20km走ってきて5000mPB更新したメンバー〜ウルプロ練習会〜

<スポンサーリンク>

昨日のウルプロ練習会は動き作りをしてから、20分間×3本の予定でしたが、現状確認のために何人かは5000mタイムトライアルをしました。

この時期のウルプロ練習会はペーサーを付けずに時間走をしていますが、その設定ペースを決める目安として現時点5000mをどのくらいで走れるかの客観的数字が大事になってくるのです。

負荷が高過ぎれば練習途中で失速するし、低すぎたら力になりません。

今回も2人のメンバーが自己ベストを出して、1人のメンバーは自粛明けには自己ベストより1分程度遅いタイムでしたが、あと10秒まで短縮してきました。

<スポンサーリンク>

ランニングの目的は様々ですが、「自分自身の成長を感じたい。」と言う方は少なくないと思います。

自分自身の成長はマラソンを速く走るだけではなく、長い距離を走れるようになる、痛みなく走れるようになる、綺麗なフォームで走れるようになる。など人それぞれです。

マラソン大会がなくても、5kmや10kmなら自分でも短時間で計測できるし、小規模な大会は開催されています。

また、これらは連動しているので、特に速く走りたいとは思っていなかったが痛みに悩まされていたメンバーがフォーム改善をするためにウルプロに入会し、結果的に自分が考えもしていなかったタイムで走れるようになった方はたくさんいます。

<スポンサーリンク>

今回PBを出したメンバーの一人は先日初めて25分の壁を破りましたが、昨日はそこからまたタイムを伸ばし24’17と23分台も見えてきました。

本人はゴール後に時計を見てびっくりしたようですが、ウルプロ®︎OTSを継続していることもありフォームが安定してきました。

PB出した後に、リカバリーを長めにとってもらってから、もう1本5000m走ってもらいました。タイムは落ちてよいのだけど、フォーム的に気づけることがたくさんあると思ったからです。

Iさんの振り返りを一部抜粋すると

PBでした。先週の金曜日の練習会で24分57秒だったので、最初目を疑いました。

事前に新澤さんから3,000mまでを115~120秒、その後上げれたら上げるという指示をいただいていたので、意識して走りました。入りは若干速かったですが、平均したペースで走れたと思います。ラスト1周は新澤さんが引っ張ってくださった為、キツイなりに上げることができました。

まさかの5,000m2本。練習前は1本で出し切ることが目標だったので、うわって思いました。キロ5分30秒と考えていたら5分でと。やれるところまでと気持ちを切り替えました。走り始めたところで太股に重さを感じたので、1本目より脚の切替(ストロークのことカッコいいを小さくして走ることにしました。小さくすることで、楽に走れはしたものの、設定ペースより数秒遅くなりました。2,000過ぎたくらいで5分10秒前後まで落ちましたが、ラストを上げるつもりで、切替のリズムは崩さないことを意識しました。結果は25分には24秒足りなかったけど、脚の切替を小さくしても楽に走れるようになってきたと気づけたことは収穫のひとつです。

ちなみに2本目のタイムも少し前には走れなかったタイムです。また重くなった脚でどう走るかは私は直接伝えてませんが、動き作りでやったことを早速実践したのは流石だと思います。Iさんが脚の切替と書いているのは脚のストロークのことで、外見上で言うなら膝が上がる高さが低くなったと言うことです。

<スポンサーリンク>

もう一人のPBのIさんは5000mはあまり走ったことがなくPBは24分台とのことです。

そのIさんが昨日22’24で走りました。

ラップは4:43-4:37-4:27-4:23-4:14でしたが、Iさんはいきなり心拍数が上がると一気にキツくなると言うので、以前から少し抑えめに入って徐々に上げていくように伝えています。最後は私は引っ張りましたが、引っ張らなくてもPBを大幅更新です。

Iさんはウルプロ立ち上げ後、比較的初期に入会したメンバーですが、入会時の目標はフルマラソン4時間15分でした。なぜサブ4じゃないのですか?と聞くと、そんなこと考えたこともない。と話していました。当時のフルマラソンベストタイムは4時間44分40秒でした。

今でも覚えているのは、神宮外苑での練習に初めて参加した時は1000mインターバルでは一番遅いグループにも付いていけないので、距離を短縮してやったことです。ただ諦めずに練習会に参加することで力がつき、その年にはサブ4達成しました。

当時書いた記事です。

走力を高めるとランニングの楽しみが広がる。

そのIさんはその後も成長を続け、今はウルトラマラソンでも活躍しています。

今回は自宅から20km走ってきて5000mでPB出して、また20km走って帰ったようです。

今回は、アスリチューン ポケットエナジーブーストを提供しました。

コーヒーゼリー味でカフェイン入りです。試したことがない方は是非一度使ってみてください。非常に飲みやすいエナジージェルです。

<スポンサーリンク>

さて、ウルプロ練習会では、動き作りの動画をみて、その場で自分のイメージとの差をうめて修正し、その後の走りは練習会後に私がメンバーページにアップした動画を見て確認して振り返る。をサイクルにしています。

私もアドバイスしますが、アドバイスされっぱなしではなく、自分自身で考えてもらっています。

また、メンバー向けに、練習会で撮影した動画と私が感じたことをオンラインで30分間アドバイスするパーソナルレッスンをスタートしました。

練習会での走りを見て気づくことはあるし、メンバーの走りをおさめた動画をチェックする中で気づいたことは都度その場や、メッセージで伝えることはあるけど、時間かけねば伝えることができないことも多々あります。練習会中に一人だけじっくりアドバイスするわけにもいかないので、このような仕組みを作りました。

また、パーソナルレッスンも徐々に開催します。当面は以下の時間帯が可能です。その他オンラインレッスンが可能な日時もございますので、ご希望の方はFacebookページのメッセージでお問い合わせください。

水曜日

11:00-13:30

15:30-18:30

木曜日

15:00-18:00

金曜日

15:00-18:30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA