マラソン大会のゼッケン(出走権)がメルカリ出品〜代理出走のリスクは大きい〜

年代別表彰について〜赤羽ハーフでの残念な出来事〜

昨日こちらの記事を書いたところ、その記事に代理出走があったとコメントいただきました。

なんとメルカリに出品されているというのです。調べて見ると容易に見つけることができました。

<スポンサーリンク>


(ゼッケン番号は私がマスキングしました。また全体もボカしました。)

名前だけマスキングした画像がそのまま掲載されているのです。

本人は名前を消したら分からないと思ったのでしょうが、ランネットでゼッケン番号検索したら本名など分かってしまいます。そしてfacebookなどしていればどのような方かも分かってしまいます。

私は、誰が出品したのか特定したいわけではないので、マスキングしましたが、いわゆる代理出走はゼッケンを譲った側も受け取って走った側も非常に大きなリスクがあることですから絶対にしないでください。

奇しくも3年前の2017年1月24日にこちらを投稿しました。

それは代走ではなく替玉出走です。

さまざまな大会主催者の注意喚起により徐々にゼッケンを渡す人は少なくなり3年前のこの記事を書いた時点でもそれ以前に比べたら減少していると思いますが、いまだに代理出走があることに驚きます。

出品した方はこのような趣旨のコメントをしています。

・予定の関係で走れなくなった。
・Tシャツは開封してしまったので、本当に出走権だけです。
・無駄にするのがもったいないので練習代わりに走っていただける方求む。
・ゼッケンの受け渡しは当日朝に現地で、出走は11:30です。
・代金の300円は当日返金します。

出品はしてるけど、お金は実質もらわないということで全く悪意はなく、他人に渡してはいけないというルールを知らないだけ、もしくはその程度は問題ないと思っているのだと思います。

そのようなことから、エントリー代を払ったのに走らないのは勿体ないと見ず知らずの方にタダで譲ったのでしょう。

<スポンサーリンク>


代理出走の問題点に関しては、3年前にも書いているのでそちらの記事を読んで欲しいのですが、病院に運ばれるような事態になった時に重大な問題が発生する可能性があるだけではなく少し想像すればいろいろな問題があることが分かると思います。

今回の出品者は50歳代の方ですが、仮に受け取ったのが20代のかなり速い方だったとしたら、50歳代で上位入賞してしまうかもしれません。

それは悪意があろうがなかろうが、替玉を走らせてよいタイムを出した。と思われても仕方がありません。また、今回はハーフマラソンですが、ランナーズのハーフマラソン年齢別ランキングで上位に入るタイムが出るかもしれません。

替玉出走した大会によっては、福岡国際マラソンや大阪国際女子マラソンなど資格タイムの厳しい大会への参加資格を得てしまうかもしれないのです。

発覚したら、その大会にそれ以降参加できなくなるだけではなく、信用を失うことにも繋がります。

バレないだろうと思っても、ランナーズアップデートなどの検索システムや、オールスポーツなどゼッケンで画像を検索できるシステムが一般化したことから、結構簡単に分かります。

友人が走っているのを知って、タイムはどうだっただろうと検索したら代理出走だとわかったら友人はどう思うでしょう?

なんらかの理由で参加できなくなったのなら、それは仕方がないことです。

参加費が無駄になったという気持ちにはなるかもしれませんが、それだけです。他人に譲ることによって想像を越えるようなトラブルに巻き込まれるかもしれません。

<スポンサーリンク>


以前、替玉出走の問題点について投稿したところ、主催者が参加費を返さないから、そのようなことがおこるというコメントがありました。でも参加できなくなった方のほとんどはそんなことはしません。何か犯罪が起こると社会が悪いなどという議論になることもありますが、そんな噛み合わない議論をしたいわけではなく、代理出走・替玉出走をするとさまざまな問題が自分にも周りにも降りかかるリスクがあるからやめましょうということをお伝えしたいのです。

今回のようにどのような問題が起こるのか知らない方も知るので、『ゼッケンを譲った』もしくは『受け取って走った』と仲間が話していたり、気づいたならダメだと注意してください。特に大事な仲間であれば、その仲間を守る意味からもしてください。

3年前の記事で書きましたが、男女の仲間が種目を交換して走ったところ、女性のゼッケンをつけて走った男性が入賞してしまい大きなニュースになりました。二人は教員だったと記憶していますが、その後職場などでも大変だったと想像します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA