別大マラソンの優先権保有者の辞退者は1,000人程度か?

2023年2月5日開催の別府大分毎日マラソンのエントリーが10月3日から開始されました。次回大会は2022年大会が規模縮小し開催されたことから、出場できなかった選手に優先エントリー権が付与されたため、それ以外の選手の枠は…

さらに表示 別大マラソンの優先権保有者の辞退者は1,000人程度か?

キツさを思い出すための2日連続5000mタイムトライアル

中距離、マラソン、ウルトラマラソンなど距離が変わればキツさの種類も変わってきます。800mには800mのキツさがあるし、24時間走には24時間走のキツさがあります。時間を計算したら800m2分20秒は1日(24時間)の0…

さらに表示 キツさを思い出すための2日連続5000mタイムトライアル

女子世界トップはサブ3ペース〜2022年IAU100km世界選手権〜

大会前日に、日本代表選手のタイムや、現在の世界のレベル感をお伝える視点でこちらの記事を作りました。 また、男子についてはこちらで紹介しました。 今回は公開されている情報をもとに、男子同様、女子のレベルが一気に高まったこと…

さらに表示 女子世界トップはサブ3ペース〜2022年IAU100km世界選手権〜

日本人選手が1,2フィニッシュ〜2022年IAU100km世界選手権〜

大会前日に、日本代表選手のタイムや、現在の世界のレベル感をお伝える視点でこちらの記事を作りました。 そして、Facebookページで途中経過をお知らせしましたが、今回は公開されている情報をもとに何回かに分けて記事を作りま…

さらに表示 日本人選手が1,2フィニッシュ〜2022年IAU100km世界選手権〜

ランナーズアップデートが繋がらない原因がなんとも・・・北海道マラソン不正

3年ぶりに開催された北海道マラソンは、初マラソンの東洋大・柏優吾選手が優勝しました。そして柏選手以外に、青木優選手、松本稜選手、山口武選手の4選手が2024年パリ五輪マラソン代表選考会(MGC)の出場権を獲得しました。 …

さらに表示 ランナーズアップデートが繋がらない原因がなんとも・・・北海道マラソン不正

いよいよ明日、IAU100km世界選手権スタート

2022年8月27日にドイツのベルリン及びベルナウで2022 IAU100km世界選手権が開催され、日本からは男女4名づつの代表選手が出場します。 そもそも、日本の主要テレビ局や新聞社などではウルトラマラソンはほぼ報道さ…

さらに表示 いよいよ明日、IAU100km世界選手権スタート

ネットタイムへの流れ加速か?〜別大マラソン資格タイムネットタイムへ〜

ネットタイムについては説明は要らないと思いますが簡単に書いておくと、スタートの号砲がなってからフィニッシュするまでのタイムがグロスタイムで、スタートラインを越えてからフィニッシュするまでのタイムがネットタイムです。 コロ…

さらに表示 ネットタイムへの流れ加速か?〜別大マラソン資格タイムネットタイムへ〜