フルマラソン完走を目指すランナーに選んで欲しいシューズ〜初心者ランナーに向けたアドバイス④〜

今回はシューズを選ぶ際に気をつけて欲しいことをいくつか書きます。

フルマラソン完走を目指すランナーだけではなく、4時間前後のランナーにも読んで欲しい内容です。

不安定なシューズはダメ

ランニングショップによっては、サブ3ランナー用、サブ3.5ランナー用、サブ4ランナー用など、レベル別にコーナーを作って選びやすくしていますが、必ずしもこの目安にしたがって選ぶことはありません。

スピードを出しやすくするためにカーボンプレートを入れたり、反発の強い素材をミッドソールに使っているモデルの中にも、走力レベルは関係なく走りやすいシューズはありますが、実際にトップアスリートがレースで使用しているシューズはやめた方がよいです。

特にシューズを履いた状態でフワフワしたり、不安定さを感じるモデルは初心者が選んではダメなモデルです。

例えばナイキのアルファフライやヴェイパーフライネクスト%は、カーボンプレートは硬いのですが、ミッドソールが柔らかく不安定で、片足立ちするとバランスが取りにくく左右にグラグラすると思います。グラグラする状態のシューズで走れば接地時にブレます。落下エネルギーをともなった状態でブレてしまったら、足首、膝、股関節などに大きな負担がかかり、それは痛みになり故障に繋がります。

また、速く走るために設計されたシューズは軽量化をはかるために、アウトソールの踵部ラバーをなくしたり、薄くしたり、また足を包み込むアッパー素材を簡素化したりします。ランニングフォームが安定している上級者であればブレが少ないので余計なホールド感は必要なく軽量化を望みますが、初心者は軽さを求め過ぎない方が良いです。

<スポンサーリンク>

歩きやすいシューズを選んで欲しい

私が初心者ランナーに薦めるシューズは、歩きやすく、立ちやすい街履きにも使えるモデルです。

街には階段や段差、傾斜などあります。そのような場所を安心感を持って歩けるシューズを選んで欲しいのです。一般に各メーカーが、サブ4やサブ5向けにおススメしているモデルはこのようなモデルが多いです。

走るために購入するランニングシューズに歩きやすさを求める理由はいくつかありますが、最大の理由は接地が安定してブレにくいからです。初心者ランナーはランニングフォームが安定していない方が多いので、多少安定しない接地であってもブレを防いでくれるシューズの方が先程書いたような足首、膝、股関節への負担が少なくなります。

また、フルマラソン完走を目指すレベルであれば、レース中に歩くことも戦略になります。その時歩きにくいシューズより歩きやすいシューズの方が疲れにくいし速く歩けます。

<スポンサーリンク>

大きすぎるシューズはダメ

サイズ感に関しては、普段履いている革靴やスニーカーなどのサイズは一旦忘れて、固定観念を持たずに気持ちよく履き心地と感じるサイズを選んでください。サイズ感はメーカーによっても変わるし、同じメーカーでもモデルにより変わります。日常生活で履くスニーカーだと、キツイと足が痛くなるが多少大きいなら靴紐をキツく縛れば大丈夫と、大きめのスニーカーを選びがちですが、ランニングシューズは大きいといろいろ問題がでてきます。

シューズの中で足が不安定だと接地時に足が動くので靴擦れをおこしやすいし、ブレたら足首や膝を痛めやすい、また足の指などに力が入ったままになりやすく、それも痛みや故障に繋がります。そしてそれらの状態では地面の反発をもらいにくいため前に進む推進力も削ってしまいます。

シューズのサイズは長さだけではなく幅もあります。さらに足の形は千差万別ですから、履きたいモデルがあったとしても、いくつかのサイズに足を入れてみて違和感を感じるなら、それは選ぶシューズではありません。インソールやソックス、紐の通し方や、多少のシューズ加工で変わることもありますが、さまざまなメーカーがたくさんのモデルを販売しているのだから、そのようなことをしなくても大半の方はピッタリのシューズは見つかるはずです。

私自身、足を入れた瞬間にこれはダメってモデルは結構あります。それはそのシューズが悪いのではなく、私の足との相性が悪いのです。 

シューズを履く時は紐をゆるめる

それと、これは上級者になってもできていない方は多いのですが、シューズを履く時は下の方まで紐を弛めてから足を入れてください。上だけ弛めて履くと正しいフィット感を得ることができませんし、そのように履くとキツく感じることから大きめのシューズを選ぶ原因にもなります。脱ぐ時に下までゆるめるのが基本ですが、急いでいる時もあるので、その場合は履くときにゆるめて履きましょう。

おススメシューズ

私が普段ジョグなどで使っていて初心者ランナーにおススメのシューズを何足か紹介します。ただ、足型などさまざまなので足を入れて違和感あるならそのシューズは自分には合わないと思ってください。男性で足が細めで小さい方はウィメンズモデルが良いケースもありますし、女性で足が広めで大きい方はメンズモデルが良いケースもあります。

シューズはランニングショップなどで履いてフィット感など試すのが良いですが、近くにランニングショップがない方はAmazonなどで購入せざるを得ません。その場合はサイズ交換や返品などできる商品を選んでください。

合わないシューズを無理して履くと、ランニングが詰まらなくなるし、故障の原因にもなります。

川口駅近くのルナークス・ランニングカンパニーであれば、どのようなシューズを選んだら良いかのアドバイスやフィッティングしてくれます。外反母趾で痛みが出てしまう方など相談に行ってみてください。

ブルックス・グリセリン20

こちらは昨日奥武蔵を走った時にも履きましたが、フィット感や安定感など含めて初心者ランナーにオススメのモデルです。カラーを含めたデザインも日常生活で違和感なく使えるので重宝しています。

ただ、こちらは発売して間もないので、今回オススメする3モデルの中では高めの金額となります。

デサント・エナザイトマックス

衝撃吸収性や安定感がよく気に入っているシューズです。ただ、私の足型だと幅を良い感じに合わせると、やや長さが足りず、つま先が微妙に当たると感じる時があります。足幅の狭い方には向きませんが、足形に合っていれば試して欲しいシューズです。

ミズノ・ウエーブリボルト 2

こちらは、川口のルナークスに展示してあり、なんとなく気になり履いてみると良いシューズでした。部活生向けのシューズのようですから安価ながら基本性能を満たしているシューズです。シンプルなデザインも気に入っているポイントです。

<スポンサーリンク>

その他、クリールシューズトライアルで短時間履いただけですが、こちらのモデルは試してみて欲しいシューズです。

アンダーアーマーUAホバー マキナ3

MIZUNO ウエーブライダー25

YONEX セーフラン100X

BROOKS ゴースト14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA