの場合悪化します。まずは医師など医療機関で診断・治療を受けてください。

その上で、治療が終わってからもFさんのように走ると痛みが出てしまうなら、その原因を見つけることです。左右バランスの崩れなどランニングフォームが悪いだけではなく、筋力が弱くて支えられないケースもあります。またシューズが原因の場合もあります。自分で分からなければ、スポーツマッサージやトレーナー、動き作りが得意なランニングコーチから客観的にみてもらうと早道です。

また、日頃のセルフケアは非常に重要です。身体をほぐすと意味合いもありますが、身体の状態(張り、痛み)に気づくという効果もあります。

私は、セルフマッサージのアイテムはたくさん持っていますが、現在気に入っているのは、RUCOE RUNで購入してから結構な頻度で使用しています。そんなこともあり今月から商品の取り扱いも開始しました。大きく広げるつもりはないので、当面はウルプロメンバー向けの販売になりますが、過去に私のパーソナルレッスンを受けた方や、お付き合いのある方はご相談ください。

面識のない方は、下記のようにさまざまなショップがAmazonなどECサイトでも販売してますし、川口のルナークスでも販売しているので、興味ある方は試してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA