嬉しいとか、楽しいとか、綺麗とか、幸せって結構近くにある。

金曜日の夜に織田に行ったら桜が咲いていました。

もうすっかり春です。

最近入会したメンバーが

「ウルプロメンバーが自己ベスト出したって記事読んだけど、たくさんのメンバーの中で、ほんの一部のメンバーのことだと思っていましたが、自分が練習会に出てメンバーが伸びてる理由が分かりました。」

と話してくれました。

そして「走ることがまた楽しくなってきました!」と話してくれました。

そう言われるとホント嬉しいです。

<スポンサーリンク>


こちらは、昨日までの過去10日間に開催した練習会の画像です。

メンバーの間隔は広めです。

<スポンサーリンク>


最近は女性の入会者が増えていますが、男女ともランニング始めたばかりというメンバーは少なく、ランニング歴の長い方が多いです。もちろん、ランニング歴の短いビギナーランナーの入会も歓迎です。

メンバーの多くは、中々伸びない。むしろタイムが落ち続けている。故障ばかりしている。ランニングがつまらなくなりはじめた。という状態で入会しています。

自己ベスト続出しているけどさらに伸ばしたいと入会したメンバーはほとんどいません。

そのようなメンバーが試行錯誤する中で、自己ベスト更新するだけではなく、長年悩まされていた痛みが解消したり、200kmを超えるウルトラマラソンを完走してます。何より走ることが楽しくなった。と話してくれるメンバーは少なくありません。

どう走って良いか分からなくなったという方、しばらく痛みなく走ったことがない方、もう一度自己ベストを狙いたい方など、ウルプロが力になれるかもしれません。

ただし、本気の方が対象です。

本気って、過酷な練習をしてもらうと言う意味ではなく、自分自身の目標に向かって、限られた時間の中で試行錯誤し自分の成長を楽しめる方に来てほしいのです。

さて昨日はメニューは8分間走×5本予定でしたが、動き作りを長めにして8分間×4本にしました。

これは脚の切り替え動作の動き作りをした後に、動画撮影したものです。

それぞれ自分の課題にむけて取り組んでいるので、かなり良い走りになってきました。

楽に推進力を得ることが出来るようになったので、今まで走れなかったペースで走れるようになったり、痛みが出なくなったメンバーもいます。

さて、アスリチューンの赤5個パックは練習会参加回数によって提供してます。

ウルプロメンバーの使用感などこちらで紹介してます。

アスリチューン・エナゲインを使用した感想

<スポンサーリンク>


昨日は練習会前にパーソナルレッスンをしてから、練習会の間の20分間を使って短距離の練習として50mや100mを合わせて8本ほど走りました。

50mをスタンディングスタートで2回計測すると7秒1と7秒0でした。

意外と走れるもんだと思いましたが、自分で押して自分で止めるわけですから、ちょっと適当すぎるので50m測ってみたいという女性メンバーと一緒に50m走ってから交互に測定しました。まず女性メンバーが走り私が計測すると8秒5くらいで走りました。結構速いと思います。

そして、私のタイムを計測してもらうと凄いです!と勿体ぶるので6秒台出たか!?と期待すると7秒0でした・・・。

グリップがさほど良くないこのランニングシューズで走ったので、スピードが上がるとちょっと力が伝わりにくく加速しにくい。スパイク履いたら6秒台は出せそうです。

陸上部ではなかったけど、小中学時代はクラスでは速い方でした。ただどのくらいのタイムで走っていたかは全く記憶ありません。記憶のある最速タイムは大学2年時に体育の授業で、スパイクなし、スターティングブロックなしで出した12秒4です。ちょっとこのタイムを破るのは難しいと思いますが、マスターズ登録をしたので12秒台目指して練習していきます。

50mのタイムから100mのタイムを予測するページがあったので、自分のタイムを当てはめてみました。

50m 7.03 → 100m 12.8

50m 6.98 → 100m 12.7

50m 6.92 → 100m 12.6

手動計測のタイムに0.2秒〜0.3秒足すと電子計測のタイムになるようです。

そうなると50m6秒9で走れば電子計測で100m12秒台が出せそうです。

余談ですが・・・

100mの世界記録は9秒58 100m12秒99は、その1.356倍

マラソンの世界記録は2時間1分39秒 その1.356倍は2時間44分57秒

ちなみに100m10秒99は世界記録の1.147倍、マラソン世界記録の1.147倍は2時間19分31秒

100m10秒台、マラソン2時間19分台、どちらも市民レベルでは一流でしょうからレベル感は近いと思います。そうすると100mで12秒台を出すのはマラソンで2時間44分台を出すのと同じようなレベル感と考えても大きなズレはないように思います。

もちろんこれからもウルトラマラソンなどロードレースが私の軸になりますが、今年から振り幅を大きくします。振り幅が広がることでいろいろ気づくこともあります。短距離をすることで長距離に繋がることはたくさんあるので、それも短距離を始める理由です。

何よりやってみたいと感じたらやってみます。

どのくらいまでタイムを伸ばせるのか?って思うと楽しくなります。

ただ、昨日はちょっと本数が多すぎたようで、体幹や太ももに負担がかかる過ぎて体幹部や脚の付け根に違和感があったので今日の練習会は走ることをやめてコーチングに徹しました。

練習後に錦糸町のケッズスポーツマッサージで診てもらうと、腹直筋や内転筋、大腿四頭筋の張りが相当張っているとのことでした。故障ではないけど、普段の走りではそこまで負荷をかけられないから身体が驚いたのでしょう。しっかりほぐしてもらうと違和感は小さくなりました。

しかし、腹筋がガチガチになるほどの張りが出るって全力走の負荷は凄い。次回から気をつけます。

今日の練習会でメンバーを撮影した動画はこちらです。

View this post on Instagram

今日は先日雨天で中止にしたウルプロ®︎練習会の代替練習会をしました。代替練習会なのと昨晩も行っているので参加者は少なめですが、その分一人一人の動きを見てアドバイスする時間は増えます。 10000mと1000mをメインの練習にして、その前と後ろに動き作りを入れて2時間しました。 動画は10分ほどの動き作りの前後に撮影した動画をスローにして繋ぎ合わせました。短時間でかなり変わったメンバーもいれば、あまり変化のないメンバーもいますが、少し前の動きから見たら劇的に良くなっているメンバーもいます。 この動画で見てほしいポイントは接地した時に逆の足はどこにあるかです。高い位置まで上がっていれば、そこから下ろすだけです。 メンバーそれぞれ、脚の筋力を使わなくても身体がスムーズに前に進むことを体感しています。 さて混雑していたトラックですが、タイムトライアル的に走ったメンバーのうち4人が5000mもしくは10000mで自己ベスト大幅更新しました。入会時には5000m35分くらいだったメンバー2人が26、7分で走ったのは私自身嬉しいです。 練習前に、それぞれから最近モチベーションが上がったことを話してもらいましたが、私は昨日の練習会で、最近入会したメンバー二人から、走ることがまた楽しくなりました。と言っていただいたことです。 また、練習会の合間にドクターから、日常生活で感染防止にやくだつことなど、いろいろ教えていただきました。 #モチベーションは自分で作るもの #大会だけが全てでない #パーソナルレッスン #ウルプロ®︎ #ウルトラプロジェクト®︎ #ウルトラランナーへの道®︎ #ウルプロPBチャレンジ #効率的なランニングフォーム #昨日までの自分を超える #アスリチューン #kernel #アグレッシブデザイン #ケッズトレーナー #チャンピオンシステム #アールエル #ハイアルチリカバリー #JaybirdVISTA #サブ3 #サブ35 #サブ4 #ウルトラマラソン #50代でも自己ベスト更新

A post shared by Hidenori Shinzawa (@hidenorishinzawa) on

今日の練習会は雨天中止の代替なので参加者少なめでしたが、コーチとしてはかなり満足度の高いアドバイスが出来ました。

桜の満開がかなり近づいてきました。

帰り道、原宿駅に向かう途中にちょっと綺麗な花壇があったので撮影。

綺麗だな。美しいなって感じることはすごく大事だと思う。

そう言えば震災直後に引き寄せられるように明治神宮に行った。と思い出し、中の道を通って代々木駅まで歩きました。

いろいろ不安たっぷりな世の中ですが、自分自身の軸をしっかり保って、自分に与えられた役割を果たしていきたい。

今日の練習会前にメンバーそれぞれに最近モチベーションが上がった出来事を話してもらいましたが、私は金曜日の夜に新たなメンバーがウルプロ入ってモチベーションが上がったと話してくれたことが嬉しかった。そして50mが思ったより走れたことが、最近のモチベーションアップだと話しました。

そして今日の練習会で楽しそうなメンバーの顔をみたらまたモチベーションが上がりました。

8人全員がPBを狙うような走りはしてませんが、4人が5000mもしくは10000mで自己ベストを出しました。メンバー自身はもちろん嬉しいだろうけど、私も同じくらい嬉しいです。

嬉しいとか、楽しいとか、綺麗だなとか、幸せだな。って結構近くにあるものです。

それに気づくことができるか、そして素直になれるかが大事だと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA