短距離から500kmオーバー走る64歳ウルプロメンバーがハーフで自己ベスト

12月1日に昭和記念公園で開催されたマラソンフェスティバルのハーフマラソンに参加したウルプロメンバーの北野京子さんが1時間52分08秒の自己ベストを出しました。 北野さんはサブ4したいとウルプロに入会しました。当時のタイ…

さらに表示 短距離から500kmオーバー走る64歳ウルプロメンバーがハーフで自己ベスト

5000m+20kmのセット練習の意味と結果

この土日は、舎人公園競技場で開催されたM×Kディスタンス5000mと、赤羽付近の荒川河川敷を走る月例赤羽20kmを走ってきました。 5000mのスタートが土曜日17時頃で、20kmのスタートが日曜日9時だから結構タイトな…

さらに表示 5000m+20kmのセット練習の意味と結果

ダブル・エイジラン狙ってみよう。

昨年秋に1000mサブ3(3分切り)をしたいと思い、試行錯誤した結果今年3月に達成したことは記事に書きました。 <スポンサーリンク> この時は1000mでサブ3できたことの達成感が大きく、次は2分55秒とか2…

さらに表示 ダブル・エイジラン狙ってみよう。

2回目のGTT1000m〜まさかの前回と同タイム〜

<スポンサーリンク> 昨日はユーチューバーやランニングコーチなどランニングに関わる仕事をしているランナーが現状打破を目指して1000mを走るGTT1000mに参加しました。9月に続き2回目の参加です。 10月…

さらに表示 2回目のGTT1000m〜まさかの前回と同タイム〜

ウルプロ®︎Reboot(再起動)プラン

名古屋ウィメンズマラソンはエントリー者全員当選になったと聞きました。 名古屋ウイメンズ マラソンに限らず、以前はエントリーするのが大変だった大会が定員が集まらないというような話も聞きます。 その理由はいくつかあると思いま…

さらに表示 ウルプロ®︎Reboot(再起動)プラン

55歳で初めて5000m17分台が出せた理由

10月21日開催されたM×Kディスタンス5000mで17分53秒2の自己ベストを出しました。この時は、なぜこのタイミングで自己ベストを出すことができたのか書こうと思いつつ、その直後の東日本マスターズ陸上選手権や、月例赤羽…

さらに表示 55歳で初めて5000m17分台が出せた理由

2021年のタイム推移(自己ベスト7回)〜55歳でもタイムは伸びる〜

2021年のタイム推移 2021年1月から10月までに出場した大会についてまとめてみました。 2種目エントリーの大会もありますが、合わせて26回走りました。そして7回自己ベストを更新しました。 (追記)11/13の記録を…

さらに表示 2021年のタイム推移(自己ベスト7回)〜55歳でもタイムは伸びる〜

400m、800m翌日の10km走〜赤羽月例50歳代6位〜

<スポンサーリンク> 東日本マスターズ陸上選手権大会で、400mと800mを走り会場を後にしたのは夕方17時半くらい。そして翌日の赤羽月例の受付は朝8時。赤羽月例は当日エントリーなので、朝起きた時の身体の状態…

さらに表示 400m、800m翌日の10km走〜赤羽月例50歳代6位〜

ウルプロ・サブ3.5チャレンジ〜オンラインプランも同時募集〜

来年2月以降に、大阪マラソン、東京マラソン、名古屋ウイメンズ マラソンなど開催が決まり、エントリーしたけどコロナ禍で走る習慣がなくなってしまい、どんな練習から始めればよいか分からない。それ以前に身体も変わってしまい、ラン…

さらに表示 ウルプロ・サブ3.5チャレンジ〜オンラインプランも同時募集〜