マスターズ陸上2022年日本ランキング(中距離・M55)

先日、上記記事にて日本ランキングを作成しましたが、その時点ではまだ東日本マスターズ陸上選手権大会や、茨城マスターズ記録会、埼玉マスターズ陸上記録会が開催されていないので『暫定』として上記大会の結果を含めて再作成しました。…

さらに表示 マスターズ陸上2022年日本ランキング(中距離・M55)

マスターズ陸上2022年日本ランキング(中距離・M55)暫定

昨年から中距離競技を始めましたが、マラソンにはマラソンの面白さや難しさ、ウルトラマラソンにはウルトラマラソンの面白さと難しさがあるように、中距離にも面白さと難しさがあります。 2022年度もマスターズ陸上は5大会参加し、…

さらに表示 マスターズ陸上2022年日本ランキング(中距離・M55)暫定

昨年はマスターズ陸上日本ランキング7位だった

国立競技場のスタンドで、東京レガシーハーフを応援していると、スタンドとランナーの距離はそれなりにありますが、ランニングフォームで知り合いを結構見つけました。特徴的なウェアや体型でなくてもある程度分かるものです。 マスター…

さらに表示 昨年はマスターズ陸上日本ランキング7位だった

MDCミドルディスタンスチャレンジ

9月中旬の三連休は大型台風により首都圏も荒れ模様の天気になりました。 過去を振り返ると、信越五岳トレイルランニングレースやうつくしま、ふくしま。ジャーニーランなど長めの大会を走っていますが、台風の影響を受けてコース短縮な…

さらに表示 MDCミドルディスタンスチャレンジ

心拍数196!〜最大心拍数は220-年齢なんて考えない〜

私が資格取得している、スポーツプログラマーや、健康運動指導士の講義や試験にも、最大心拍数の目安は「220-最大心拍数」というのがあります。またGPSウォッチの初期設定に使われることもありますが、日常的にランニングや水泳な…

さらに表示 心拍数196!〜最大心拍数は220-年齢なんて考えない〜

埼玉マスターズ陸上2冠〜ようやく金メダル獲得〜

本日、熊谷の競技場で開催された埼玉マスターズ陸上選手権大会の1500mと800mで1位になりました。 昨年からマスターズ陸上にチャレンジしてから、メダルのない記録会で1位になったことはあるけど、メダルや賞状をもらえる◯◯…

さらに表示 埼玉マスターズ陸上2冠〜ようやく金メダル獲得〜

平行ピンしか使えない!?〜陸上スパイク情報〜

この週末開催の関東マスターズ陸上選手権大会のページをみると、このような掲載がありました。 「陸上競技場内でのリードルピンの使用禁止」⇒確認事項 陸上用スパイクを持っていない方はそもそも分からないでしょうが、陸上用スパイク…

さらに表示 平行ピンしか使えない!?〜陸上スパイク情報〜

東京マスターズ陸上とMETAタイムトライアル

週末はまさに陸上漬けの2日間でした。 どこから書き始めたらよいか迷うけど、まず、今の気持ちを書いておくと、いろいろホッとしてます。また心身ともにかなり疲れていますが、長引くような疲労にはならないと感じています。 <…

さらに表示 東京マスターズ陸上とMETAタイムトライアル

10年前に1000m3分切りしたいと思っていた。

10年前の投稿を見て、記憶の底に埋もれていたことが浮かび上がってきました。 もう限界だってところから粘って粘って出したタイムも忘れていました。ただ、横を走ってくれた安西アルトウさん(1000m日本歴代2位)は、必死に走る…

さらに表示 10年前に1000m3分切りしたいと思っていた。

100kmからの1500mも無難に。

週末に1500mを走ったので、感じたことなど残しておきます。 チャレンジ富士五湖から、マスターズ陸上で短距離・中距離走って、OTT1500mで自己ベスト更新し、その5日後に弘前100km走った理由などはこちらに書きました…

さらに表示 100kmからの1500mも無難に。