パーソナルを受けたら、すぐ数値が上がった。

<スポンサーリンク>

先日こちらの記事をアップしましたが、1月下旬にパーソナルレッスンを受けたKさんからこのようなメッセージをいただきました。

記事読みました。モーションセンサーや心拍計付きGPSは活用していますが、信用しすぎるのも良くないですね。しかしパーソナルを受けると、すぐ数値が上がるのでアドバイスが凄いと思います。しばらくは左右のブレのない走りに意識をおいてフォームを改善したいと思います。

今回のパーソナルレッスンは、モーションセンサーを使って数値を調べながらアドバイス等していないので、その後の練習会のスコアが良かったのだと思ってスコアのキャプチャーを送ってもらいました。

「パーソナル後の90分間走では数値が良かったです。」

私とのメッセージのやり取りの中に参考になることがあると思うので紹介します。

パーソナルレッスン前のスコアはどんな感じでしたか?

「パーソナル2日前はこんな感じでした。」

キャプチャー上部に計測した日時が掲載されています。

総合スコアが71から79に上がったのも凄いことですが、特にKさんの課題である『スムーズな重心移動』が68から83と大幅に改善しました。

この90分間走の時は半分くらい私も一緒に走り、後ろからフォームを見ていましたが、横に力が逃げずに良い感じで走っているとは思っていましたが、その感覚通りスコアも改善していました。

<スポンサーリンク>

続けてKさんからこのようなメッセージが届きました。

その後の自主練では下がりました。。

キャプチャーを送ってもらうと、総合スコアが下がった原因は分かりましたが、確認のために詳細項目を送ってもらったら、予想通り『左右方向衝撃』の数値が悪くなっていました。

パーソナルレッスン後の90分間走

自主練

『左右方向衝撃』が平均で「31.6」から「61.1」に悪化していました。パーソナルレッスン前の数値もおそらくこのくらいだったのでしょう。

「左右方向衝撃の値が全然違います。」

左右のブレが大きいわけですよね。パーソナルでやったこと思い出してみてください。

このように伝えると

「しっかり動きづくりをしてやってみます。」

と漠然とした言葉が返ってきたので、これは「左右方向衝撃」のスコアがパーソナルレッスンで改善した理由や、その時にどのようなことをしてもらったのかを忘れてしまっているのではないかと思ったので、このように返信しました。

多分、頭が動き過ぎな気がします。それで軸が大きくずれて左右衝撃が強くなるのでしょう。

「なるほど。明日はそこを意識して走ってみます。」

<スポンサーリンク>

翌日のインターバル走の投稿を見て、今までのKさんの走りから考えると、相当調子よく走れていたので、アドバイスしたことを再現できたと思い、メッセージで聞いてみるとこのような返信がありました。

「頭を動かさないように視線を左下を意識して走りました。無理せずスピードが出ていい感じでインターバル出来ましたが、モーションセンサーはイマイチの数字でした。」

モーションセンサーはインターバルではスコア悪くなります。

Kさんの走り終わってから、モーションセンサーのスコアを見たときの気持ちはよく分かります。ここは結構大事なことなので、このように伝えました。

インターバルは点数出にくいので、気にしないでください。理由はスピードをグッと落とした時の数値が平均化されちゃうからです。

モーションセンサーは初期設定では1kmごとに詳細項目の数値が出て、その数値を元にして、1kmごとのスコアの推移を確認することができます。私も使用する中でインターバル走の時は良い走りをしてもスコアが悪いので理由を考えたところ、疾走時の数値(フォーム)とゆっくりジョグで繋ぐときの数値(フォーム)が平均化されてしまうことだと気付きました。それからはインターバル走の時のスコアは気にしないようにしています。

<スポンサーリンク>

そして、ペース走の時に同じような意識で走るようアドバイスしました。すると後日このようなメッセージが届きました。

「今日は10km早めのjogで頭を動かさず顎をひいて目線を一定にすることを意識して走ったら安定した姿勢は100が出ました。左右安定性と重心移動もまずまずでした。」

『安定した姿勢』も改善しましたが、Kさんの課題の『スムーズな重心移動』が改善していました。そこでこのようなメッセージを送りました。

だいぶ定着しましたね。インターバルの時も同様の走りだったと思います。ジョグの時のフォームと平均化されちゃうから下がるのです。

大事なことですが、素晴らしい走りをして本人の感触も良かったインターバル走のスコアが悪かったと、フォームに迷ってしまったら勿体ないです。スコアにこだわりすぎるのはよくありませんが、なぜそのようなスコアになっているのかを把握するためにモーションセンサーを活用したら良いと思っています。

パーソナルレッスンをした後に、動画を送りますが、合わせてパーソナルレッスンで気づいたことや、どのように変わったのかなど文章にしてくださいと伝えています。記憶はどんどん薄れてしまうので記録に残しておかないと、あの時の感覚は何を変えたから感じたのか?を忘れてしまうのです。しっかり振り返りを送ってくれる方は自分の言葉で言語化できているので定着します。

冒頭にアップした記事を書いたことで、Kさんが読んでいただきスコアについて連絡いただいたので、Kさんが忘れていたであろうポイントを伝え再現してもらうことができました。

<スポンサーリンク>

今回記事を書きながら感じたのは、自分自身モーションセンサーを購入して使い始めた時は疑問だらけでしたが、自分のフォームだけではなく、練習会でウルプロメンバーのスコアなどを分析する中で、このような走りをすると、このスコアはどのようになるのか?をイメージすることができ、逆にスコアをみるとその方のランニングフォームがイメージできるようになってきました。

遠隔地の方とオンラインでパーソナルレッスンをする時は、従来は動画を送ってもらってアドバイスをしていますが、モーションセンサーを使っている方であれば、動画とモーションセンサーのスコアを活用してアドバイスします。

パーソナルレッスンは日時が限られますが、オンラインでのパーソナルレッスンは比較的柔軟に対応できますので、ご希望の方はFacebookページのメッセージからお問い合わせください。

モーションセンサーはAmazonなどネットショップだけではなく、川口駅近くのルナークスなどランニングショップでも取り扱いしている店舗はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA