マスターズ陸上2022年日本ランキング(中距離・M55)

先日、上記記事にて日本ランキングを作成しましたが、その時点ではまだ東日本マスターズ陸上選手権大会や、茨城マスターズ記録会、埼玉マスターズ陸上記録会が開催されていないので『暫定』として上記大会の結果を含めて再作成しました。…

さらに表示 マスターズ陸上2022年日本ランキング(中距離・M55)

マスターズ陸上2022年日本ランキング(中距離・M55)暫定

昨年から中距離競技を始めましたが、マラソンにはマラソンの面白さや難しさ、ウルトラマラソンにはウルトラマラソンの面白さと難しさがあるように、中距離にも面白さと難しさがあります。 2022年度もマスターズ陸上は5大会参加し、…

さらに表示 マスターズ陸上2022年日本ランキング(中距離・M55)暫定

Age Group World Rankings(年代別世界ランキング)について

先週、東京マラソン財団からこのようなメールが、年代別で上位に入ったランナーへ送られました。 東京マラソン2021において素晴らしいリザルトを残されたランナーの皆さまへ 3月6日に開催された東京マラソン2021を素晴らしい…

さらに表示 Age Group World Rankings(年代別世界ランキング)について

東京オリンピック陸上参加標準記録とターゲットナンバーについて

東京オリンピックの陸上競技に関して、日本で開催なので全ての種目に日本人選手が参加できると誤解している人はランナーであっても少なくないように思います。 もう少し具体的に書くと、日本で1番になればオリンピックに出られるという…

さらに表示 東京オリンピック陸上参加標準記録とターゲットナンバーについて

鈴木健吾の日本記録は2019年世界ランキング何位相当?〜びわ湖毎日マラソン結果〜

鈴木健吾(富士通)が2時間4分56秒という驚愕のタイムで優勝したびわ湖毎日マラソンは、過去優勝タイムにもなったサブ10(2時間10分切り)でゴールした日本人選手が40人もいるという過去例がないようなレースにもなりました。…

さらに表示 鈴木健吾の日本記録は2019年世界ランキング何位相当?〜びわ湖毎日マラソン結果〜

男子10000mで3人が日本記録達成〜相澤選手は現時点世界ランキング7位〜

【第104回日本選手権長距離】展望:初優勝狙う鈴木・相澤、連覇に挑む田村。マラソン五輪代表・大迫の走りにも注目!~男子10000m編~ 昨日開催された日本選手権男子10000mのレース前に、日本陸連が出したこちらの記事を…

さらに表示 男子10000mで3人が日本記録達成〜相澤選手は現時点世界ランキング7位〜

一山選手の優勝タイムは2019-2020年世界ランキング16位

昨日開催された名古屋ウイメンズマラソンで優勝した一山麻緒選手の素晴らしい走りには感動しました。 レース後にFacebookページにアップしたところ高いエンゲージメントになりました。 リーチ数と言うのはこの投稿を見た人の数…

さらに表示 一山選手の優勝タイムは2019-2020年世界ランキング16位

大迫のタイムは現在世界ランキング6位〜2019年男子マラソン世界ランキング29位相当〜

本日開催された東京マラソンの上位選手はこちらです。 ビルハヌ・レゲセ(エチオピア)2:04:15 バシル・アブディ(ベルギー)2:04:49 シサイ・レマ(エチオピア)2:04:51 大迫傑(ナイキ)2:05:29(日本…

さらに表示 大迫のタイムは現在世界ランキング6位〜2019年男子マラソン世界ランキング29位相当〜

小椋選手のハーフマラソン1時間ジャストは現時点世界ランキング13位

この週末に開催された丸亀国際ハーフマラソンで小椋裕介(ヤクルト)が1時間0分0秒の日本新記録で2位に入りました。あと1秒がもったいないと感じるタイムでしたが、ネットタイムでは1時間を切っており、いよいよ日本人が1時間の壁…

さらに表示 小椋選手のハーフマラソン1時間ジャストは現時点世界ランキング13位