一山選手の優勝タイムは2019-2020年世界ランキング16位

昨日開催された名古屋ウイメンズマラソンで優勝した一山麻緒選手の素晴らしい走りには感動しました。 レース後にFacebookページにアップしたところ高いエンゲージメントになりました。 リーチ数と言うのはこの投稿を見た人の数…

さらに表示 一山選手の優勝タイムは2019-2020年世界ランキング16位

大迫のタイムは現在世界ランキング6位〜2019年男子マラソン世界ランキング29位相当〜

本日開催された東京マラソンの上位選手はこちらです。 ビルハヌ・レゲセ(エチオピア)2:04:15 バシル・アブディ(ベルギー)2:04:49 シサイ・レマ(エチオピア)2:04:51 大迫傑(ナイキ)2:05:29(日本…

さらに表示 大迫のタイムは現在世界ランキング6位〜2019年男子マラソン世界ランキング29位相当〜

小椋選手のハーフマラソン1時間ジャストは現時点世界ランキング13位

この週末に開催された丸亀国際ハーフマラソンで小椋裕介(ヤクルト)が1時間0分0秒の日本新記録で2位に入りました。あと1秒がもったいないと感じるタイムでしたが、ネットタイムでは1時間を切っており、いよいよ日本人が1時間の壁…

さらに表示 小椋選手のハーフマラソン1時間ジャストは現時点世界ランキング13位

24時間走で女子世界記録更新〜ついに270kmオーバー〜

この週末にフランスで開催されたIAU24時間走世界選手権は男女ともにハイレベルなレースになりました。 特に女子は初めて260kmオーバーの記録を出したアメリカのHERRON Camille選手が270kmオーバーという驚…

さらに表示 24時間走で女子世界記録更新〜ついに270kmオーバー〜

男女のタイム差についての考察〜男女差は1.1倍〜続編

この週末に開催されたシカゴマラソンで、ケニアのコスゲイ選手が出した2時間14分04秒にはど肝を抜かれましたが、このタイムはキプチョゲ選手の2時間01分39秒のほぼ1.1倍です。 2年前にこの記事を書きましたが、短距離も長…

さらに表示 男女のタイム差についての考察〜男女差は1.1倍〜続編

100m17秒02〜エリウド・キプチョゲ人類初の2時間切り達成〜

 <スポンサーリンク> いつかは切ると思ってましたが、INEOS1:59でエリウド・キプチョゲが遂にサブ2を達成しました。 公式記録ではないので、自身が持つ世界記録更新ではありませんが、人類が初めて42.1…

さらに表示 100m17秒02〜エリウド・キプチョゲ人類初の2時間切り達成〜

2019世界陸上男子400mリレー〜金メダルとの差〜

世界陸上の男子400mリレーで2大会連続で日本が銅メダルを獲得しました。 1位のアメリカは37秒10(今期世界最高記録)、2位のイギリスは37秒36(ヨーロッパ記録)、そして3位日本は37秒43の(アジア記録)、さらに4…

さらに表示 2019世界陸上男子400mリレー〜金メダルとの差〜

世界に2時間35分以内ランナーは3,323人〜日本はケニアに続き2位〜

1月にこのような記事を書きました。 IAAF国際陸連2018年世界ランキングから見た日本人選手の実力 2018年の男子マラソン世界ランキング上位はケニア、エチオピアが独占していると思われているが、日本人もTOP100に8…

さらに表示 世界に2時間35分以内ランナーは3,323人〜日本はケニアに続き2位〜

男子100m世界ランキング〜世界との差は詰まっている〜

20日ロンドンで行われたダイヤモンドリーグ第10戦の100メートルで、小池祐貴(住友電工)が日本歴代2位タイとなる9秒98をマークし、桐生祥秀、サニブラウン・ハキームに続き3人目の9秒台ランナーとなったことは大きく取り上…

さらに表示 男子100m世界ランキング〜世界との差は詰まっている〜

100km8時間以内で走る女性ランナー 〜8時間以内の日本の女性ウルトラランナー一覧〜 2019年6月30日現在

(2019年7月11日)2017年、2018年にアップした下記記事に2019年のサロマ湖ウルトラマラソンの結果を追加しました。 先ほど、男女問わず6時間40分以内で走るランナーについて以下のように投稿しました。 キロ4よ…

さらに表示 100km8時間以内で走る女性ランナー 〜8時間以内の日本の女性ウルトラランナー一覧〜 2019年6月30日現在