ナイキ ズームエックス ドラゴンフライで200m×4本

先日、渋谷B&Dで購入したナイキ ズームエックス ドラゴンフライを初めて履いてみました。 このシューズの名前を知ってる人はかなり陸上競技に詳しい方だと思います。

<スポンサーリンク>

薄底シューズです。 と言うより、中長距離用スパイクです。

スペックなどは別に書きますが重量は121gです。

<スポンサーリンク>

ナイキのスパイクとして初めてズームエックスフォームを採用していることから、スパイクに慣れていない私でも履きやすかったです。 軽さはもちろん軽いのだけど、アルファフライの2/3しかないとは感じません。ある一定レベルまで軽くなるとあまり関係ないのかもしれません。

さて、ウルプロ午後練と、その後パーソナルレッスンした後の時間にお試し程度に200mを走ってみました。直前にスコールがあってトラックが濡れてるから新品履くのは気が引けたけど、どうせ汚れるのだから気にしない。

短距離用スパイクは冬に買いましたが、中長距離用スパイクを買った理由はトラックレースのためと言うより、脚を縦に使う動きを定着させるためです。上から下に下ろすだけ。

今はちょっと左尻と左ハムに張りがあり、おかしな動きをすると痛みがでるので、無理せず徐々に加速する流し的に1本目を走りました。

タイムは36秒くらいと思ったらなんと32″2

先週アルファフライで10本走った時のタイムはこんな感じでした。

39″7 – 41″1 – 37″9 – 37″1 – 36″3 – 35″6 – 36″9 – 35″0 – 35″2 – 34″5

ウルプロ練習会の合間に200m×10本

<スポンサーリンク>

10本目に結構頑張って走って34″5でしたが、今回は軽く走ってそれより2秒以上速いのです。

スパイク履くと脚を上から下に下ろす感覚が掴みやすくスピードが上がりますが、一定の筋力は必要だと思います。

2本目

同じような感覚で走ったけど、1本目よりストライドを伸ばさないですぐに着くように走るとピッチが上がったのか1本目より速い。

31″3

3本目

先週は10本走りましたが、今回は慣れないスパイクなので3、4本にするつもりでした。 また、結構尻に負担が来ているので、2本目より楽に走ったつもりがラスト20mくらいで乳酸が溜まる感じがしてペースが落ちたと感じたので時計を見てビックリしました。

29″8

流し的に最初からスピード上げてないのに30秒切れちゃいました。それも単独走で。

尻周りに良い感じで刺激入ったので、もう1本で終えることにしました。

4本目

3本目より遅くても良いので脚の切り替えを早くし、しっかり押すことだけ意識して走ると3本目より手前から身体の進まなさを感じたけど今回はホント失速。

それでも、30″7でした。

<スポンサーリンク>

ドラゴンフライは1500mから10000mの距離を走ることを想定したスパイクですが、短距離ランナーのような筋力がない私が200mや400m走るならピンが長くソールが硬い短距離用スパイクより速く走れるように感じています。

今回も走行中の動画はないけど、アキレス腱やふくらはぎを使ってる感じは全くなく、ほぼ尻に負担がかかっているので、スパイクでタータンを引っ掻くような走りにはならず、上から下に下ろす走りになっていたと思う。 スパイクを購入した狙い通りの練習が出来たので満足です。

気温が高いこの時期は熱中症リスクも高くなるので、自分の練習としてリカバリー長めのショートインターバルを組み込んでいきますが、その時にも活用できそうです。

大会の中止が相次ぎ、走るモチベーションを保つことに苦慮している方は少なくないと思います。もちろん無理にモチベーションを上げる必要もありません。私は10年以上毎月のようにフルマラソンやウルトラマラソン、ロングトレイルを連戦していたので久しぶりのシーズンオフと考えて、じっくりとフォーム改善や筋力トレーニングを行う期間と考えています。その中でも走ることを楽しもうと思って、今まで全力で走っていない短距離でタイムを狙ってみたり、新しいランニングアイテムを試してみたりしています。

私は長い距離を走るのも好きですが、ウルプロ練習会やオンライントレーニングを継続しているので疲労困憊になり免疫を低下させたくないので控えています。

経済的に余裕があることが前提ですが、ランナーの皆さんにお願いしたいのは、こんな時こそ新しく発売したランニングシューズやウエア、以前から気になっていたり、大会で使っているサプリメントなど購入してメーカーやランニング販売店を支えて欲しいのです。ランニングシューズメーカーで独り勝ちのようなナイキでさえ赤字になっているのだから他のメーカーはもっと厳しい。特に中小企業の多いスポーツサプリメントメーカーはさらに厳しいと思います。

私自身、そんな余裕のある立場ではありませんが、可能な範囲で色々試したいと思っています。こちらに最近試したシューズを掲載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA