安曇樹香 佐渡国際トライアスロン大会Aタイプ三連覇〜変わったことと変わらぬこと〜

アスリチューン・アグレッシブデザイン サポートアスリートの安曇樹香が2019佐渡国際トライアスロン大会Aタイプで3連覇しました。 (画像提供:安曇樹香) <スポンサーリンク> また男子合わせた総合順位で初めて…

さらに表示 安曇樹香 佐渡国際トライアスロン大会Aタイプ三連覇〜変わったことと変わらぬこと〜

石川佳彦 世界一過酷なバッドウォーターウルトラマラソンで史上最速タイムで優勝

石川佳彦バッドウオーターウルトラマラソンで優勝〜Badwater Ultramarathon史上最速タイム〜 石川佳彦バッドウオーターウルトラマラソンで優勝〜BADWATER ULTRAMARATHON史上最速タイム〜 …

さらに表示 石川佳彦 世界一過酷なバッドウォーターウルトラマラソンで史上最速タイムで優勝

大塚良軌の100km世界記録更新への第一歩〜フル2時間11分ランナーの挑戦〜

今年のサロマ湖100kmウルトラマラソンは前半世界記録を上回るハイペースの展開になったことは、こちらの記事に書きました。 板垣辰矢フルマラソン通過2時間29分の高速レースを制す!〜サロマ湖100kmウルトラマラソン〜 こ…

さらに表示 大塚良軌の100km世界記録更新への第一歩〜フル2時間11分ランナーの挑戦〜

石川佳彦バッドウオーターウルトラマラソンで優勝〜Badwater Ultramarathon史上最速タイム〜

2017年開催のIAU24時間走世界選手権、そして2018年開催のスパルタスロン優勝者の石川佳彦(アスリチューン・アグレッシブデザインサポートランナー)が今週アメリカ(カリフォルニア州)で開催されたバッドウオーターウルト…

さらに表示 石川佳彦バッドウオーターウルトラマラソンで優勝〜Badwater Ultramarathon史上最速タイム〜

「競走」ではなくて「共走」、それを強く感じた3回目のサロマ。(前編)

以前からの知り合いの通称ミカティと、大会前日にエキスポ会場で会いましたが、脚の状態が悪いと話していました。でも完走しちゃうんだろうな。と思ったらなんと38分もPB更新しました。 (画像提供 ミカティ) <スポンサー…

さらに表示 「競走」ではなくて「共走」、それを強く感じた3回目のサロマ。(前編)

安曇樹香 長良川ミドルトライスアロン102 優勝

(画像提供:安曇樹香) アスリチューンおよびアグレッシブデザイン サポートランナーの安曇樹香が長良川ミドルトライスアロン102で優勝しました。 このレースはSwim 2km、Bike 80km、Run 20kmのTota…

さらに表示 安曇樹香 長良川ミドルトライスアロン102 優勝

柴又100K(登録の部)で長江隆行が総合2位〜アスリチューンの使用感〜

週末に開催された柴又100Kの完走率は69.2%だった。 これは奇しくも同日に開催された野辺山ウルトラマラソンとほぼ同じ完走率だ。 野辺山ウルトラ100km完走率100%〜ウルプロメンバーが意識したこと〜その1 出走者数…

さらに表示 柴又100K(登録の部)で長江隆行が総合2位〜アスリチューンの使用感〜

安曇 樹香 アスリチューン・アグレッシブデザインのサポートアスリートへ

昨年のサロマ湖ウルトラマラソンは世界記録が生まれるなど歴史的な大会になったが、私の脳裏に焼き付いているのは、ワッカですれ違う女子トップ選手の走りだった。 <スポンサーリンク> まず優勝した藤澤選手とすれ違い、…

さらに表示 安曇 樹香 アスリチューン・アグレッシブデザインのサポートアスリートへ

2018年もアスリチューンサポートランナーの活躍は続く

2017年に続き、2018年もアスリチューンサポートランナーの活躍は続きました。 ちょっと私自身思い出せないくらいなので、まとめてみましたが凄いです。 まずはご覧ください。 *大会名称が略称や通称になっているのもあります…

さらに表示 2018年もアスリチューンサポートランナーの活躍は続く