3000m×8本〜4%フライニットは雨に弱い〜

昨日のウルプロ®︎練習会は15分間走×8セット(リカバリー3分間)という結構キツイメニューにしました。

設定は本数が多いので、ハーフマラソンのペースを基準に上下してもらいました。

例えば84、5分で走るメンバーならキロ4分ですから、15分間走ると3,750mになるので8セットであれば30kmになります。このメニューは速ければ速いだけ難易度が高くなるので、サブ3前後のメンバーは、ハーフマラソンのペースより少し落としてもらいました。

私は12分間走って3分間動画撮影と思いましたが、キリ良く3000m×8本にしました。

<スポンサーリンク>


本練習前に動き作りをしました。

今回は接地位置を試してもらいました。身体の真下に接地することを意識しても、その真下の感覚は個人差が非常に大きく、身体の前についてしまう方は、自分の背中や尻の後ろに着くくらいがしっくりくる場合もあります。

昨日は気象変化が激しく、スタート直後は走ると暑く感じました。

雨が降ってきたと思ったらスコールのような雨になりました。

みるみるトラックには水溜りが出来てきました。

しばらく振り続けたあと小雨になりました。

競技場に3時間近くいたわけですが、メンバーは一人一人自分の課題に向けて走りました。

トラック練習は反時計回りに周回を続けるので、片側に負担がかかり過ぎると感じるメンバーや、不安のあるメンバーには、2回に1回はフィールド内の芝生を時計回りに走ってもらいました。

<スポンサーリンク>


私は4’00-4’15/kmに収まるように走ったので1周96秒から102秒です。

左足首の違和感はほぼなかったけど、昨日は1本目から特に左の尻と股関節周りの動きが悪く感じたので抑えて入りました。

1000mごとにラップを取りましたが、残念なことに7本目が終わった時にフリーズしてデータは消えてしまいました。原因は画面を切り替えている時にブルートゥース経由でメッセージが入るなどで瞬間的に負荷がかかったのだと思います。そもそも練習中にラップを見た時にメッセージがあると邪魔なので、通知機能の設定を外そうと思います。

ただ、1kmラップはだいたいこんな感じでした。

1本目・・・ほぼ4’20/kmペース

2-7本目・・・3’58/kmから4’18/km ほぼ4’10/km前後

8本目・・・4’00-4’08-4’08(データあり)

9月下旬に12分間走×8本しましたが、その時より気温が下がったので走りやすかったです。メンバーの様子を見ても前回は4本目でヤバそうだな。と感じたメンバーがいましたが、今回は淡々と走っていました。

進まない身体をどう動かすか?〜ウルプロ®︎12分間走×8本〜

この練習は7本目、8本目辺りになるとフルマラソンの終盤のような脚の重さになりますが、私はほぼマラソンペースだったので最後まで同じようなペースで走れましたが、終わるとかなり尻周りが張っていました。

自宅に戻りシューズを洗った時に感じたのは、ヴェイパーフライ4%フライニットと、ヴェイパーフライネクスト%のカタログ重量はほぼ同じですが、水を含むと全く違うのです。

今度測ってみますが、昨日の練習会みたいに水溜りを走り続けるような状態になると+30gくらいにはなりそうです。

グリップに関しては、昨日くらい水が溜まってるとさほど気になりませんが、薄っすらと濡れた鉄板や白線などは滑ります。

昨日も、この結び方にしました。

ヴェイパーフライ4%フライニットのホールドを高める方法

脱ぐ時に一瞬面倒に感じますが、締め付け感がキツイわけでもないのに、これほどホールドが良くなるとは分かりませんでした。

4%フライニットはまだ使えるのが、もう1足ありますが、このフィット感が出せるなら、アウトレットで安くなったのを買うのもアリだと感じました。

<スポンサーリンク>


ウルプロメンバーの振り返りを抜粋して紹介します。

15分間×8本は初めてで、非常に脚が疲れました。ただ長く走った分いい負荷、いい経験になったと思います。

設定4:30/km – 4:45/kmで、あまり脚を使わずに骨盤を動かして走ることを意識しましたが、今日はもともと肩・首・腰にハリがあったせいか思うように上半身が動かず、6本目以降はペースがガタ落ちして、フルの後半でガタ落ちするのと同じくらいのペースになってしまいました。また、失速の原因として、雨に濡れて体が冷えてしまったことと、そのために消費エネルギーも増えてややガス欠になったこともあるのかと思いました。あとは単に走る量の不足があると思います。前回参加させていただいた、9月21日の12分間走×8本は結構余裕あったのに今回はダメで、若干残念ですが、これもいい経験と捉えてフルマラソンに向けて仕上げていきたいです。

1本目 15:06 3,200m 4:43/km
2本目 15:02 3,200m 4:41/km
3本目 15:01 3,200m 4:41/km
4本目 15:11 3,200m 4:44/km
5本目 15:20 3,200m 4:47/km
6本目 15:02 3,050m 4:55/km
7本目 14:30 2,800m 5:10/km
8本目 14:57 2,800m 5:20/km

 

練習会が終わった頃にはあれだけランナーがいたトラックはガラガラになっていました。

アスリチューン・スピードキュアで素早いリカバリーを狙います。

特に負荷の高いトレーニングをした後の補給は凄く大事なことです。

ウルプロ®︎練習会日程はこちらです。参加ご希望の方はFacebookページのメッセージにてお問い合わせください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA