鍛える前に整える

緊急事態宣言が解除された後も、東京アラームが出たりしてますが、街には少しづつ活気が戻ってきてるのでないでしょうか?

私自身は以前より電車に乗る頻度は激減しましたが、ラッシュ時を外せば座れるし、周りの乗客と間隔は取れるのでストレスはありません。

織田フィールドは更衣室は使えないけど、トラックは使えるようになったし、スポーツジムも再開し始めました。

ウルプロ練習会は徐々に再開してますが、毎日やってるOTS(オンライントレーニング&ストレッチ)の方が参加者は圧倒的に多いので継続していきます。

しかし、4月初旬から始めて2ヶ月以上毎日やっているが、よく続いているものだと我ながら思う。ランニングフォーム、レースマネジメント、補給、日焼け対策、そしてOTSなどオンラインレッスンは既に65回開催しました。

メンバーから、OTSのおかげで、メンバーとの繋がりを強く感じるようになった。なんてメッセージもいただきました。

さまざまなストレスを抱えながら頑張ってるメンバーが、一緒にトレーニングしてストレッチすることで、心身の疲労をリセットして、ぐっすり眠れることができるならやってる意義を感じる。

300m×5本とウルプロ®︎OTSで汗ダラダラ

<スポンサーリンク>


さて、私は従来週2回程度、スポーツマッサージで身体のケアをしていましたが、今は7-10日に1回と頻度を落としてますが、OTSでセルフストレッチをしてることから身体の状態は悪くありません。

ただ、中々自分では手に負えない箇所などケアしてもらうとスッキリするし、身体の状態を客観視することもできる。


<スポンサーリンク>


競技場が開場されスピード練習を再開する方も少なくないと思うけど、まずは身体を整えて欲しい。

そもそも筋肉などが張り動きの悪い状態で、無理にペースを上げたら身体は悲鳴をあげます。

どうしてもコロナ禍前の自分のペースが基準になってしまい、以前は1000mインターバルは3’40で走れていたのに、今はそのペースだと1本も走れないと気持ちは焦ります。

ただ、そこで無理しても良いことありません。

スピードが出なくなった、保てなくなった理由はさまざまでしょう。

スピード練習してなければ、心肺能力が落ちるのは仕方がありませんが、それだけではなくて、フォームが崩れたり、身体の張りが強いこともその理由です。

今までと同じようなフォームで走ってるつもりでも、感覚がズレることはあるし、身体が固まっていれば従来のようには動きません、

無用な焦りを感じないためにも、そして故障しないためにも、まずは身体を整えましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA